ヒエログリフ
エジプトの遺跡ガイド
王名一覧

ホルス名

ホルス神の化身としての王の名前で、セレクと呼ばれる四角い枠の中に書かれることが多い。
通常、上部にホルス神が描かれている。
初期の王たちは、このホルス名のみの表記が多い。

ネブティ名
上エジプトの守護神ネクベト女神(ハゲワシで表されている。)、下エジプトの守護神ウアジェト女神(コブラで表されている。)の後に記されている。

黄金のホルス名
その意味するところは、よくわかっていない。
黄金の柵にとまるホルス神の後に記されている。

即位名
即位後に与えられるもので、重要視されている。
通常上下エジプトを表す菅・蜜蜂に続きカルトゥーシュと呼ばれる円内に記される。

誕生名
通常カルトゥーシュと呼ばれる円内に記されている。
太陽神とアヒルの後に記されることが多く、サー・ラー名とも呼ばれている。

ツタンカーメンの5つの名前





 王名 第3王朝  
   王名 第4王朝  
   王名 第5王朝  
   王名 第6王朝  

    

 王名 第18王朝-1    
 王名 第18王朝-2     

 王名 第20王朝-1      
 王名 第20王朝-2        
 王名 第20王朝-3       
  

  王名 第3中間期−1           
  王名 末期王朝−1            
  王名 マケドニア朝        
  王名 ローマ統治時代−1   
  

 王名 第19王朝-1    
 王名 第19王朝-2   
 王名 第19王朝-3    
                
  

       
 王名 第12王朝   
       

※ホルス名、ネブティ名、黄金のホルス名は、セレクや神々など共通部分を省き王ごとに違う名前部分のみを表記した。

H=ホルス名 N=ネブティ名 G=黄金のホルス名