エジプトツアー レビュー

エジプトに行ったら、訪ねるべき遺跡・博物館 20選


番号 サイト名  コメント   重要度  拠点 その他 
 1  ギザ・クフ王のピラミッド(本体) エジプトに、特にカイロを訪れてこれを見ずに出国する旅行者はツワモノといわざるを得ない。
高額の別料金を支払っても内部も見学することをお勧めする。
 ★★★★★★  カイロ  
 2  ギザ・クフ王のピラミッド(葬祭神殿) 本体だけなくピラミッド東側に残る葬祭神殿も見るべきポイントである。 ★★★★   カイロ  
 3  ギザ・クフ王のピラミッド(付属ピラミッド) 3基の王妃のピラミッドと衛星ピラミッドも見学すべきものであり、この付属ピラミッドについてはクフのピラミッドを違いエリアチケットで見学できる。
付属ピラミッドのうち、衛星ピラミッド近くにはこのピラミッドのピラミディオン(キャプストーン)が展示されている。この底部が凹凸があることがよく確認できる。
★★★★★   カイロ  
 4  ギザ・クフの船 現在、日本チームが調査しているクフの船は2隻目とであり、1950年代に発見された1隻目は復元され別料金で必要であるが見学できる。
ここも船本体にばかり目が行くのだが、博物館周辺に無造作に置かれたブロックは、船を収めたピットを覆っていたものであり、いくつかの石には赤い塗料で当時の労働者が残したマークや文字を見ることができる。
★★★★★   カイロ  
 5  ギザ・マズタバ群(東) クフ王のピラミッド東側には内部見学可能なマスタバが点在する。マレスアンク3世の墓以外はサイトチケットで見学可能である。
カルのマスタバにはギザ3大ピラミッドの古名がすべてきれいに残るレリーフがあり、別料金になるがメレスアンク3世の墓ではクフ王とカフラー王の間にエジプトを統治した異端の王と呼ばれるジェドエフラー王の名前を見ることができる。
★★★★★   カイロ  
 6  ギザ・カフラー王のピラミッド(本体) ピラミッド自体はクフのピラミッドにそん色ないのだが内部構造は非常にシンプルである。しかし、見るほどではないかと言えば決してそのようなことはない。 ★★★★★     
 7  ギザ・カフラー王のピラミッド周辺(北・西・南) ピラミッド東側には石灰岩ブロックを掘り出してた跡が残り、北・西にはおそらくこのピラミッドから石材を流用していたラムセス2世時代の貴族の中がが残り、南側には痕跡がわずかに残るだけでが衛星ピラミッドがある。 ★★★★     
 8  ギザ・カフラー王のピラミッド葬祭神殿 カフラーの葬祭神殿(上部神殿)周辺にはいくつかの船抗が残る。多くのガイドブックにはカフラーの船抗は示されていないものの、実際には5つの船抗があり、一つは蓋がしまった状態のまま見学できる。この神殿の周辺にはヒエログリフが残る石材が散乱し、いくつかにはカフラー王のホルス名が残っている。ここから参道を利用して河岸神殿(下部神殿)に行くことができる。 ★★★★★     
 9  ギザ・カフラー王のピラミッド河岸神殿        
10  ギザ・大スフィンクス        
11  ギザ・メンカウラー王のピラミッド(本体)        
12  ギザ・カフラー王のピラミッド周辺(南)        
13  ギザ・カフラー王のピラミッド葬祭神殿        
14  ギザ・ケントカウエス王妃墓        
15          
16          
17          
18          
19          
20          
21          
22          
23          
24          
25          
26          
27          
28          
29          
30          
31          
32          
33          
34          
35          
36          
37          
38          
39          
39          
40          
41          
42          
43          
44          
45