2017年12月16日(土)
From Hirorin

ふしぎ発見、久々のエジプト。
う~ん、?は全部アタリ。当然か。
アブシンベル神殿のレリーフの説明はちょっと微妙だったような。
王の前に座っているのは神様だけど真ん中は神格化されたラムセスだったような。
クフ王の墓がピラミッドの西側にある!なんていうのより全然いいですけど。

KV7とKV5の内部映像はよかったというか、もう少し観たかったです。
ネフェルタリの墓もよかったのですが、私が行った頃はチケット争奪戦がすごかったです。あ~懐かしい。
ラメセス・・・なんか馴染まないです。やっぱりラムセスかな。
そうなるとラモーゼも言い方を変えるのかな?
このページの最初に戻る

2017年12月14日(木)
From Takahashi

10日の宿題のひとつに呪術的レンガ=Magical Bricksについてがあった。
個人的にはあまり興味のあるものではなく自分にとって唯一興味のあり知っている呪術的レンガはKV55で見つかったアクエンアテンのもの。
自分にとってはこれがすべてだったのでその場ではこれについてと王家の谷での状況について話をしたのだが、家に帰ってきてたらちょいと調べたらこれが予想外。
意外に面白いかも。
自分はKV55のものが基準だったので普通の日干し煉瓦に呪文が刻まれているものと思っていたのですが、少なくても第18王朝の王墓(アクエンアテンは除く!)では違うようです。
まず探しやすいKV62から始めたのですが、レンガというよりフィギュアと言った方がよさそうなものでした。
その後、調査報告書が自宅にあるKV43(トトメス4世)も調べたが、やはり同じようなものでした。
そうなると、自分にとっては基準になっていたKV55のものこそ普通じゃなかったということになる。
もっとも貴族の墓で見つかっているらしいものはKV55に近いようですけど。
それと、KV55の呪術的レンガには死者の書の・・・え~と151章だったか137章が記されているのですが、これは妙。
自分のイメージではアクエンアテンは死者の書とは無縁というイメージだったもので。
このレンガはアマルナから持ち込んだものではなく再埋葬の際に慌てて作ったものなのかも。
アクエンアテンと死者の書の件については少々興味があるので、アクエンアテン王墓で大量に見つかっているシャブティに何が書かれているのか調べてなくては。

下はツタンカーメン王墓(KV62)で発見された呪術的レンガの写真。
玄室の四面に壁画が切り取られたような窪みがありますが、そこに収まれていました。
   

    
このページの最初に戻る

2017年12月12日(火)
From Takahashi

久々にアニメ。
ケッテンクラート、これ自分の中では今期はもちろん2017年通してもトップ3には入る。
そろそろ今年も終わりなのでついでに今年のベストなんとか。
年頭から幼女戦記、ガブリールドロップアウト、アリスと蔵六、サクラクエスト、ゼロから始める魔法の書、プリンセス・プリンシパル、キノ、ケッテンクラート。
ケッテンクラートの本当のタイトルは少女終末旅行というそうだ。
幼女戦記は最初主人公の顔が嫌いだったが慣れれば面白かった。OPは非常によかった。
アリスと蔵六の5話のセリフ「一番~」は某エジプトサークルのコスプレ担当部員の中で流行っていた。

PPは最終話はなければ非常によかった。
キノは、ほぼほぼ面白いし全部が平均以上だが、特に10話はよかった。
基本的はハッピーエンドが好みだがこういうのもたまにはいい。それにしても本当に涙腺が緩くなった(笑)
サクラクエストは半年間楽しませてもらった。
ということで、自分の中ではサクラクエストとケッテンクラート、それから第10話で決め手でキノがトップ3。
ついでだがカドカワが関わっているものは売り方は好きではないが、音楽はいいものが多かった。

このページの最初に戻る

2017年12月11日(月)
From Takahashi

昨日、どっさり宿題を出された。
行くもんじゃないな。人が集まる場所には。

作爺さん、昨日超古代文明を散々けなしていたが、その手法はバッチリ取り入れていたわけだ。
大ピラミッドは王墓ではないというすでに超古代文明説も凌駕しそうな自説を正当化するために言い出した「クフの真王墓は西部墓地にある説」だが、まあ、それくらいやらないと維持できないレベルということでしょう。
笑えたのは、昨日堂々と遂にそこにはカフラーの墓もあるとまで言い切った。
せっかくだから、壇上に上がった先生の子分たちひとりひとりピラミッドは王墓ではないか確認すれば面白かったのにと少々残念に思うのでした。

このページの最初に戻る

2017年12月11日(月)
From Hirorin

日曜日の昼間にあったTBSのエジプト特番もひどかったですよ。
あっちこっちから都合のいい部分をつまみ食いをして自分の意見を正当化するという超古代文明信者の手法そのまんまです。
いっそのこと、エジプト学から超古代文明の代弁者に転向してくれれば多くの人にとって幸せなのに。
今のままではニワトリがエサを食い散らかした後のように後にはゴミしか残らない!なんていうことにもなりかねませんよね。

うちのサークルの酒の肴としては欠かせない存在なんですけども。
このページの最初に戻る

2017年12月10日(日)
From Takahashi

早稲田のエジプトフォーラム。
河合望さんの話は内容・説明すべて☆5つ。
20分で切り上げるのはもったいなかった。
自分の守備範囲の河合望さんの講演会があればまた行きたくなった。

他は☆2つから3つだったが、ひとりだけ☆1つでももったいない話し手がいた。
自分の担当分だけでも中身ゼロのマイナスレベルだったが、更に他のすべての話し手にケチをつけるという徹底ぶり。
生きた化石は早く引退してもらいたい。

河合さん以外はそのどうしようもない生きた化石を意識しすぎて萎縮していたようだ。
このページの最初に戻る

2017年12月9日(土)
From Hirorin

ガルパン劇場版。
厳密に言うと劇場版ではなくOVAを劇場で観る的なものみたいです。
隣のMarinさんはまたまたオーディションに落ちたらしく私の方がいいのにあのPが~とブツブツ。
そう思っているのは、Marinさんと防衛隊の皆さんだけなんですけどね。
劇場版と同レベルのデキを期待していくと時間も短いしちょっとガッカリ感があるかも。
どうせならARIAのような6話連ちゃんで観たいというのが素直な感想。
まあ面白かったですけど・・・特にこの前見た氷菓実写版と比べれば。
ついでにハガレンも観たのですが、これがそんなに人気があるの?という悲惨なデキでした。
オマケ目当てかも。
このページの最初に戻る

2017年12月7日(木)
From Takahashi

ついで。
ここでも、裏の遺跡サイドでも何度もやっている話をもう一度。
ピラミッド建造年数は石の積み上げ年数“のみ”を考慮していますが、外装の仕上げや傾斜路の撤去の時間は無視できる範囲のものなのか?
特に、どこぞの大先生以外の大方のエジプト学者はピラミッドは墓だと言っている以上埋葬するためには入口を確保する必要がある。
だが、その入口はピラミッドに捲きつくような螺旋式傾斜路では傾斜路によって埋まってしまう問題が起きる。
トンネルを~とも考えることもできるが、それでは神聖さも壮麗さもなく儀式として成り立たない。
この辺も含めてどう考えているのか、せっかくだから質問してみようかと。
メールで直接聞いてもいいのだが、これは面白いので23日現場で質問したほうがいいでしょう。

このページの最初に戻る

2017年12月5日(火)
From Hirorin

大先生基準=自分が発見したかどうか。
大先生の自慢話を聞きにわざわざ出かけるとはTakahashiさんも案外暇なのではないかと。

うちのサークル事務所でお茶していた方が有意義だと思いますけど。

カルナック神殿の石を引っ張った人たちの墓ってどこにあるのでしょうね??

ルクソール西岸にある労働者の村はあくまで墓作りの高級職人のものですよね。
古代都市テーベは王族と貴族と神官しか住んでいなかった!」などという東スポ的オチはないだろうし。
このページの最初に戻る

2017年12月5日(火)
From Takahashi

ケンプ先生はギザのピラミッドタウン脇の墓地についても言及していました。

ピラミッドを造った人たちの墓!と銘打っていますが、アマルナの墓地群と同じように石を引っ張り上げていた“普通”の人たちがどれくらい埋葬され、どの程度調査されているのか?
これは23日に少し早いクリスマスプレゼントとして河江さんに質問することにします。
アマルナの墓地群に特異性と貴重性があるのはそれが一般市民が埋葬されていること。
いわゆる“お宝”的なものの発見の可能性はゼロに近いので、どこぞの大先生基準であれば“世紀の大発見”にはなりませんけど。

このページの最初に戻る

2017年12月4日(月)
From Hirorin

なるほどね~。
王族でも貴族でも技術者も上流階級でもない人の骨の話ってあまり聞いたことがないですよね。
豪華な副葬品もなさそうだし誰も見向きもしないということですか。
・・・しまった。喋ってしもうたワイ。
ついでじゃ。だいたい当時の平均寿命のことを考えたら20歳代の人の骨が大部分でもそれほどおかしくないんですよね。

ところで、ピラミッドタウン近くにピラミッド建造に従事した労働者の墓があったような・・・ここはどうなん?
このページの最初に戻る

2017年12月4日(月)
From Takahashi

豪華な食事に釣られて冬スペと称する某エジプトサークルの忘年会でのネタにするつもりでしたがリクエストがあまりにも多いので・・・。
そのまま書くのはあまりも芸がないのでヒントぽいのを軽く。

アマルナの市民が特別過酷な労働を強いられたと断定するのは古代エジプトにおけるどこの時代のどこのサイトのどういうレベルの人の骨と比較してのものなのか?

多少なりともエジプトをやっている人にとってはこれはかなり辛辣なコメントに聞こえるかもしれませんが、ケンプ先生が言いたいことがしっかり詰まっていると思います。
このページの最初に戻る

2017年12月1日(金)
From Hirorin

ケンプ先生の話は冬スペでやってください。
1時間くらいの枠はなんとかします。
このページの最初に戻る

2017年12月1日(金)
From Takahashi

ケンプ先生に先日のエジプト特番についてのメールをしました。
当然といえば当然ですがすぐに返信がありました。
実は英訳のついでに「本当にアマルナの労働者だけが特別にひどい労働環境だったのかは自分は疑問に思っている」と付け加えたのだが、これについてケンプ先生の見解がついていた。

ケンプ先生、日本のエジプトファンの前で話をしたいという希望はあるようです。
TV番組といわず、日本に来て話をしてもらいたいものです。

このページの最初に戻る

2017年11月30日(木)
From Takahashi

次回はどこに出没するのですか?と。
怪盗なんとか風でいいので答えてしまうと、たぶん12月10日早稲田の講演会。
大先生のギザの話を楽しみにしている。
その次は河江さんのピラミッドの話を聞く予定。

このページの最初に戻る

2017年11月30日(木)
From Takahashi

ブラタモリの画像、かなりの衝撃を持って見てくれた人が多かったようです。
2トンの石が7人で動くのかい!!、石を載せたソリまんまエジプトじゃん!、江戸時代~あ~江戸時代。
これぞ4000年の文明格差!などなど。感想がたっぷり。
いい発見できたようでよかったです。
このブラタモリという番組は非常に面白いです。

エジプト特番ですが、自分などアマルナが映されたうえにケンプ先生まで登場したのでヘタレな内容など軽く吹き飛び☆5つをすぐにつけそうだが、大方はツタンカーメン王墓の方が面白かったようです。
ピラミッドの空間発見、ツタンカーメン王墓、女王の順となります。
自分は当然ながらケンプ先生、ピラミッド、ツタンカーメン王墓の順です(笑)

このページの最初に戻る

2017年11月29日(水)
From Takahashi
以前書いたブラタモリでやった石の運搬実験の画像。

ここの住人とは言わずともエジプト好きならなにやら見たことがある光景なのですが、どうやら日本では江戸時代でもこのような方法を用いていたようです。
遅れてる~ということを言いたいわけではなくここからが本題。
2tの石材・・・ピラミッド時代の石材運搬を想像します。

まず3人でトライするが当然動かず。
ちなみに、道具だけでなくここで歌を歌いながら作業をするところまでなぜかソックリ。
古代エジプトでの石の運搬というイメージであれば必要人員は2桁、最低1桁違うだろうとなるのですが・・・。

結局7人で動かしていまいました。
これは驚き。

下が砂ではなく固い地面だとかエジプトに比べて条件が良すぎだという意見もあるでしょうが、砂漠の地エジプトであってもこれを専門にやる者であればより効率的に運搬するために必要な努力はしたはず。
現在でもアスワン西岸やハトヌブ近郊で砂利を利用して“舗装”した痕跡を見ることができます。
ピラミッド建造に従事した労働者たちだけが何も工夫もせずただ漫然と何百万個という石を引っ張っていたと考える方が間違っているような。

それとやはり専門分野は専門分野として、視野を広げてみれば更に多くのものを得られる可能性があるのではと思います。
少なくても自分は日本の石材運搬を参考にしてエジプトの石材運搬の話をしているのを聞いたことがない。
100%同じとは思わないが、江戸時代なら運搬の際にどれほどの人員が必要だったかは資料があるのではないかと。

あ~もったいない。
このページの最初に戻る
2017年11月26日(日)
From Takahashi

ケンプ先生にTVに出ていましたよとメールしたら、いつも通りの光速返信。
自分が言ったことがきちんと訳されているかが心配だと。
荷が重すぎるが後でケンプ先生の場面を英訳して送ってやらねば。
話した内容と全然違うと言われたらどうしよう・・・当然NHKに代理でクレームを入れるしかないが(笑)。

エジプト学に精通していない人にケンプ先生の高尚な話が正確に理解できたのかどうか・・・河合望さんがいたのだから河合さんが訳した方がよかったのかも。

ところで自分のところに来たメールを見るかぎり、河合望さんの説明は非常に評判がいい。
おかしな持論を持ち出すこともなくおこなった丁寧な解説は自分もよかったと思う。
今回のNHKで放送された2回のエジプトスペシャルは芸能人の人選はイマイチだったが、解説の人選は文句なしだった。

このページの最初に戻る

2017年11月26日(日)
From Hirorin

ケンプ先生、元気に説明していました。
アテン大神殿の保全かなり進んだみたいですね。
昨日のNHKで使用されたCGでは第1塔門に旗竿がありましたけど、アレ最新情報に基づいているのでしょうか?
このページの最初に戻る

2017年11月26日(日)
From Hirorin

防衛隊が作ったMarinさんのカレンダーを買わされた。
・・・こんなのいらないのに・・・恥ずかしいからトイレ用にします。
このページの最初に戻る

2017年11月26日(日)
From Hirorin

アマルナは何もないなどと言ったらアマルナを聖地として崇めるTakahashiさんが怒るのは当然なのですが私も時間通りにいかないだの自分は何もない田舎にロケに行かされただのと堂々とクレームを言う姿は観ていて非常に違和感を感じました。
西島さんはすべてがきちんと準備されたところでしか仕事をしたことがないのでしょう。
古代エジプトどころか知的なことにもまったく興味がなさそうなうえに時間通りには進まないエジプトのような場所での仕事はこの人の人間性を考えても絶対に不向きだしこれほど番組に不似合な人をなんでキャスティングしたのでしょうか?
それに比べて松嶋さんはリップサービスにしても前向きな発言をしていたのはエジプト好きとしては好感が持てます。
それからホランさんは外見はチャラチャラしてそうですが、現場でも文句ひとつ言わずエジプトを楽しんでいたそうなのでNHKも次回エジプト特番ではホランさんを起用してもらいたいです。
このページの最初に戻る

2017年11月25日(土)
From Takahashi

その辺は大目に見よう。
ツッコミを入れ出したら止まらなくなる。
Hirorinが書いてしまったので、ついで。
他の容疑者・・・アメンヘンテプ2世。セティ1世&ラムセス2世親子。

すべてが同一人物の仕業であるならば赤の聖堂のレリーフがほぼ無傷で残っていることから個人的にはアメンヘテプ3世以降=セティかラムセスと個人的には思っている。
ただラムセス2世ならば自分の名前と入れ替えそうだが。

それよりもロケにケチをつけた西島なんとかは本当に情けない男だ。
数時間遅れをゴチャゴチャ言うなら仕事を受けるな!
エジプトではその程度はオンタイムじゃ。
こうなると、彼以上に過酷な日程だったエジプトロケに文句を言うどころか大いに楽しんだというホラン千秋は大したものだと言わざるを得ない。
また彼女を起用したエジプト特番が観たい。

このページの最初に戻る

2017年11月25日(土)
From Hirorin

センムトさんってハトシェプスト女王より先に死んだような・・・。
このページの最初に戻る

2017年11月25日(土)
From Takahashi

ケンプ先生のメールにあった番組というのはNHKの特番だったようです。
少しですが元気なケンプ先生が登場した。
このページの最初に戻る

2017年11月24日(金)
From Hirorin

Marinさんは毎日毎日カロリー過多な美味しいものをあれだけ食べているのに全然太らないというのは納得できない。
あ~~世の中はなんと不公平なの!!

このページの最初に戻る

2017年11月24日(金)
From Takahashi

コーヴィントンの墓についての問い合わせがあったので。
ASAE Vol.6に調査について載っています。
墓の名は調査の名義人からとったもののようでASAEにもこの人の名前で報告されています。

このページの最初に戻る

2017年11月23日(木)
From Takahashi

都美で開催中のゴッホ展へ。
非常によかった。
ただし、日美で紹介していた日本人画家による復元絵の扱いが雑で、図録にも載っていなかった。
この復元された絵はあと少し古さが増したら非常によいものになることだろうに。
額もほかのものに比べて安っぽいし。

勢いで芸大美術館に乗り込んだもののこちらは予想外の混在であえなく撤収。

帰りにMarinおすすめの中華レストランでランチ。
店内はゴチャゴチャしておりMarin好みではないと思ったのだが味は◎。
こんな店にまで行くとは相変わらずの広大な守備範囲。

上野でこんなのがやっていたので思わず撮った。

 
このページの最初に戻る

2017年11月22日(水)
From Hirorin

シンキではなくギザの傾斜路ですか・・・。
これを傾斜路跡と思って見る人はそうそういないでしょうね。
そういえば、メンカウラー王のピラミッド参道付近にもありましたよね。
東西ではなく南北に延びる同じような構造物。
あれももしかして傾斜路??なんでしょううか。
このページの最初に戻る

2017年11月22日(水)
From Takahashi

ギザにある傾斜路跡。
クフ王のピラミッド近くにもう1か所ありますが見やすい・・・というかこれの脇を通ってスフィンクスを見に行くことになります。
ただ、だいたいの人が知らないので素通りして行くことになります。もったいない!
たぶん王妃のピラミッドかマスタバ用なのでしょうが、王のピラミッド用の傾斜路もこんな感じなのでしょう。
自分はこれの存在をD.Arnordの本で見つけ現地で興奮しながら撮影したのですが、現地のガイドを含め知っている人がほぼいないことには驚きました。
このページでも遺跡サイドのギザのページでも散々やっているので古くからのここの住人は知っていると思いますが、新しい訪問者も増えているようなので改めて。
ギザに行ったときにはじっくり眺めてくださいませ。
前述したようにガイドは知らないのでこちらからリクエストしないと止まってくれませんのでご注意を!



このページの最初に戻る

2017年11月21日(火)
From Hirorin

ネットで調べたら淡雪って古い品種みたいですよ。

防衛隊のサイトを恐る恐る覗いてみたら・・・セーフ。
Marinさんのライブ映像がアップされているだけでした。
このページの最初に戻る

2017年11月21日(火)
From Takahashi

母親が突如河江さんの「河江肖剰の最新ピラミッド入門 」を読みだした。
おもしろいと言う。
自分の母親はエジプトにも行っているし歴史好きだが息子のような病的なエジプト好きというわけではなく当然エジプトに詳しいわけではない。
いわゆるエジプト初心者の部類である。
河江さんの
「河江肖剰の最新ピラミッド入門 」は自分にとっては熱心に読む込む気にさせるものではなかったが母親レベルには非常にいい本であったようだ。
ただ、自分の体験と河江さんの意見がまったく合わない点があるそうで、なんとしても質問をしたいのだそうだ。
まあ
12月にその機会はやってくるので河江さんと母親の対決?を楽しみにしていようと思う。
このページの最初に戻る

2017年11月21日(火)
From Takahashi

今日、知り合いから頂いた「淡雪」という種類の梨を食べたのですがこれが非常に美味しい。
「和」梨のシャキシャキ感はそのままで水分豊富で非常に甘い。
これまでは豊水だの幸水だのを崇め奉っていたのだ宗旨替えしたくらいの美味しさだった。
ただ、この「淡雪」という梨、簡単に手に入るのだろうか。
毎日食べるにはあまり高いのも困るし・・・と庶民らしい感想を。

このページの最初に戻る

2017年11月21日(火)
From Takahashi

フェルメールの作品が8点というのは多い。
が、今年パリで12点展示していた。
とりあえず会場は不便な西洋美術館だけは避けてもらいたい。

このページの最初に戻る

2017年11月20日(月)
From Takahashi

来年フェルメール展が開催されるといううれしいニュース。
珍しく文化とは無縁の産経新聞が主催らしい。
このページの最初に戻る

2017年11月20日(月)
From Hirorin

でも、これで防衛隊による公開処刑が決定ですよね。
また変な動画作られたらイヤだな~~主犯はTakahashiさんですからね。
このページの最初に戻る

2017年11月20日(月)
From Takahashi

素直でよろしい。
このページの最初に戻る

2017年11月20日(月)
From Hirorin

そうです。間違えました。
Marinさんが出演したのは“4日”目ですね。
私が観たのが3日目です。
このページの最初に戻る

2017年11月20日(月)
From Takahashi

4日目!だろう。絶対に。
このページの最初に戻る

2017年11月20日(月)
From Hirorin

3日目です。
このページの最初に戻る

2017年11月20日(月)
From Takahashi

Marinのバカは何日目?
このページの最初に戻る

2017年11月20日(月)
From Hirorin

昨日録画していたアニサマを観たら後藤さんが元気に歌っていた。
どうせなら1日目に行きたかったよ~~。
このページの最初に戻る

2017年11月20日(月)
From Takahashi

ギザのページ更新。
このページの最初に戻る

2017年11月16日(木)
From Takahashi

おととい帰りにひとり中華。
和食より安いけどやっぱり5桁。
このページの最初に戻る

2017年11月14日(火)
From Hirorin

美味しいお店いっぱい知っていますけど。
このページの最初に戻る

2017年11月14日(火)
From Takahashi

ケンプ先生からメールが来た。
プロフェッサー
河合望がTVクルーと一緒にアマルナに来たよと書いてあったのがその番組はいつ放送されるのだろうか?
このページの最初に戻る

2017年11月13日(月)
From Takahashi

明日の「銀座アスター」でのランチがキャンセルになった。
久々の中華だったのに。
このページの最初に戻る

2017年11月11日(土)
From Hirorin

実写版氷菓、予想通り大コケらしいです。
隣に座っていた方は始まって1分もしないうちに「まだ終わらないのかな」などとブツブツ。
キャスティングの失敗というのが大方の評価のようですが、私もそう思います。

このページの最初に戻る

2017年11月11日(土)
From Takahashi

来年分の年賀状11種まで完成。
あといくつか出来上がったら印刷開始予定。
自分用と商売用との出来の落差には自分でも笑ってしまう。
このページの最初に戻る

2017年11月11日(土)
From Takahashi

予定通り丸焼き動画(アニメ)が流され始めた。
どう見ても肥りすぎのブタが丸焼きにされたうえ鞭うち。
「ブヒブヒ」とやっているうちに最後は骨になる。
Marinと思われる美化しすぎた女の子に食われるオチらしい。
それにしても防衛隊には無駄な技術持ちが異常に多い。
その技術は有益な場所で使え!
と思ったが、建前上コッチが裏の顔か。
悪の総本山である防衛隊の連中の素顔を知らずに雇っている雇用主様ご愁傷さまです。

このページの最初に戻る

2017年11月11日(土)
From Hirorin

丸焼きにされるブタって私ですよね。絶対私ですよね。しかも肥えているとか事実とは180°違う余計な言葉までついているし。
いやですよ。丸焼きは。百叩きも嫌ですけど。

このページの最初に戻る

2017年11月11日(土)
From Takahashi

10分もギターソロをやる人など知らない。ギター重いし。立っているのもつらいし。10分も弾いてら指が攣りそう。コード覚えるのも大変そう。
整形疑惑→今日も公開処刑が決定だな。防衛隊に肥えたブタの丸焼き(←防衛隊用語:生きたまま火葬)映像が流される。せめて老け顔程度にしておけば百叩きで済んだものを。
このページの最初に戻る

2017年11月11日(土)
From Hirorin
防衛隊のサイトで昨日から流されている動画。
近々エジプトから引退すると言っている誰かさんがMarinさんと一緒にBelieveをやっている。
いや~若いなぁと思ったら10年前くらいらしい。
このままこっちの道に進んでも結構いけたような10分に及ぶ狂気のギターソロ。みたいな。
・・・それにしても10年前と変わらぬ顔のMarinさんというのはどうなの?整形疑惑

このページの最初に戻る
2017年11月10日(金)
From Hirorin
大みそかにAT-Xで「ARIA The AVVENIRE」の放送決定!
Marinさん、絶対に来るだろうな~~。
というかこれはサークル直営レストランで年越しとかもあり得る・・・そうなった場合、私と娘のまりんが留守番でアホのまぁ~だけが参加などという最悪の事態はなんとしてでも阻止するゾ!!

このページの最初に戻る
2017年11月9日(木)
From Hirorin

引退が聞いて呆れる膨大な洋書注文リスト。
ここで大公開とかしてもいいですか~~~?
このページの最初に戻る

2017年11月9日(木)
From Takahashi
Giza and the Pyramidsを読んでいたらこんな写真があった。

上の黒枠部分はコーヴィントンの墓と呼ばれている第3王朝のマスタバ墳。
このコーヴィントンの墓とクフのピラミッドの南北の中心軸が一致しているのは単なる偶然なのか?
これは少々の検討を要するように思えるが。
おそらく過去になんならかの結論は出ているのだろうが。
自分の加わりたいがなにしろコーヴィントンの墓に行ったこともなければ何かを語るだけの知識もない。
グーグルアースで見たら周辺に山ほど墳墓の痕跡があるような。
あまりやっている人がいないようなうなので手を出すのもいいかもしれない。なんて。引退するのをウッカリ忘れていた。
このページの最初に戻る
2017年11月8日(水)
From Hirorin

ミーハーじゃ。
そして、英ポンドじゃ。
このページの最初に戻る

2017年11月8日(水)
From Takahashi

証拠写真。
75ポンド!

 

せっかくなのでこれも。
M・レーナーの本なのは間違いないのですが、河江さんが主体になって行ったものも載っています。
そのうちのふたつを紹介。
右側のものは、「世界ふしぎ発見」でも放送されたクフのピラミッド北東にある「窪み」に関するもの。
河江さんの名前に→をつけてみました。
 
こういう本に日本人の、しかも自分が知っている人の名前が載るとちょっとうれしい。・・・ミーハーとか言うなよ!絶対言うなよ!←どこぞの熱湯風呂のオチになりそう。

この本でも先日発表されたスキャンピラミッド計画について書かれています。
レーナーの共著者として本の表紙に大きく書かれた人物がこれにケチをつけました。
このページの最初に戻る

2017年11月8日(水)
From Hiroin

おはようございます。
75ポンド=6000円→1ポンド=80円。どこじゃ。
でも、出版社はイギリスですよね。
ということは、アマゾンマジック発動では??

このページの最初に戻る

2017年11月7日(火)
From Takahashi
Giza and the Pyramidsがやっと届きました。
昨年の7月の予約から何度も発売延期になりさらに発売になってからも我が家には届かず。
いつものアマゾンマジック発動かと思っていたのですが何の前触れもなく届きました。
これは大作。560ページ。
河江さんの名前がポツポツ出てきて、がんばっていることを実感します。
それから、初期の発掘調査の珍しい写真がいくつもあります。
個人的にはこの本の本筋からは外れているがカフラーの河岸神殿近くにあったツタンカーメンのキオスクの写真には感動しました。
それから同じ表紙のGiza and the Pyramids: The Definitive HistoryGiza and the Pyramidsは中身は同じとのこと。
印刷場所の違いがそのまま値段の差になっているのかも。
自分のところに届いたのは75ポンドとあるがこれが英ポンドなのかは不明だが、560ページハードカバーで6000円弱はお買い得としかいいようがない。ちょっと得した気分。

このページの最初に戻る
2017年11月7日(火)
From Takahashi

クフのピラミッドで発見された新しい空間についてのエジプト学者を含む考古学者の的外れは批判について。
今回発表されたのはあくまで「発見されたこと」だけであり、それがどういうものかというものは詳細はわかっておらずそれこそここからがエジプト学者の出番となるはず。
本来なら偶然とは言わないものの自分たちが時間と資金をかけてやらなければならない地道な調査を代わりにやってくれたうえに研究対象を見つけてくれたわけだから調査チームに感謝すべきものを批判の嵐とは情けないかぎり。

これで日頃「新発見」より「調査」「保護」が重要などと立派なことを語っている考古学者は実は「新発見」=名前が売れることだけが重要であることがはっきりわかる。
このゲス学者たちの列に日本のエジプト学者たちが加わらないことを祈る。
このページの最初に戻る

2017年11月6日(月)
From Takahashi

公的なソースではないところからの情報なので確実なのかはわからんが。
ハワスは手っ取り早く結果が得られる入口近くの空間の調査を自分のチーム「だけ」にやらせるようにねじ込んでいるそうだ。
ハワスが行った場合、ハワスのスポンサーであるナショジオの番組が後日観られるので部外者である自分などにはありがたいが、地道な調査の結果発見した調査チームは腸が煮えくり返るおもいだろう。

このページの最初に戻る

2017年11月6日(月)
From Takahashi

音痴のカラオケリストなど書くな。
金を払ってずっとヘボ歌手の歌を聞かなきゃならんとは拷問だな。これは。
このページの最初に戻る

2017年11月5日(日)
From Hirorin

ただいまMarinさん、いつもの甘ったるい声で「Believe」熱唱中。
その前は~~X-encounter。まあこれはいつもやっている持ち歌ですけど。
この後に「DOWN TOWN」を歌うそうです。
このページの最初に戻る

2017年11月5日(日)
From Takahashi

昨日アンデス展の宣伝番組があったが、録画してあったものを観て愕然。
その前にNHKの特番を観たので落差100倍。
専門家などいくらでもいるにもかかわらずわけのわからん芸人がわけのわからん的外れなコメントをするのを見せられたら行く気がなくなる。
この手の番組になぜ知性の欠片もなければ展覧会に興味もない無知芸人だのその同類のバカタレントをだす必要があるのかが理解不能。
展覧会そのものの評価を落としかねない。

NHKアナの「財宝」連呼にうんざりしたが、TBSのゴミ番組に比べれば100倍よかった。
このページの最初に戻る

2017年11月5日(日)
From Hirorin

映画・氷菓を観た感想。
なんか小説のジンワリ来るものがなかったです。

Marinさんは「看板だけは立派だが中身は味もスタッフも三流のファミレス」と評していました。
特に氷菓はアニメの評価が高かっただけに実写のハードルが上がってしまったようですね。
氷菓がこれではユーフォはさらに難しいかも。
噂どおり恋愛映画にでもなった日には暴動が起こるかもしれません。

このページの最初に戻る

2017年11月5日(日)
From Takahashi

映画「氷菓」の感想。
出演者のファン以外がこの映画を高評価するとはとても思えない。
特にアニメを見てしまった人間にとっては失望以外ない。
自分は頼まれて観たので時間以外は損はしていないはずなのだが、軽薄さだけを見せつけられ時間の浪費としか思えなかった。
義理であってもこの映画を水準以上と評価した映画評論家がいたら、ソイツは間違いなく金を掴まされているクズである。
非常にツマらん日本映画がまた一本誕生したと言える。
金と時間を無駄したい人には大いに推奨する映画である。
このページの最初に戻る

2017年11月5日(日)
From Takahashi

それ本1冊追加。和書。
このページの最初に戻る

2017年11月5日(日)
From Takahashi

ハワスの批判が的外れなところは、「あるかないか」ではなく「あること、そしその場所が確認できたこと」が重要である点。
もっともハワスの場合、自分“だけ”でそれを発見し、自分“だけ”の功績にしたいのがミエミエで論点をずらして批判しているのだろう。
このあと、調査隊に調査中止命令がでないことを祈る。
もし、そうなったら、いつもと同じようにザヒ・ハワス+ナショジオという考古学より泥棒の方が似合っていそうな利権癒着チームの登場となることだろう。

このページの最初に戻る

2017年11月5日(日)
From Hirorin

入口上で見つかった新しい通路が新大回廊につながっているといいですね。

Z・ハワスが早速批判・・・利権にありつけなかった腹いせでしょう。
ハワス+ナショジオという旧来の利権集団はいらないです。
ザヒ・ハワスは早くザヒ・ハラスになってほしいです。
それからリトル・ザヒ率いる早稲田閥もこれに乗って批判を始めるのは見苦しいのでやめてほしいです。
このページの最初に戻る

2017年11月5日(日)
From Takahashi

昨晩のNHKスペシャル。
自分のところへ届いた感想の多くに含まれていたのが「ツッコミが足りない」「NHKも宝さがしに向かうのか」という内容。

TV的にはインディージョーンズ的なものが望ましいのでしょう。
ここの住人たちが望むような内容を放送したら一般ウケしないこと請け合いみたいな(笑)
確かに深みは足りないがピラミッドに新しい巨大空間が見つかった事実だけでも十分満足できるものかと。
これから実態が解明されるまでの時間は「言った者勝ち」のショータイムですので楽しみましょう。
まあ、ここの住人たちは単純な宝探しに興じることはないでしょうし、そこがここの住人である証とも言えます。

ついでですが、河江さんのツイッターを眺めたら自分が放送前に取り上げたメイドゥムの秘密の部屋に言及していました。
ここだけの人は少ないでしょうが、とりあえず説明をしておきます。
メイドウムの崩れピラミッドは玄室まで行くことができますが、1998年~2000年にフランス人が平行通路が持ち送り式天井になっていないことに疑問を持ち調査したところ、通路上に持ち送り式天井を備えた部屋を見つけました。
自分はまずこの話をThe Pyramids (Egypt Pocket Guide)Alberto Siliotti (著)で見つけて詳しい資料にたどり着いた経緯があります。
   
エジプトで購入したこの本を読んでいてこれを見つけた自分が興奮して質問をしたら現地の日本人ガイドはまったく興味なさそうに「知らん」と言ったのをよくよく覚えています。
詳しいのは遺跡サイド側のメイドゥムのページをどうぞ。
このピラミッド非常に面白いし、なにより通路が広くほぼ立ったまま入っていけるのですが、なにしろ観光ルートから離れすぎている。
8日間のコースでは無理っぽい・・・残念。
旅行会社も似たようなコースを乱造しないで「8日間でカイロ周辺のピラミッドを行きまくる!」ツアーなんてやったらいいのに。
リピーターが大挙参加しそう・・・それに対応できるガイドがいないか。


大事なことを忘れていました・・・メイドゥムの新しい部屋を発見したフランス人が(調子に乗ってではないと思いますが)NHKの特番にあったクフのピラミッドに穴を開けた人物です。
当然その後ハワスの逆鱗に触れニコラス・リーブスも入れられたお仕置部屋へ。
名前はG・ドルミオン氏。

現在の日本でフランス人とピラミッドといえば別人の名前がでそうですが、自分はこちらの方の方が功績大だと思っています。
このページの最初に戻る

2017年11月5日(日)
From Takahashi

昨日のイベントで見ず知らずの女性がした王の冠についての質問に対しての河合望さんの答えでほぼ確定。
王の冠類の現物は見つかっていないようだ。
ツタンカーメン王墓から頭巾類はかなり出ているにもかかわらず。
後付け的説明はいくらでも考えつくが、結局その本当の理由はわからないまま。
このページの最初に戻る

2017年11月4日(土)
From Takahashi

知らんがな。そんなこと。
Marinのバカの戯言などいちいち報告しなくてヨロシ。
このページの最初に戻る

2017年11月4日(土)
From Hirorin

コスプレ好きの某吉村信者が「まだ十分可能性があります。観測範囲から外れた場所に巨大な内部構造物が存在しているはずです。だいたい、あの観測結果は教授を貶めるためのねつ造なんです!!」と騒いでいます。
それにこの人なんで朝いちばんに我が家にやってきて朝食を一緒に食べてるんですか~~
このページの最初に戻る

2017年11月3日(金)
From Takahashi
河江さんが主張していた「赤・白」が今回の発見で成立するのかという質問。
答え:完結に答えればNO。
この件については河江さん本人にもメールしてあるが、証明されるのは赤ピラミッドに同様のものがあるかどうかにかかっている。
言うまでもなく赤ピラには現在そのようなものは見つかっていないが、もう一つの入口なり通路が見つかれば、規模拡張の痕跡ではなく儀礼的なものという河江さんの話もTV向けのリップサービスと言い切れなくなる。
とりあえずクフのピラミッドに何かしらの空間がみつかったことはめでたいと言えるでしょう。

この勢いで王家の谷でもといって欲しい。
このページの最初に戻る
2017年11月3日(金)
From Hirorin

頂上から83mという安心保証高度がここで再び登場というところでしょうか。
玄室上の重力軽減の間PartⅡというところでしょうか。
うちのサークル内では有力候補だった平天井になった王妃の間までの通路上になかったのは残念です。

このページの最初に戻る

2017年11月3日(金)
From Takahashi

明日のTVを観てからと思ったのだが質問の数が多すぎるのでここで一度書きます。
どう思うか?というものが一番多いのでそれについて。
いくつか注目すべき点があります。

まず、吉村氏が散々主張した現在発見されている内部構造物(南北軸の東側)と対を成す構造物が中心軸の西側に存在するという話はこれで終了でしょう。
ということで、この発見が自分たちの主張にとって非常に都合が悪い吉村氏及び早稲田閥の連中は今回の件を完全無視となることでしょう。

空間が発見された場所が大回廊の上ということですがこれをどう捉えるか?
新しい部屋、できれば本当の玄室というのが一番魅力的な話だが、たぶんそうはならない。
玄室ということであれば副葬品はともかくクフのミイラをその部屋に運び込む入口から続く通路が必要になるので現実的ではない。

で、根拠なしの「言った者勝ち」的に書けば、まず天井は完全な形の持ち送り式でしょう。
大回廊の上にあるということはもしかしたら大回廊の途中で終わっている持ち送り天井の続きなのかもしれない。
メイドゥムの例もあるので部屋の可能性もあるが通路の問題でクフの埋葬に使用した部屋と考えるのは難しそうで、良くて倉庫か儀礼的な部屋というところか。
容量と重力軽減目的という常識的な線に落ち着きそうだが、ハワスが力技で穴を開けて確認!とはならないかぎり存在のみが確認された謎の空間で終わりそう。

このページの最初に戻る

2017年11月3日(金)
From Takahashi

明日上野・芸大で行われるイベントに行くことができそう。
楽しみ。
このページの最初に戻る

2017年11月2日(木)
From Hirorin

今回もめでたくフルハウス。
このページの最初に戻る

2017年11月2日(木)
From Takahashi

頼まれていた年賀状のデザインも終了し、ようやく自分用へ。
今回はモノクロ写真かな・・・写真用写真を使わなんのはいかにもだから。
年賀状の発行枚数減っているらしいが、実感はない、というか増える一方。自分のも依頼分も。

某エジプトサークルの冬スペ(と言いながら実は忘年会)はいつも通りフルハウスになったそうだ。
数少ない一般枠にあぶれた人は今日のネット申し込み分に一途の望みをかけるらしいが、一応元会員として裏情報。
会員が参加しない分当然枠が出るのでまめに顔を出すと席が確保できる・・・かも。かも。カモ。鴨。

このページの最初に戻る

2017年11月1日(水)
From Takahashi

せめて場所と日時を確定させてから受付を始めればいいのにと思う。
行かんけど。

このページの最初に戻る

2017年11月1日(水)
From Hirorin

冬スペの申し込み開始まであと少し。
並んでますね~いつもの顔に混ざってサクラクエスト絡みの人もチラホラ。
これは15分でフルハウス確実。
明日のネット分も一瞬だろうし。
みなさんのために気合いを入れて企画しますよ~。
このページの最初に戻る

2017年11月1日(水)
From Takahashi

昨日は久々のボランティア。
少しでも役に立つならと。

カイロ博物館の特等席に鎮座するアメンヘテプ3世のティイ王妃の座像。
   

発見されたのはメディネト・ハブだが、元の居住地はアメンヘテプ3世葬祭殿と言われ続けている。
自分は、マルカタ王宮か王宮近くのアメン神殿(カルナックではないです)ではないかと何度も確認したが、そのたびに日本の大先生たちに瞬殺された。
で、またこれを持ち出してきたのは最近出たらしいアメンヘテプ3世葬祭殿の平面図を見たから。
この座像が本当にこの葬祭殿
にあったものなら、葬祭殿のどこに置かれていたものなのだろうか。
主だった場所には置かれていたらしい像が見つかっているわけだし、アメンヘテプ3世単独ではなくティイ王妃も同じ高さに並ぶこの像を置く場所など葬祭殿に存在するのだろうか?

このページの最初に戻る

2017年10月30日(月)
From Hirorin

大型特殊免許が必要だそうです。
このページの最初に戻る

2017年10月30日(月)
From Takahashi

朝一番にわざわざ今日10月30日が「たまごかけごはん(TKG)の日」と連絡してくる神経がわからんが、とりあえずそうらしい。
11月中に都美で開催中のゴッホ展に行く予定。
科博にも寄りたいが時間的に厳しいので別日で調整中。
最後にペルーに行ったのは2001年だったが、あの時はまさか最後になるとは思わなかったので真面目にナスカの写真を撮らなかったことを非常に後悔している。


ところで防衛隊のサイトでMarinがサイケ柄のケッテンクラートに乗る動画が流れているがあれは合成か?
本家ケッテンクラートは単一迷彩だし、なんのコスプレじゃ。
ケッテンクラートは観ていて気持ちがよいので今季のアニメで一番に決定。
出演声優が異常に少ないので隙間枠なのかもしれんが個人的には好き。
実際の乗り物としてはどうかは知らんが、乗ってみたい気持ちにはなる。

日本で乗る場合はどの免許が必要なのだろう。
このページの最初に戻る

2017年10月29日(日)
From Hirorin

観る人にはちょっと不便をかけていますけどいいところもたくさんあります。
・・・あるはずです・・・あってほしい。
三菱だってエスカレータはありませんし。

サークルの冬スペ申込みが間もなく開始です。
一瞬でフルハウスになりますので準備していてくださいね。
一応今回は東京チーム主催ですので東京か神奈川か千葉でやるとと思いますが日時も場所も決まらないうちから申し込みがいっぱいになるというのはどうなのかな~~~といつも思います。
Marin防衛隊の犬並みの忠勤には呆れてしまいます。
Marinさんの歌とコスプレをそんなに見たいのですかね。

このページの最初に戻る

2017年10月28日(土)
From Takahashi

西洋美術館へ。
この前は義理が100%の宣伝だったので、今日は本音。
予想外の混雑だったが、相変わらずの「見学者にまったく優しくない」ルート。
今日も隣を歩いていたお爺さんが「今時トイレに行くにも階段を上り下りするのかい」とボヤいたので「世界遺産になったので改装は簡単にできません」と言ったところ、「世界遺産なんか返上しろ」と。
建物をイジれないならルート変更をするなど少しでも見学しやすい方法を考えるべきなのにそういう考えはまったくなし。
美術展開催者としてはエスカレーターもなく階段を上りながら見学を強要されて見学者からの評判が非常に悪い西洋美術館を使用するのを避けたいという気持ちは十分に理解できます。
ついでですが久々に常設展に行って驚いたのは世界遺産になって色気が出たのか写真撮影不可になっていた。
世界遺産になって利用者にとっていいことがなにかあったっけと思いました。
ちなみに自分の一番は「三菱一号館美術館」

このページの最初に戻る

2017年10月19日(木)
From Takahashi

某所からケッテンクラートのレビューを上げてくれという依頼。
やはりバレていたらしい。
あれだけ書けばもしかしたらと思ったがやはりサクラクエスト4巻の長文レビューが悪かったっぽい。
とりあえず丁寧にお断り。
個人的には評判が非常に悪い碧嬢版キノの方が書きたいかな。
このページの最初に戻る

2017年10月18日(水)
From Takahashi

氷菓の実写版について。
出演者のリストを見ただけだが、どんな時でもニタニタ笑う前原誠司の気持ちの悪い顔を間近で40時間強制的に見せられた後に接吻させられるくらいの耐え難い内容にしかならん。
さらにいただけないのはこの後に控えている「響け!ユーフォニアム」の実写。
なにしろ話の中心が久美子と秀一、麗奈と滝との恋などという氷菓のはるか上を行く内容・・・ここまでくると日本語にはそのひどさを表現できる言葉など存在しない。

今からでも遅くはない、シナリオを変更してくれ!!
このページの最初に戻る

2017年10月18日(水)
From Takahashi

毎回ジャーナルの到着が大幅遅延するのでやめるつもりでいたEESだが、結局更新手続きをした。
このページの最初に戻る

2017年10月16日(月)
From Hirorin

2年前のクリスマスコンサートだそうですよ。
忘れるには早すぎます。
う~~ん、それにしても言いたくないけどサンタコスプレのMarinさんかわいい。
このページの最初に戻る

2017年10月16日(月)
From Takahashi

そんな動画に出ている人は知らない。
このページの最初に戻る

2017年10月15日(日)
From Hirorin

防衛隊のサイトで流れている動画がすごい。
もちろん防衛隊はMarinさんの歌っている動画としているのですけど、間奏部分の最後でギターをアンプに突き刺すシーンがあって今時Takahashiさん以外でもやる人がいるんだなぁ~と見ていたら本人だった。
いつのでしょうね。これ。
もしかしたらチェーンソーでギターを解体する有名な動画もあるかも・・・防衛隊は持っていたらさっさとアップしなさい。by 私。

このページの最初に戻る

2017年10月13日(金)
From Takahashi
ケッテンクラート。
どうやら「少女終末旅行」というタイトルらしい。


なぜかこういうのも出てきます。
知波単学園が使用したものかもしれません。
よく見ると学園章が・・・なんて。

ミリオタでしかも人殺しが大嫌いという矛盾の極地のような非常にわがままな人間にとってはうれしいアニメです。

このページの最初に戻る
2017年10月12日(木)
From Takahashi

エジプトがサッカーW杯出場決定。
うれしいです。

このページの最初に戻る

2017年10月10日(火)
From Hirorin

缶詰の日なんか知りません。
私も「体育の日」世代なので。
それにしても盛大に出してきましたね。
たしか中身は肉だったような。


そういえばMarinさんも今期は不作だと嘆いていました。アニメの話。
このページの最初に戻る

2017年10月10日(火)
From Takahashi
今日10月10日=体育の日と言ってしまうと年齢がわかるそうです。
缶詰の日だそうです。
で、ここはエジプトサイトらしくナポレオンなんぞよりずっと古い古代エジプトに存在した缶詰の先祖の写真を出して、缶詰記念日とやらを祝うことにします。
  

   

   

言うまでもなくツタンカーメン王墓の写真で、H・バートン氏が発掘調査中に撮影したものです。
中段右写真の白い物体の中に食べ物が入っていたわけで、あの世で食べるための保存食的なものといえるのかもしれません・・・48個あったらしいです。
・・・自分もこれに興味があって写真を撮ったはずなのですが、いつも通り見つからず。
最近はエジプトに対する興味が薄れてきたので写真の扱いも非常に雑になってきたような。
それ以上に問題は本。
そのうち家を狭くしている元凶としてゴミ捨て場にまとめて出しそう。

このページの最初に戻る
2017年10月9日(月)
From Takahashi

久々にアニメネタ。
今期は全滅の気配。
観るものなし・・・「ケッテンクラート」をガマンして観るしかなさそう。
最近始まったアニメのケッテンクラートの正式タイトルは知らんが、まさかケッテンクラートがこんなところで主役級で登場とは。
昔々1/35をせっせと作っていた頃、これ結構いい値段していた。
ちょっと欲しかったが、(小遣いの少ない小学生時代だから)サイフと相談しⅡ号戦車で手を打ったなぁと。
(当時の自分にとって)まったく不要なダイキャストなんとかなどやめんかい!と恨み節を吐いていた。
今は安くなったのかな。

このページの最初に戻る

2017年10月9日(月)
From Takahashi
ついで。
その方面の方には有名な「未来への遺産」DVD2巻。

ここの住人には説明する必要などまったくないのですがとりあえずこちらも載せます。

当然下の写真が正しいのですが間違い探しにもなりません。

このページの最初に戻る
2017年10月9日(月)
From Takahashi

少し前に別の場所で話題になった「未来への遺産」オープニング現場。
まず、これがそのオープニングで白い幽霊なような女性は佐藤友美さん。
知り合いの父親が初めて海外出張をすることになり羽田から出発する日、親戚一同に新潟からわざわざ東京まで出てきて(当然新幹線も高速道路もない)万歳三唱をしたなどという時代です。
ちなみに、今こんなことをやっていたらネタとして扱われるでしょうが、当時はたいしておかしなこととは思われていなかったそうです。


そこを見つけ出して撮影した写真が我が家のブラックホールから降臨してきました。
「未来への遺産」のOP現場を探し回るというのは、今で言う「聖地巡礼」の走りですね。きっと。


ついでに同じ場所を旅行者が撮影したずっと古い写真。


これが、自分とエジプトの最初の接点です。
場所はラムセス3世葬祭殿なのですが、観光ポイントからは少々外れています。
詳しく書いてもいいのですが、やはり探す楽しみは必要でしょうからやめておきます。
このページの最初に戻る

2017年10月6日(金)
From Marin

あたり~~~~。Hirorinのおうちに遊びに来たんだよね。
なんでわかった??
このページの最初に戻る

2017年10月6日(金)
From Takahashi

Marinだろう。
このページの最初に戻る

2017年10月6日(金)
From Hirorin

そんな名前の人(メニュー)は知らない。
このページの最初に戻る

2017年10月6日(金)
From Takahashi

いやいやダブル温泉タマゴ&ハンバーグのせミートソースだろう。やっぱり。
このページの最初に戻る

2017年10月6日(金)
From Hirorin

カルボナーラが美味しいです!
このページの最初に戻る

2017年10月6日(金)
From Takahashi

そもそも東京都美術館が西洋美術館をライバルと見ているかも怪しい。
が、せっかくのリクエストなので西洋美術館だけでなく上野エリアの宣伝を。
10月21日から西洋美術館で浮世絵と西洋絵画に与えた影響を検証する展覧会。
同じく21日からアンデス文明展が科博。
24日から都美でゴッホ展。
たぶん月末か11月初めに西洋美術館と都美のダブルヘッダー。
西洋美術館の常設展もゆっくり観るのもいいものです。
結構いいものが揃っていますし、特別展のチケットで観ることができますので。
常設展は一部を除けば写真も撮れます。
日本唯一のフェルメール(と言われているもの)はダメですけど、ルノワールはいいものがたくさんあります。
個人的に好きなラ・トゥールのものもあるのですが、ここのは好みではないです。
ミュージアムショップとレストランは入館チケットなしでもOKなので利用してくださいませ。
絵葉書は都美より安いです。
レストランはトーハクよりもこっちが好み

このページの最初に戻る

2017年10月6日(金)
From Hirorin

ライバルの都美ばかりでなく、たまには西洋美術館の宣伝もしてください。
最近は外で写真を撮る人は増えたけど中には入らないし、少し前のTVクイズ番組でも自称インテリのおバカ顔だけタレントが全員写真を見せられても西洋美術館ってわからないし。
このページの最初に戻る

2017年10月5日(木)
From Takahashi

新宿ピカの帰りに上野へ。
目標は、トウハクではなく芸大美術館。
こんな感じで写真も撮れます。
 
広場でこんなのがやっていた。
チケット売り場「入場料無料」とあった。

帰りにいつものすし屋で遅いランチ。

このページの最初に戻る

2017年10月4日(水)
From Takahashi

少し前に江戸時代の石垣に使用された石材運搬方法は古代エジプトの石材運搬の参考になるのではないかと書いたところいいサイトがあると連絡があった。
いい資料です。  ここ
石材運搬について書かれた部分はピラミッド建造時の傾斜路の話を頭に入れて読むと面白いです。
エジプト学をやっているからといって他の文明について無関心でいるとこういうネタは入ってこないです。

ついでに自分のメールアドレスが拡散している理由も教えてもらいました。
まあ仕方がないかというものなのでとしとしましょう。
このページの最初に戻る

2017年10月1日(日)
From Takahashi

少し前に河江さんのツイッターを覗いたら希望とは逆方向の列車に乗ったという・・・しかも、これがしょっちゅうだと。
本人以外には笑いのネタでしかない新宿発東京経由高尾行き(終電)の悲劇を経験した知り合いといい勝負だが、
12月に自分の地元で行われる講演会でこれをやった場合笑っては済まないことになる。
銚子だの安房鴨川にいる河江さんを見たい気もしないでもないが。
ついでに、この講演会には行く予定・・・たしか12月23日。

このページの最初に戻る

2017年10月1日(日)
From Hirorin

Takahashiさんは、今日もユーフォ。
いいですよね~他人さまのお金でアニメ映画見放題なんて。
このページの最初に戻る

2017年9月30日(土)
From Hirorin

そうやって減ったのがTakahashiさんのサイフの中身ですけどねww
久々に週末をノンビリ過ごしました。
サクラクエストが終わってちょっと寂しいです。
それから、言いたくはないですけど、プリプリ最終回は私も大いに不満です。
「最終話つまらん伝説列伝」に加えるべきでしょう。というか、もうあちこちで加わっているみたいですけど。
「なんですか?これ」って滝先生に言ってもらいたいです(ユーフォをMarinさんと観に行ったもので)
あの最終回を高評価する人っているのでしょうか。
・・・某所に寄稿したTakahashiさんほど苛烈ではないですけど私もあの最終回で作品の評価は急降下。

ついでにユーフォ劇場版。
なんか嫌な予感が・・・。
サークル会員が再び大集結して鑑賞会が開かれそう。
やるときは最低3日前に連絡してください。
チケットだけでなくホテルだのレストランだのあっちこっちに手配する身にもなってください。
中身ですけどTV版の再編集だと思っている人がいたらちょっとというかかなり驚くはず。
非常によいです。

このページの最初に戻る

2017年9月28日(木)
From Takahashi

全くその通り。否定もしない。
持たざる者は言うだけである。
所詮は他人のサイフ、中身がどんなに減っても痛くもかゆくもない。
このページの最初に戻る

2017年9月28日(木)
From Hirorin

そういうのを世間では「他人のなんとかで相撲をとる」と言います。
このページの最初に戻る

2017年9月28日(木)
From Takahashi

それは残念。
自分は4桁が精一杯だが、おたくのサークルの資金力なら1本や2本ならソックリ出せそうだけど。

ペルー・ワイナピチュ頂上の写真が見たいというリクエスト・・・ここはエジプトサイトだけどとりあえず探すが記念写真ぽい元嫁たちと一緒に写っているのしかないかも。
当然そんなものをここで晒すわけにはいかんのでボツ(笑)

このページの最初に戻る

2017年9月28日(木)
From Hirorin

うちのサークルの会長はこの件に関して「慈善事業は絶対しない」と言っていましたよ。
少なくても自分の方からお金を出すとは言わないでしょう。
このページの最初に戻る

2017年9月28日(木)
From Takahashi

今回も約1か月続くであろうユーフォ祭。
別に映画館内で解説するわけでもないのですけどね。
しかし、予習というか復習を兼ねてユーフォを観直したが面白い。
サクラクエストが売れる売れないだけを論じるのであれば、「町おこし」を選択したのが一番の問題だった。
それを選び正攻法で描くと決めていたのであれば、売れなくても胸を張るべし。
某エジプトサークル以外にも結構信者がいるようだし、あの手のアニメは意外に需要があるのかも。
個人的にはサクラクエスト後日談としてもう1話か2話どこかでやってもらいたい。
某エジプトサークルはスポンサーになるだろうし、タイトルを「アケトアテン」にしてくれれば自分も出す(笑)

このページの最初に戻る

2017年9月26日(火)
From Takahashi

艦これ関連がやたら選ばれ宇治市が選ばれなかったのはちょっと腑に落ちなかったけどそういう事情か・・・どこを見ても自分ファースト。
・・・ついで。サクラクエストのレビューは4巻まで楽しませてもらっているので5巻も楽しみにしていると言われてしまったら書かざるを得ない。(だったのでちょっと訂正)
このページの最初に戻る

2017年9月26日(火)
From Hirorin

このアニメをヒットさせた監督さんをカドカワが権力を行使してクビに・・・ここはFire ←サクラクエスト全話鑑賞会の成果!にしたようですよ。
この前のアニメ聖地選定といい、ちょっとやりすぎの感は否めないですね。カドカワさんは。

「赤坂璃宮」さんプロデュースのお店が東京駅にありました。
私は結構好きでした。チャーハン。

このページの最初に戻る

2017年9月25日(月)
From Takahashi

どうやらサクラクエスト1巻のレビューで角川を非難したことが理由らしい。
が、それ以上のことはわからん。し、それでけものフレンズのファンに激励されるのかも不明。
それよりも、自分のメールアドレスがどこまでだだ漏れになっているのかの方が問題だ。
このページの最初に戻る

2017年9月25日(月)
From Takahashi

自分とは縁もゆかりもないと思っていた「けものフレンズ」の熱狂的ファンと称する人から「あなたは偉い」というメール。
別に「けものフレンズ」というアニメを褒めたこともないというか、実はちゃんと観たこともない。
自分が支持していたのはサクラクエストなのだが同名の誰かが余程褒めたたえたのだろうか。
それほど面白いのなら観る・・・ことはないな。やっぱり(笑)

このページの最初に戻る

2017年9月25日(月)
From Takahashi

今日、久々に羽田へ。
飛行機に乗りにではなく、人に会いに。
第1ターミナルの「赤坂璃宮」で遅いランチをしたが、料金はまあ安いと言えるが雰囲気も味もそれに相応しいひどいものだった。
ということで、ここは知り合いには勧めないし二度と利用もしない。
次回のこともあるのでついでに他の店も見たがどれも似たり寄ったりで接待に使えるようなところはなさそうだ。
羽田空港のレストランは自慢できるのは店舗数だけということなのか。
所詮はエキナカの同類ということかもしれない。非常にガッカリした。

国際線ターミナルにはもう少しマシな店があるかもしれないが。
このページの最初に戻る

2017年9月25日(月)
From Hirorin

サクラクエスト祭りの〆としてはよかったのではないでしょうか。
このページの最初に戻る

2017年9月25日(月)
From Takahashi

結局昨日は出かけなかったがサクラクエスト全話鑑賞会最終日は盛り上がったようだ。
町おこし事業に真剣に携わっている
現場の人間にとっては取り上げてもらうのはありがたいが簡単にうまくいくお手軽行事としては扱ってもらいたくなかったのでモヤモヤ感を含めて「そうそう」と思いながら観ていたようです。
最終話をみれば売れるものなどいくらでも作れたものを敢えてやらなかったP.A.WORKSのこの作品に対する思いが十分伝わったというのが日曜日に参加者の多くの感想だったようで、自分もまったく同意見です。
このページの最初に戻る

2017年9月25日(月)
From Takahashi

芸大のレプリカ展は面白かったと思ったらNHKで取り上げられたそうです。
・・・レプリカ展ではなくクローン展です。本当は。
バーミヤンも法隆寺壁画もあれだけ再現されて入場料1000円は高くない。
10月26日までなので金を払ってでももう1回行くつもり。

このページの最初に戻る

2017年9月24日(日)
From Takahashi

日曜美術館を観ていたら間野山のモデルである南砺市に在住する作家が紹介されていた。
こういう時に呼ばれていると感じる。
このページの最初に戻る

2017年9月23日(土)
From Hirorin

明日のイベントですが、男性は上着・ネクタイ着用、女性もセミフォーマル以上となっています。
うちのサークルの行事でドレスコードの指示が出た時は例外なしですのでご注意を。

このページの最初に戻る

2017年9月23日(土)
From Hirorin

ユーフォ、10月からNHKで放送されるそうです。
この勢いでその次はサクラクエストをいってみよ~。
明日もサクラクエスト祭り。
エジプト、アニメ関連に続き某業界関係にも住人が増えてきたようなココ。

いつか住人の肩書を並べてみたい。今日この頃。
全話鑑賞会あと4話で完結です。
このページの最初に戻る

2017年9月23日(土)
From Takahashi

サクラクエストのレビュー。
ソコソコ真面目に書いた文章ということもあるけど評判がよかったらしくメールでわざわざ連絡してきた方が何人かいた。

その中の一人はどういう流れでサクラクエストのレビューにたどり着いたのかは知らないが、とりあえず気になってアマゾンで観たら面白かったらしい。
アニメはただの娯楽、しかも低俗なものとバカにしていたがそうでもなかったので、あのようなアニメが他にもあるなら教えてくれとも書いてあった。
ここはもう銀英伝しかないでしょう。といういうか、自分にはそれ以外のカードがない。
その銀英伝だが、少し前に新銀英伝のキャスト一覧とやらが届いているが、声優に興味のない自分でも知っている名前が結構並んでいる。
これがガセでなければすごいと思うが本物かどうか確認のしようがないので正式発表を楽しみにしよう。
ただし、フレデリカとヒルダのキャスティングは絶対に納得いかんので、少なくともここだけはガセであることを望む。
このページの最初に戻る

2017年9月23日(土)
From Hirorin

サクラクエスト全話鑑賞会も今週で終了。
今日はいつも通りですが、明日は町おこしに実際携わっている人がサクラクエストを観ながら解説するというスペシャルイベント。
サクラクエストをここまで楽しんだ団体ってないでしょう。
うちのサークル本当は古代エジプト専門なんですけどwwww
それから、来年春から新「銀英伝」が始まるわけですけど、ここの訪問者の大部分が知っていることですがうちのサークルの入会条件のひとつに銀英伝が好きなことというくらい銀英伝好きが集まっているので今回以上に盛り上がるでしょうね。きっと。
それこそ「原作の方が~原作の方が~」←byさわ子嬢、「前作の方が~」のワードが飛び交いそう。
このページの最初に戻る

2017年9月22日(金)
From Takahashi

暗号構築は本職ではないけど。
いかにもな文章になっているうえに別の文章が隠れているというのは自分好み。
こんなに人気になるなら参加料を取って懸賞をかけけばよかった。

このページの最初に戻る

2017年9月21日(木)
From Hirorin

サクラクエスト最終回は評判がよかったみたいですけど鑑賞会までとっておきます。

ところで、暗号の件ですが解けた人はまだいないようで・・・うふふ。
あれは
本職さんが作った最高級の物ですから、その辺の素人さんには解読はちょっと無理です。
もちろん私たちも解読書がないと全然わかりません。
このページの最初に戻る

2017年9月20日(水)
From Hirorin

公務員さんは3人ではなく7人で、やるのは日曜日ですね。
皆さん実際に携わっている人のようでサクラクエストは茶化したり美化したりしないでよくできていると結構話題になっていると言っていました。
アニメファンには受けなたかったみたいですけど、実際に携わっている人に評価されているのは悪くはないのではないでしょうか。
ということで、枠1つ開けておくように言っておきます。
待ってま~す。
このページの最初に戻る

2017年9月20日(水)
From Takahashi

土曜日のサクラクエスト鑑賞会で公務員3名が町おこしの部分について解説する話が本当なら行ってもよい。
ところで、今日だか明日だかのTVで、芸能人が町おこしを手伝うなどという番組があるらしい。
まさにサクラクエストに登場したTVマンと同じ発想で番組が進む展開になりそう。
名前は知られているが町おこしなど全く興味のない芸能人を呼ぶ「見栄えはいいが後には何も残らない」打ち上げ花火的町おこし。
このページの最初に戻る

2017年9月18日(月)
From Takahashi
時間ができたので、コノハ様との約束を果たします。
イースター島では1000枚近く撮影したはずなのですが、ほとんど残っておらず、人物がない写真から珍しそうなものを選びました。
見てのとおり意外にもものすごい数の未完成モアイが残されています。
しかもどうやら石の切り出し場所はほぼ同じ。
よく言われている部族間のモアイ倒し戦争とやらがこういう条件で本当に起こったのかと疑いの眼差しで見たものです。
それから、空と海が非常にきれいでスコールの後にはきれいな虹が見られました。
イースター島は本当にいいところです。
 

 


このページの最初に戻る
2017年9月18日(月)
From Takahashi

最近うたい文句だけは立派な某旅行会社がエジプト&トルコツアーをまた売り出している。
多くの嘲笑を浴びながらも行くことだけが目的の旅行者はこの手のコースに喜んで参加するらしいが、こういう旅行者に自分からありがたいアドバイス。
冬のトルコ&エジプトはやめた方がいいです。
理由:冬夏両方の服を用意しなければならないうえに雨だの雪だの備えまでしなければならないのですよ。冬のトルコは。
しかも、その装備はエジプトではまったく不要なものとなります。
どうしても2か国行きたいなら夏にしなされ。暑いけど。いやいや熱いけど。
しかも、エジプトもトルコも魅力的なお土産がゴマンとある。
できれば服でスーツケースいっぱいにするのは得策ではないです。
そうでなければお土産の山を抱えての移動・・・考えただけでもおぞましい光景じゃ。
まあここの住人がそのような愚行を犯すとは思えんが。
昔々と言っても20年くらい前だがローマ・パリ・ロンドンという海外旅行初心者の定番旅行に参加したことがあるが、これでもかなり厳しかったのを思い出して。

このページの最初に戻る

2017年9月16日(土)
From Takahashi

最近「Amarna: Lebensräume - Lebensbilder - Weltbilder」を好んで読んでいます。
眺めているといった方がいいかもしれませんが、とりあえず手元に置いています。
タイトルを見ればわかる通りドイツ語の図録なのですが、アマルナ全般を解説した本としてはかなり出来がよいです。
ドイツ語は・・・自分は翻訳ソフトを多用するパワープレーですが、それでも十分楽しめます。
自分ができるということは誰でもできるということなのでアマルナに興味がある方はどうぞ。
なお、少なくても2種類ありますが、中身はほぼ同じです。

このページの最初に戻る

2017年9月16日(土)
From Hirorin

うんにゃ~暗号です。
ある法則で読むとちゃんと別の文章が浮かんできます。
しかも、実際に書かれているものとは無関係の文章が。
恐ろしい~あ~恐ろしい。恐ろしい。もしかしたら恐ろしい呪いもかかっているかもしれません。

まもなくサクラクエスト全話鑑賞会開幕。
今日も食べるぞ~ではなく、観るぞ~~。

このページの最初に戻る

2017年9月16日(土)
From Takahashi

どう見てもただのアニメBDのレビューだろうが。書いた本人が言っているのだから間違いない。
確かに長いけど・・・一文も長いけど・・・()もある自分の文章の特徴がすべて入っているけど。それだけ。
あの文章が暗号だったら完全にプロ仕様。というか悪魔の暗号。
このページの最初に戻る

2017年9月15日(金)
From Hirorin

あそこは自分たちだけの溜まり場だと思っているサークルメンバーが多いのであんまり宣伝してもらいたくはないんですけど。
ところで、更新作業が終わったので明日のサクラクエスト全話鑑賞会に来ますか?

そうそうアマゾンの長文レビューは久々の傑作です。
まさかあれだけの文章が実は暗号であるとは思わないですよね。
読み解く方法を知っているサークルメーンバーには大うけでしたけど。

このページの最初に戻る

2017年9月15日(金)
From Takahashi

21時くらいには裏掲示板の更新が完了するのではないかと。
ちなみに裏掲示板については更新情報を載せていませんので。悪しからず。
今回は結構面白いはずです。
このページの最初に戻る

2017年9月14日(木)
From Hirorin

それにしても、あるようでなかったアテン小神殿の新しい平面図。
私も探してみましたけど、みんな柱の位置がおかしいというか柱がないものばかり。確かに。
それでも、見つからないから自分でそれを作ってしまうTakahashiさんは十分普通じゃないです。

変人のなせる業ですwww
と常識がある普通人である私は考えます。by 私
このページの最初に戻る

2017年9月14日(木)
From Takahashi

実測して作成したものではないので学術的なものには使用できませんけど基本的に使用フリーです。
誰でもご自由にどうぞ、と言ってもアレを使用する人など限られてきますけど。
それから数値が違っていても文句は言わないでくださいませ(笑)


アテン大神殿のページ更新終了。
ほぼ書き換えました。
当初に用意したものからは大幅にカットした説明になったけど、読み返すとやはりアマルナをソコソコやっていないと理解不能かも。
懸案だった第2塔門と旗竿の件はこれで一応の決着です。

このページの最初に戻る

2017年9月14日(木)
From Hirorin

うちのサークルの公式サイトもアテン小神殿の平面図をTakahashiさん版に更新しました。
ケンプ先生のバージョンが出るまではしばらくこの平面図が最新版となるわけですね。
このページの最初に戻る

2017年9月14日(木)
From Takahashi

昨日の更新、コメントなしでポンと載せましたけどわかった人も結構いたようですね。
とりあえず喜んでもらえたようでよかったです。
今日更にアマルナのページ更新をした後に裏サイド(遺跡サイド)の掲示板を更新させて終了です。
今回は裏掲示板も少し力を入れてやっていますので楽しみにしていてください。

昨日病院に行って今後は3か月ごとの受診でいいと言われました。
とりあえずは順調ということなんでしょう。
どっちにしてもやりたいことはやれるときにやっておくつもりです。
このページの最初に戻る

2017年9月13日(水)
From Takahashi

アテン小神殿のページ更新。ということで「小」です。
このページの最初に戻る

2017年9月13日(水)
From Hirorin

いよいよ本丸ですね。
ところで今日は「大」「小」どちらでしょうか?
このページの最初に戻る

2017年9月13日(水)
From Takahashi

アマルナ・大王宮のページ更新完了。
今日は22:00頃からもう1回更新を行う予定。
このページの最初に戻る

2017年9月12日(火)
From Hirorin

明日のサクラクエスト・ライブ鑑賞会に登場する再現料理はタイトルにちなみオベリスク料理となっています。
う~~んなんでしょうね。オベリスク料理って。
金串に刺さったお肉を焼いたものしか思いつかないのですが。
そういえば評判がよかった「凛々子特製 魔女の毒々スープ」
は名前を変えてサークル直営レストランの新メニューになるそうです。

サクラクエストの円盤、売れない売れないと言われていましたけど、ほかのタイトルはさらに悲惨な状況だそうで4桁を確保できたのであればまだマシなのだそうです。
五十歩百歩の世界ではありますけれどとりあえずよかったですね。

このページの最初に戻る

2017年9月12日(火)
From Hirorin

新ページは前座扱いですか。
今日からしばらくアマルナ祭ですね。
このページの最初に戻る

2017年9月12日(火)
From Takahashi

今日の更新終了。
残りは明日以降です。
とりあえず更新をかけました。
「初めて行く人が最低限知っておくべきもの」というサイトの縛りがあるので、当初作ったものの1/3から1/4のボリュームになりました。
このページの最初に戻る

2017年9月12日(火)
From Takahashi

遺跡サイドの更新を開始しました。
まずアマルナに1ページ追加。
今日もう1回アマルナを更新します。
このページの最初に戻る

2017年9月11日(月)
From Hirorin

ダメです。
というかもう出来上がっているじゃないですか!!
さっさと更新を始めてください。
このページの最初に戻る

2017年9月11日(月)
From Takahashi

当たり前ですけど文章を書くことにはまったく苦痛を感じませんが、書いた文章を削るというのは自分にとっては苦労する作業です。
内容をよくするとか面白くするというならともかく、ただ短くするために短くするなど普通はやりません。
・・・嘘です。字数制限で泣く泣く減量しています。Every Time!!
まさか自分のサイトでも大嫌いな減量をやらなければならないとは。
面白いはずもなく、当然作業は遅々として進まない。
もしかしたら永遠に更新できないかも(涙)
このページの最初に戻る

2017年9月10日(日)
From Takahashi

昨日1日遊んでしまい作業時間ゼロ。
今日も厳しい・・・ということで更新開始1週間くらい延期。
このページの最初に戻る

2017年9月8日(金)
From Hirorin

上空から撮ったアブシンベル神殿懐かしいですね。
アスワン~アブシンベル線は毎回アブシンベル空港に着陸する直前には乗客は左側に偏っていて右側に座っているのはガイドばかりでした。
あの様子を撮影した写真も面白いかもしれませんけど、船なら完全に転覆ものでした。
あんな状況で普通に飛ばしていたエジプト航空のパイロットさんはやはり腕がいいと思います。
旅行会社は色々理由をつけているみたいですけど、やっぱりアブシンベルまでは空路だと私も思います。
アメリカでのテロ以前は、かわいい女の子はコックピットに入れてもらって移動できました。
私・・・毎回選ばれるはずが1回だけでした。納得いきません。

このページの最初に戻る

2017年9月8日(金)
From Takahashi

最近のエジプトツアーはアスワン~アブシンベルは陸路がほとんど。
陸路は空路の6倍も時間がかかる。
そして、この光景は陸路では見られません。
以前のエジプトツアーなら普通に見られたものでしたけど。
せっかくの最初で最後のエジプトです。
これが見られるコースを選びませんか。

このページの最初に戻る

2017年9月8日(金)
From Takahashi

ペトラ遺跡で見たオベリスク。
モノクロの方がいい味出る気がしたので。


このページの最初に戻る

2017年9月7日(木)
From Hirorin

とりあえず、おかえりなさい。

サクラクエスト23話。
いや~~重い。重いです。
アニメどころかドラマでも扱えない重いテーマにきちんと向き合っているのはすごいです。
・・・売れなかったですけど。
もうすぐ最終回ですが、このままいって欲しいです。
ここまで丁寧に作りこんだのだからサヨナラ逆転満塁ホームラン的安っぽい終わりになって最終回つまらん伝説の列に加わることだけは避けてもらいたいものです。

それから、P.A.Worksさんからの、うちのサークルへのご褒美企画第・・・もう何弾になったんだろう。
次回のタイトルはオベリスク~~。
今週末のサクラクエスト全話鑑賞会も盛り上がりそうですね。
関係者のみなさんも招待したら来てくれますか??
OKなら何かサインを送ってください。なんて。

このページの最初に戻る

2017年9月7日(木)
From Takahashi

7月に放送されたブラタモリ。
弘前城の回で、解体整備中の石垣の石をタモリが動かすシーンがありました。
最初はタモリと近江アナと説明役のおじさんで動かそうとするのですがダメで助っ人4人とともにトライし見事に石を動かすというものでした。
実はこれ、ピラミッドの石材運搬に興味がある人が見たなら雄たけびを上げそうになるようなものすごい映像でした。

コロを使い、ソリに石を載せて運ぶ、それを人間が気合いの入れる歌を歌いながら綱で引っ張るというまさに古代エジプシャンスタイル。
しかも、そのソリもなんとなくどこぞの本に出てきそうな形。
紀元前2500年前のエジプトとほぼ同じ方法で石を動かしていた江戸時代の日本。
さらに!引っ張っていた石の重さは約2t!
それをたった7人(しかも7人のうち3人は素人で、1人は女性)で動かす。 
古代エジプトの石材運搬についての参考になりそう。
当然高いところまで積み上げるには傾斜路的なものを使用したのでしょうから、その角度(巷にあふれる限界角度打破もあり得るかも)も気になります。
古代エジプトでは推測的な要素が大きい石材運搬に要する人数も江戸時代のものならそれなりの資料がありそうだし。

このページの最初に戻る

2017年9月7日(木)
From Takahashi
元々遺跡サイドの掲示板に載せるつもりで書いていたのですが、どちらかと言えばこちら向きなので移動しました。

   
これ、クフのピラミッドの本来の入口にある碑文。
と言っても、碑文を見ればわかるとおりクフの時代のものではありません。
しかも、前半にある名前は見たことがない怪しげなもの。
自分が持っている資料には全く出て来ないので河江さんにメールしたところ、明確だがイマイチ面白くない答が返ってきた。
碑文の主はレプシウス氏。
怪しげな名前の主は彼の雇い主であるプロシア王フリードリヒ・ウィルヘルム4世などなどとのこと。
確かにそれならば考古学的には意味はないので自分が探したピラミッド関連本には載っていないのは当然というか、今エジプト学者がこんなことをやったら世界中から袋叩きにあってエジプトには生涯入国できなくなります。
ただ、初期の発掘者として名が通っているわけで、どこかで触れてもらいたかったと。
個人的にはアマルナの2号墓にあるあのレリーフではレプシウス氏にお世話になっているので特に。

このページの最初に戻る
2017年9月7日(木)
From Takahashi

それ本更新。
それ本2冊、アマルナ関連本1冊。
このページの最初に戻る

2017年9月6日(水)
From Hirorin

ハードル上げるなとか言っておきながらずいぶん大きくでましたw
アマルナ好きというのは自分のことを言っているような。

「ARIA The AVVENIRE」鑑賞会ですが、持っていった大判のタオルが大活躍~~最初から涙腺崩壊でしたけど、やっぱり河井さんの歌は特にズルいですよね。
本当は3つに分かれているが正しいのですけど、1つになった今回のが実は正しいのではないかと思えてくるのが不思議ですよね。
順番も含めて。
今回の1つにまとまっているものを販売したのが間違いではなく、BDボックスの特典として切り売りした方が間違っていたように思えます。やっぱり。
本当によかったです。

このページの最初に戻る

2017年9月6日(水)
From Takahashi

お久しぶりです。
今週末から裏サイト(遺跡サイド)の更新を始めます。
いくつか新しいページを追加します。
それから予告します。
アマルナ好きにはきっと宝物になるであろうものを用意しました。
お楽しみに。
その前に、まず明日からこっち側を更新します。

このページの最初に戻る

2017年9月5日(火)
From Hirorin

ここを更新して確認しようとしたらトップページの背景が変わっていた~~~。
私に断りもなく!・・・私がオーナーではないですけど。
これは前フリ?いよいよ更新が始まる。のかもしれません。
このページの最初に戻る

2017年9月5日(火)
From Hirorin

某所で「ARIA The AVVENIRE」鑑賞会開催が急遽決定という連絡が緊急連絡網で回ってきました・・・。
まあいつものところですし、いつものことです。
今回はベネチアですからシェフさんにとってはホームです。
私は娘とともに1回目に参加して美味しいイタリアンを堪能する予定です。

このページの最初に戻る

2017年9月4日(月)
From Hirorin

Takahashiさんはココを本当に見ていなかったらしく今頃になって「なにハードルを上げているんだ!」とお怒りメール。
遅いですよ~~ここまで更新作業が遅くなった方が悪いんです。
Marinさんの分も含めて日ごろの恨み、ではなく感謝の気持ちをこめてドンドン上げちゃいますよ~~~。

このページの最初に戻る

2017年9月3日(日)
From Hirorin

作業はほぼ終了したので今週中に更新を始められそうとのことです。
こっちに出て来ないくらい真面目にやっていると思ったら作業時間14時間/日って・・・。
次回のサクラクエスト全話鑑賞会には顔を出したいと言っておりました。
このページの最初に戻る

2017年9月3日(日)
From Hirorin

おなかがすいたと大騒ぎする娘のまりんとMarinさんともうひとりの声で永遠の眠りから覚め人型棺から無事出て来られました。
しかし、3人はMarinさんが作る朝食・・・う~悔しいけど私のより少しだけレベルが上でちょっとだけ豪華だったらしい・・・を食べ終わっていた!
「私への供物は??」
「ない」
「ヒヨリンは自分で作ればいいじゃん」
「そうだ!そうだ!!」
このまま黙っていては示しがつかないので、最後の一人にタップリお仕置きをしました。

このページの最初に戻る

2017年9月2日(土)
From Hirorin

どこで探してきたのか?ファラオ寝袋。
Marinさんがまた我が家におかしなグッズを持ち込みました。
これで寝るのは・・・なんか人型棺に入るような・・・ってか、寝るの私ですかぁ~~~~~~。
こんなのを売っている店があるんですね・・・P.Aさんもよく知っていましたよね。こんなものがあることを。

うぅ~~明日太陽を拝めることを祈りながら寝ます。
このページの最初に戻る

2017年9月2日(土)
From Hirorin

鑑賞会終了~~~。
毎週毎週長くなっていくこのサクラクエスト鑑賞会。
今日は子供たちも含めれば50人超。
ということで、来週も開かれます「サクラクエスト全話鑑賞会」・・・たぶん8時間~9時間くらいで、ランチ&ディナー+おやつ×2回付。
10時スタートらしいです。スゴっ

大事なことを忘れていました。

娘とドラえもんコスプレのMarinさんと3人で見ました昨日のドラえもん!!
エジプトの風が吹いています!!
う~ん昨日こそ鑑賞会やってもらいたかったです。
いいお年のおじさんおばさんが集まってドラえもんを集団で凝視する画が見たかったです。
・・・私もそこに入るわけですけど。
まぁ色々ツッコミどころ満載でしたけど、みんな大目に見たようで高評価ばかりでした。
このページの最初に戻る

2017年9月2日(土)
From Hirorin

今週もやります!
「サクラクエスト全話鑑賞会」ただいま開催中。

P.A.Worksさんからうちのサークルへのご褒美(自称)で22話でもエジプト絡みのグッズが再び登場しました。
・・・ファラオ寝袋wwww。
どこで聞きつけたのか最近はサークル関係者以外でも飛び入り参加がポツポツいます。
そして、今日は遂に「本日貸し切り サクラクエスト友の会 様」などというP.Aさんが泣いて喜ぶような看板まで入口に出されてしまいました。
ちなみに、サクラクエストの円盤ケース(1巻でも2巻でもOKです)がパス代わりなので次回希望者は必ず持参のこと。

このページの最初に戻る

2017年8月30日(水)
From Hirorin

ツアーレビューに1本追加しました。
河江 肖剰さんが同行するレクチャーツアーです。
このページの最初に戻る

2017年8月30日(水)
From Hirorin

私が娘の宿題をやっているというのに、アホのまぁ~は今晩もサクラクエスト鑑賞会に参加するという。
しか~し、気持ちよく帰ってきても家の周りには各種お仕置きトラップが張り巡らされているので、まぁ~は家に入れません。
玄関前で泣いて朝を迎えなさい。
このページの最初に戻る

2017年8月28日(月)
From Hirorin

Takahashiさん、本当に作図していたみたいです。
しかも、2日でほぼ完了。
見本を見ましたけど今出回っているものとあまりにも違うので作った本人もさすがに不安になって先生のところに確認を出したみたいです。
先生の修正が入ってから出すことになりそうですけど、これが出たらあっちこっちで使いまわしされるでしょうね。きっと。


週末恒例サクラクエスト鑑賞会無事終了。
「肉、肉、野菜~」「いや、肉、肉、肉じゃ」と大騒ぎ。
どうせ私は花より団子です。
なんかサクラクエストは3巻目では遂に3桁に突入しそうな売り上げ大失速状態だそうです。
しか~~し、世間様とは隔絶した世界に住む我がサークル内ではいまだ圧倒的な人気を誇っています。
P.A.Worksさんからそのうち表彰されるのではないかと思うくらいの盛り上がりです。
こんなことなら、この前富山に行ったときに表敬訪問してくればよかったのにと思うのは私でしょうか。
サークル直営レストランが「P.A.Works認定レストラン」になったかもしれないのに惜しいことをしました。

このページの最初に戻る

2017年8月27日(日)
From Hirorin

そろそろサイト版の更新されるはずが・・・延期の連絡。
追加したい資料が出てきたのでということです。
最悪自分で作図しなければならんということなのですが、これまでの例でいけば1週間は覚悟かもです。
いつもの、面倒くさい“用”とか眠たい“用”とかいうサボリでないようなのが救いです。


さて、そうなるだろうとは思っていましたが、その季節がやってきました。
追い込みです!手つかずの夏休みの宿題!!

私「なんで全然やっていないの?」
主犯「大丈夫だよ!絶対間に合うよ!がんばれヒヨリン」
首謀者「そうだよ!がんばれHirorin。まあ去年は3日前に気がついたんだから進歩とも言えるね」
私「ママはやりません」
首謀者「ママだって。プフっ」
主犯「もしかして、ママ(こういう時だけ使用)は小学校の問題が解けないの?」
首謀者「そうだよ。きっと。バカだからね。Hirorinは」
私「失礼ね。できるわよ。私にかかればあっと言う間に終了よ」
主犯&首謀者「へ~」
私「なによ!明日中に終わらせてみせるから。まかせなさい!」
主犯「ありがとう。まりんはママを信用しているよ」と小さくガッツポーズ。
首謀者「よ~し。これで安心して2人でプールにいけるね」
主犯「うん。明日“も”いっぱい遊ぼうね。おねえちゃん」
私「しまった」

これが昨晩の会話。
ちなみに主犯と首謀者はどういうわけか同名であり、後者は前者の宿題の手伝いをすると言って夏休み中我が家にずっと入り浸っていた。
それから、これは非常に重要なことですが、主犯は首謀者を「おねえちゃん」などと呼んでいすまけど、私より首謀者はず~~~~と年上です。
ということで、悪逆非道な二人組の罠にハマった私は娘の宿題をやらされることになった。今年も!!
ここは普段まったく役に立たないまぁにもやらせるところなのですが、このいうときにもやっぱりまぁ~は役に立たない!お仕置きだぁ~~。
ということで宿題を始めます。
おわり。

このページの最初に戻る

2017年8月25日(金)
From Hirorin

先ほどからパイロット版のサークル会員向け配布が開始されました。
「Gate Open」です。
このページの最初に戻る

2017年8月22日(火)
From Hirorin

「偉い人のご機嫌取りとはいかにも媚びへつらいが得意なお前らしい」
などという失礼なメール。
偉い人だけに気を遣うなどということはありませんが、防衛隊の
ご機嫌取りだけはしません!!
このページの最初に戻る

2017年8月22日(火)
From Hirorin

Takahashiさんから修正版が送られてきました。
「短くしたし、前回より500%穏便な表現に変えた。完璧だ」という本人のコメントですが、相変わらず長いです。
しかも、前回よりも内容も表現も穏便にはなっていますけど・・・前回のがあまりにも過激すぎたのであって今回がソフトというわけではなくどう読んでも明らかに喧嘩を高く売りつけているような内容なので・・・。
当然ボツです。
うちのサークル用のものならいいですけど、最近はここもサークル関係者以外もかなり見ているし、とんでもなく偉い人も見ているので、内容にも表現にも気を使わなかくてはいけません。

ここは心を鬼にしてこの私が頑張ります。

このページの最初に戻る

2017年8月22日(火)
From Hirorin

今日も元気に「みら~~いと~~し。008~~」と歌っていたら、
社長さんが「それどっかで聞いたことがあるな」と食いついてきたので親切丁寧な説明をしてあげました。
調子に乗ってマイティジャックの歌も披露したら、こっちは「知ってるぞ。観てたから」と。ナイス!!
というわけで3時のおやつには一緒に歌いました。
こんなことやっていても潰れないのだからうちの会社は偉大です。

今週末は急遽夏スペPart2の開催が決定・・・らしいです・・・至急回覧メールで・・・う~んよく会場確保できたと驚いてしまいますが雨なんか降られたら悲惨です。今回は野外ですから。
エジプトサークルなのに、なぜかエジプト関連の行事なしって、もしかして単なる飲み会ってことですよね??
まぁ子供たちも参加OKなので、会員と家族は参加料無料だから食費を浮かせるために家族全員で行きますけど。
サクラクエスト全話鑑賞会(いったい何回目だろう・・・そろそろセリフを覚えそうw)とマイティジャック鑑賞会だそうです。
「空中都市008」はDVDがないそうです。残念。
また大勢が集まりそう・・・旭川からあの人が参加するとなっているし。
その頃にはTakahashiさんも更新が終わってるだろうから現れそうだし。楽しみ~~。
でも、防衛隊は来なくていいです。というか来るな!!

このページの最初に戻る

2017年8月21日(月)
From Hirorin

家に帰ってきたらすごいのが届いていました。
相手はTakahashiさん。
ここに載せる見本ということでしたが、びっしり40行over。
10行以下というここの基準を考えれば長い!ひたすら長い。見ただけで読む気を失わせるその長さ!
中身はもちろんアニメではなくエジプト関連。
少し本気を出して書くとなが~~くなっちゃうんですよね。
もちろん正真正銘の本気文章は売り物なのでそうそう出て来ないでしょうけど結構本気ぽかったです。
しかも相変わらず1文が長いくて()が多用されているので読みにくさは天下一品みたいな・・・自分で本当に読み直しているんでしょうか。もしかして校正が入るから大丈夫だとか思ってませんか~~。
とりあえず長すぎるので前半だけにしましょうと提案しておきました。
その後更新されるらしい本体ですがサークルメンバーに配布されたパイロット版だと手抜きなしだったのですが、その分更新ページが現在の5倍くらいになっていました。
どこまで減量したものをあげてくるのか少し興味があります。
Takahashiさんが考える「初めて遺跡を訪れる人にとっての最低限必要な情報」とやらが楽しみです。
ほぼ本人いわく字句の訂正が残っているだけで中身は完成しているそうなので今日は無理でも明日の夜から更新が始まるのではないかと。
いよいよです。楽しみですね。
このページの最初に戻る

2017年8月21日(月)
From Hirorin

おはようございます。
昨日の動画の件ですが、「新たな黒歴史発見!!さあ耳を塞いで括目せよ」ってなんですか。
だいたい黒歴史でもないですし、というか黒歴史なんか私の人生には存在しません。
それに歌を歌う動画を観るのに耳を塞いでどうするんですか??
馬鹿ですか?馬鹿ですよね?防衛隊って。
それから言っておきますけど、私だってカラオケ付きだったらMarinさんくらいは歌えたんですからね。
いやいやMarinさんより上手に歌える自信があります。
ということで、「みら~~いと~~し。008~8~008」と歌いながら会社に行きます。
会社でも歌ってます。
「008~~行ってきま~~す」

このページの最初に戻る

2017年8月20日(日)
From Hirorin

もうもう本当にひどい目に遭いました。
みんなで歌うから歌詞を覚えてこいという話だったのに、いつのまにか私一人で歌うことになって・・・しかも、アカペラと言いながらカラオケなし。
私は歌手じゃないので当然そんなに上手じゃないですし、008は音域が広いので確かにちゃんと歌えませんでしたけど、みんなで大笑いすることもないと思いませんか!!
しかも、私の後に歌ったMarinさんの時だけカラオケ付きってどうみても差別ですよね。
とりあえずなんとか「008」と「マイティジャック」を歌い終わって席に戻った私に、娘のまりんは一言「ひよりん、本当に歌下手だね」と。
さすがにまりんには何もしませんでしたけど、娘の言葉にうれしそうに頷いたまぁ~には脳天直撃のお礼を二人分拳でお見舞いしました。
娘の心無い言葉に深く傷つきヒットポイント大幅に下げた私に追い打ちをかけるようにMarinさんが「まりんちゃん(ちなみに、娘のまりんはMarinさんが自分の愛称から勝手に命名し、アホのまぁ~が私の許しもなく承諾した)違うよ、そういうのは音痴っていうんだよ。Hirorinは音痴なんだよ.」と音痴な自分のことを棚に上げて余計なことを吹き込むと、なぜか私よりMarinさんの言うことにきく娘は「ひよりん、音痴」。
こうしてヒットポイントがゼロになった私は目の前にあるものをすべて食べ尽くしなんとか回復したのですけど、私の悲劇はまだ続いていました。
Marin防衛隊の暇人たちが私が歌っているところも撮影して防衛隊のサイトでそれを素早くアップして公開処刑を始めた!!
しか~~~も、「お金を払わないなら顔出し厳禁」と言ったら、顔だけブタさんになっているし!!そんな加工技術はいらない!!そんな技術があるなら他で使え~~~~。
それはどういうものかというと、私のほんの少しだけ外れた歌に合わせてブタさんの口がパクパク。あまりにも!あまりにも間抜けが動画ではありませんか!!おのれ!防衛隊。必ず粛清してやる!!
とりあえず、動画を観て笑ったまぁ~にたっぷりお仕置きをしてから今日は寝ます!!
でも、「008」は気持ちよく歌えました。「みら~~いとし。008、008・・・」いい歌です。
このページの最初に戻る

2017年8月19日(土)
From Hirorin

ダリアンは「ダンタリアンの書架」のダリアンだそうです。
幻書の話でしたっけ?私はこれを読んでいないのでわかりません。
サークル会長の一言で明日は参加者全員でマイティジャックを歌うことになりました。
・・・008はキーが高すぎて歌えないからということみたいです。
明日、会長さんは「マイティジャックの秘密基地」なるものを持ってくるそうですが、私には想像もできない代物であることだけはわかります。

このページの最初に戻る

2017年8月19日(土)
From Hirorin

明日のサクラクエスト鑑賞ランチ会は大荒れ?確実っぽいです。
明日は出番がないはずのMarinさんが「008」を歌うと言っているし・・・そうなるど、私も娘のまりんと一緒に歌わされそう・・・忌まわしき赤いメイド服だけは回避したいです。
Marinさんが歌うなどと余計なことを言うものだから防衛隊が大量動員をかけて狭いお店がすし詰め状態になりそう・・・急遽広い会場を借りれば解決しそうですけど、そうなるとサクラクエストの再現料理が食べられないくなるし。
ただ、私は明日は仕切りをやらなくてもいいので食べる専門です。
食べるぞ~~イタリアン風味の60年代の学校給食!!
「ダリアンが大好きな砂糖たっぷりの揚げパン」も出るとのこと・・・また新しい固有名詞が登場しましたけど、どこかのダリアンさんでなくても砂糖タップリの揚げパンは女の子の大好物ですよね。

「008、008」・・・とりあえずガンバロ~
このページの最初に戻る

2017年8月19日(土)
From Hirorin

書いた私が悪かったとも言えるのですけど、現在サークルと防衛隊の掲示板は祭り状態。
閉鎖空間の住人たちなので他に拡散して世間様に迷惑をかけることはないはずですが、「008」と「マイティージャック」が大盛り上がり。
しかも、いつもなら防衛隊を相手にしないサークル幹部たちが防衛隊の掲示板に乗り込んでいるし。
サークル幹部連はどうやらリアルタイムで両方とも視聴していたようで妙に詳しく、さすがの防衛隊員も押され気味・・・ちなみに「マイティジャック」はスカパーで放送しているとのこと。
でも、本当にいいです。「みらいと~し。008・008・・・」
来週から職場でも口ずさみそう。
それから、何度も、な~~んども書いていますけど、うちのサークルは古代エジプト好きの集まりでアニメや特撮好きの集まりなどではありません。念のため。
このページの最初に戻る

2017年8月18日(金)
From Hirorin

いや~~見つけましたよ。「空中都市008」
この歌クセになります。
Marinさんのことを笑っていましたが、私もずっと「008、008・・・」を連呼してしまいます。
これを歌っているのが誰かは知りませんけど、これをピッチも変えずにファルセットなしで歌える人はそういないような・・・。
イントロとか古さを感じますけど、いかにも誰かさんが好きそうなアレンジです。フランジャー処理とかwww.
マイティジャックの方もいいですけど、やはり「みらいと~~し。008、008~~」です。
今日はいいものを発見しました。

これのCDも探してもみよ~っと。
Marinさんと娘のまりんと3人で「008、008~」を合唱いやいや連呼しているこの私。
このページの最初に戻る

2017年8月18日(金)
From Hirorin

「オロカモノメ MJハ マイティジャックニ キマッテイルデハナイカ 008ハ クウチュウトシ008デアル コノヨウナ ジョウシキスラ シラナイ オマエゴトキニ キカセルノハ モッタイナイガ トミタイサオセンセイガ サッキョクシタモノデアルノデ ココロシテ ハイチョウセヨ Marinボウエイタイイチドウ」
さすがは平均年齢が高いMarin防衛隊。
ちらっと調べたら古すぎでしょう。こんな古いものは私は知りません!!!!若いから。私。それから肥ってもいませんから。標準です。普通です。念のため。


Takahashiさんが、そんなものまで聴いているとはちょっと驚き。
娘のまりんと宿題を手伝うと言って毎日遊びにきているMarinさんが昼寝したら探してみます。
ちなみにMarinさんは両方とも知っていて歌ってくれましたが、それが正しいのかはわかりません。
「はるかとおくのちせいせん・・・みらいと~~し 008 008・・・」ってやってましたけど、それじゃ空中都市じゃなくて未来都市になっちゃいますよね。
このページの最初に戻る

2017年8月17日(木)
From Hirorin

サクラクエスト20話、相変わらず努力の割には得るものが少ない話になっているのですが、うちのサークルの人たちにはそこがウケているようです。
「毎回毎回逆転満塁ホームランでケリをつけるアニメを喜んで観ているのはガキばかりだ~~」と昨晩も散々やっていたそうですが、
そのうちアルコールがいいように回ったのか「そういうヤツは名探偵コナンでも観ていろ」「いやアンパンマンだ」「いや水戸黄門だ」と言い出す始末(参加したまぁの話)。
・・・コナンとアンパンマンはともかく、水戸黄門はないですよね。
ちなみに、昨晩は「凛々子姫の毒々スープ」「C特製 地味に美味しいカブラあんかけ」が登場したそうです。
そして、次回は60年代の学校給食を再現すると予告まであったそうな。・・・せめて70年代のでお願いしたいです。私としては。
サクラクエスト狂いのこのイタリアンシェフが作る学校給食はちょっと期待してしまいます。
このページの最初に戻る

2017年8月17日(木)
From Hirorin
悲報!昨晩データが吹き飛んだというメール。
これでさらに数日は復帰が遅くなりそうな気配。
「初めてアマルナに行く人のためのガイドブック」というコンセプトをうっかり忘れそうになったので修正していたところ事故に遭ったそうで。
私から言わせればすでに十分コースアウトしているのでそのままアップすればいいと思うのですが、こだわりの人ですから・・・。
とりあえず肝心の部分がすっかり消えて最初からやり直しだそうです。
「MJ」と「008」を聴きながら直すとか書いてありますけど・・・???なんでしょうね。「008」はサイボーグ009に出てくる人のことでしょうか。
というか「一番の贈り物」はどうなったんでしょうか?
富山でMarinさんが甘ったるい声で歌った「一番の贈り物」を聴かせられてからこの歌が耳から離れなくなったんですけど。私。
このページの最初に戻る
2017年8月16日(水)
From Hirorin

今日は某所で密造されたオシャカルトサブレが食べられるレストランでランチします。
常連だけに振る舞われるらしいサクラクエスト再現レシピ・・・楽しみです。

「C.O.A(The City of Akhenaten)を読むべし」というTakahashiさんからの指令書。
読めません。持ってないから。そんなんもの個人で持っている人そうそういません。

このページの最初に戻る

2017年8月14日(月)
From Hirorin

なんかTakahashiさん、ここよりも先にアマゾンのレビューを書いていました。
しかもアニメ・・・サクラクエストですけど。
「気持ちよく書いていますね~~ついでにこっちも書いたらどうですか?」と嫌味メールをしたら、「ケンプ先生から質問の返信があり修正する部分ができたのでもう少しかかる」と。
真面目にやっているみたいです。

このページの最初に戻る

2017年8月14日(月)
From Hirorin

富山での夏スペで話題になったのが、Z・ハワスの講演会。
と言っても中身ではなく、宣伝の方。
ハワスの肩書に「考古相大臣」があって、こういうことが大好きなサークル関係者はサハラ砂漠、ゲジラ島に続くエジプシャンジョークと大喜び。


ところで、富山のそうめんってなんで丸まって売られているのでしょうね。と買ってきたそうめんを食べながら。

うちのサークルは今週もライブ(=深夜)で、サクラクエスト鑑賞会が実施されます。
今週はどんな料理が出るか楽しみ・・・アニメで?いやいや鑑賞会の方で。

なんか、私もTakahashiさんに影響されて最近文章に()が多くなってきたような。気をつけよ~っと。
一文が長い!難解!()が多い!これ全部Takahashiさんの専売特許w
このページの最初に戻る

2017年8月14日(月)
From Hirorin

夏スペに参加できなかった防衛隊員に朗報です。
Marinさんのミニコンサート(宴会でMarinさんが歌っただけですけど、Marinさんが娘のまりんの宿題を手伝ってくれているのでそう書きます)を防衛隊のサイトでも観られることになりました。
そんなに観たいものですか~~~私にはさっぱり理解できません。
とりあえず、約2時間・・・演奏は確かにいいのですけど、肝心のMarinさんの声がとにかく甘ったるくて、真夏の炎天下で濃度150%の砂糖水を飲まされるような苦痛。
防衛隊員って、本当は全員肉体的苦痛を快感と思う変わった体質の持ち主ではないかと疑ってしまいます。
やはりMarinさんのコスプレが目当てなのでしょうか。
今回は会場が富山ということで、P.A.Works関連のアニメキャラのオンパレード。着替え3回→そんなにいらない!!
Marinさんの歌にもコスプレにも興味のない私と娘のまりん+多くの子供たちは食べる方が大忙しでした。
「間野山よろこぶそうめん シチリアの風に乗せて」は絶品でしたが、子供たちにはやはり甘々の「イタリアンフレンチトーストFor Kids」が一番人気でした。
まぁ~は、「イタリアンボルシチ 間野山そうめん添え」がお気に入りだったようです。
そのまぁ~ですが、タダ酒だと思って1年分をここで飲もうとしてだらしなく酔っぱらい、いつものように聞く価値などまったくないウンチク(単なる能書きですが、本人はタメになるウンチクであるとガンとして譲らない)を垂れ始めたので、「どこがイタリアンなの?」と質問をして黙らせました。正義は勝つ!私勝利。
サークル専属シェフは富山まで来て仕事をさせられると思っていなかったでしょうが、とりあえずお疲れさまでした。
サークル会員の多くが初富山でしたが、これもみ~~んなサクラクエストのおかげです。

このページの最初に戻る

2017年8月14日(月)
From Hirorin

富山で行われたサークルのイベント用に続いて、Takahashiさんからページ更新のパイロット版が送られてきました。
「まだ直す」そうですけど、更新前のページと比べるとかなり変わっています。
予定の8月12日から遅れていますが、待つだけのものが見られそうです。
このページの最初に戻る

2017年8月11日(金)
From Takahashi
Thank you Hiroko.
I Have Control again.
From Today.
From Takahashi To Hiroko
.
このページの最初に戻る
2017年8月9日(水)
From Hirorin

Y.H.C.From 10/08/2017
To Mr.Takahashi From Hiroko T
このページの最初に戻る

2017年8月8日(火)
From Hirorin

先日、サークルの夏スペでお世話になった間野山(南砺市)を台風が通過・・・大丈夫だったのでしょうか。
私の中では北陸=涼しい=避暑というイメージでしたが、夏スペの時は暑かったです。
娘のまりんは、行きに新幹線、帰りは飛行機を初体験で、大喜び。
「ヒヨリン(私)、おうちはどこ?」・・・見えませんがな。というかもう小学生なんだからその言い方はやめなさい。
それ比べて、だらしがないのがチキン男まぁ~で、行きは知りもしないくせに新幹線や富山のウンチクを垂れていたものの、帰りは飛行機は落ちるものと思い込んで通路側の席で青くなってブルブル震えていました。
CAさんに「墜落しませんよね」などと聞いて失笑されるし、あ~~~いと恥ずかし!!
思わず他人になってしまいました。
当然、帰宅後タップリお仕置き。

イベント後のアレの方は、いつも通りではなくサクラクエストでの禁止ワードである“普通”の宴会で、富山の人に迷惑をかけることなく無事終了しました。
Marinさんは地元のP.Aに敬意を表して「一番の宝物」と「灼け落ちぬ翼」も歌いました。
どうしようもないくらい甘ったるい声でしたが、いつもより上手く聞こえました。・・・かなり練習したっぽいです。
リアル桜池には感動しましたが、直後まりんを連れたまぁ~が迷子になったおかげでPAの社屋に行きそびれた私。というか私だけ行けなかった!!
しかも、どういうわけかみんなに私が迷子になったことにされた・・・納得できないです。

このページの最初に戻る

2017年7月28日(金)
From Hirorin

Takahashiさんから「一番の宝物」を1000回聴いて戻ってくるというメールが届きました
このページの最初に戻る

2017年7月24日(月)
From Hirorin

こんな時ですけどサクラクエスト。
次回タイトルはスフィンクス!
さっぱり売れない円盤をうちのサークル関係者だけで31枚購入したご褒美でしょうか。
このページの最初に戻る

2017年7月4日(火)
From Takahashi

日曜日、11年付き合ったパートナーが死にました。
その瞬間に立ち会ったはずなのに信じられないというか信じたくないという気持ちです。
気持ちの整理がつくまで少々時間がかかりそうです。

このページの最初に戻る

2017年7月1日(土)
From Hirorin

もうすぐですね~~サークルの夏スペ。
サクラクエスト13話同様宿泊は富山市ばかり。
もちろん間野山(
南砺市)観光はする予定ですけど。
そして、今週も行います!!
サークル直営レストランでのサクラクエスト全13話鑑賞会。
単に、レストランシェフが自分が作ったサクラクエスト再現料理を食べさせたいだけなのですが、出来も悪いが稼ぎも悪いまぁ~一家にとっては一食分浮くので助かります。

凛々子女史特製魔女の毒々スープ、アンジェリカ秘伝おみくじ付きリゾットなど先日登場した新作も出るそうです。
このページの最初に戻る

2017年6月30日(金)
From Takahashi

最近出たサクラクエストのレビューと自分が載せたアマゾンでのコメントが表現まで非常に似ており同一人物かという質問がきましたが違います。
サクラクエストに関しては仕事としてレビューを載せたことはありません、念のため。
このページの最初に戻る

2017年6月30日(金)
From Takahashi

BS11での放送も終わったのでサクラクエスト13.
町おこしイベントの失敗例をそのまま披露したような回でした。
子供が喜ぶ陳腐なアニメ(ジャニタレが主演する映画やドラマも)なら失敗しかかったところで主人公の活躍によるどんでん返しを最後に食らわせるところで、予告編を観た時にはいやな予感をしたのですが、非常によいです。
ただ、国王たちのような繊細な心を持った人はそうそういませんけど・・・そういう意味では会長の感覚が普通です。
サクラクエストは大人向けアニメへ向かうのでした。

このページの最初に戻る

2017年6月28日(水)
From Hirorin

今日は新作が出るそうですよ。
私は娘がいるので参加できないのに、生意気にもまぁは参加するというメール。
しかも、家に戻らずレストランに直行!!
帰ってきても家に入れない。
このページの最初に戻る

2017年6月28日(水)
From Takahashi

サクラクエスト13話。
遂に今晩某エジプトサークルは東京チーム直営レストランに集合してライブでTV鑑賞会を行うとのこと・・・24時からなんですよね。
自分にもお誘いはあり、プロが作るそうめん入りボルシチやフレンチトーストは食べたいが、当然終電に間に合わず朝帰り確定なので諦めます。
自家製(と言ってもレトルトだが)ボルシチにそうめんをのせてものを食べながら観ます。
本当にこのアニメが不人気なのか疑いたくなるようなこの盛り上がり。
それとも、この現象は自分の周り限定?
それにしても、某エジプトサークルは看板書き換えをした方がいいのではないかと(笑)

このページの最初に戻る

2017年6月28日(水)
From Hirorin

「The Score」「Machine Messiah」
この2曲・・・延々と続くソロの応酬。

なるほど、これは好きそうですね。
さすがにこれだけ長いソロパートがあるアニソンはないですよね。
エマーソン、レイク&パウエル・・・3人ともヴァルハラの住人なんですね。
このページの最初に戻る

2017年6月26日(月)
From Takahashi

Yesの「ドラマ」と「ニセELP」と真正ELPファンが言うエマーソン、レイク&パウエルの同名アルバムが2曲ピックアップして聴きながらやっています。
この2枚のアルバムはコアなファンから非常に評判が悪く(ELPの場合は更に世紀の傑作「ラブビーチ」がその上に君臨しているが)、そんなのを聴いているとはお前も落ちたなと言われそうですが、精神衛生上金太郎飴のようなアニソンを聴くより100倍いいです。
ちなみに「The Score」「Machine Messiah」です。


追加
「ドラマ」も「エマーソン、レイク&パウエル」もアマゾンでは評価高いですよというご注進あり。
自分も確認したらそうなっているが、なにしろあの真正ELPファンにとっては黒歴史以外何物でもない「ラブビーチ」でさえ高評価なのだから・・・。
あそこで高評価をつけている連中はイエスなら「Owner Of A Lonely Heart」から入ったファン、ELPならエイジアからの遡ったに違いない。

ついでに書けば、自分は再結成以後アルバムはELPの作品とは思っていない。
このページの最初に戻る

2017年6月26日(月)
From Takahashi

知り合いにアマルナ早回り1日観光のプランを送ったのでついでにここでも公開。
作ったけれども、自分はこれでは絶対行かないです。
自分の場合、アマルナは3日ないし4日で観ます。

設定:9時アマルナ着/16時アマルナ発。陸路でアマルナイン。
09:00~09:15 ステラX
09:25~09:40 チケット購入 W.C
09:45~10:05 北の墳墓群(6墓)
10:10~10:15 ステラU
10:25~11:25 アクエンアテン王墓 27~29号墓
11:35~12:35 ビジターセンター 昼食
12:45~14:15 南の墳墓群(9墓)
14:30~15:30 トトメスの工房跡 アテン大神殿 大王宮 アテン小神殿 休憩(タマルヒンディ)
15:35~15:45 北の宮殿
15:50~15:55 ノースリバーサイドパレス
※陸路の場合、アマルナへの入口近くの崖にあるステラXを見るべき、ただし、帰りは疲れて飛ばすことになるので最初に行くのがいい。
※ビジターセンターはアマルナ中心部を観光する前に行くといい。
※南の墳墓群は、25号墓→7号墓の順で観ることになるが帰りはかなり歩く。
※アマルナ中心部にある貴族の家は地図持参でないと厳しい。

このページの最初に戻る

2017年6月26日(月)
From Takahashi

グローバルユースビューローと朝日旅行から旅行パンフレットが届きました。
が、利用航空会はカタール航空、ということは封鎖を強硬突破、というこでとはなく、印刷してしまったのでそのまま発送したというところでしょうか。
個人的には、やはりグローバルの内容が上と見た。
クフ王のピラミッド、王妃の間と地下の間に行けるのは魅力でしょう。

このページの最初に戻る

2017年6月26日(月)
From Hirorin

おかしくないです。
正統な報酬だと思います。キッパリ!!
それから、そのやさしい人たちが困るでしょうから交通費も多少色をつけて支払った方がいいと思います。
3人・・・4人になるかも。
このページの最初に戻る

2017年6月26日(月)
From Takahashi

留守番のアテができたので7月2日、和光市に行けそう。
久々の、20年ぶりに埼玉の土を踏むということになりそうです。
・・・前回は忠七飯を食べに二葉に行って、長瀞で舟に乗った。
和光市というのは何があるのだろう?
そんなにフラフラできないだろうけど。
それにしても、日当+3食+豪華お土産とはチト高いと思う。留守番の駄賃としては。しかも2人、いやいや3人!!おかしいだろう。

このページの最初に戻る

2017年6月25日(日)
From Takahashi

2人の人からほぼ同じ内容の質問がきました。
「ギザの大スフィンクスはなぜひとつなのか」
「ギザの大スフィンクスの対になるもう一体はどこにあるのか」
一見すると違うものなのですが、根底には同じものがあります。
とりあえず、後者にだけ答えると「ありません」
また、どこぞのオカルト企画で取りあえげられた可能性がありますが、ないものはないです。
念には念を入れて、「今のところ発見されていません」としておきましょうか。
ただ、古代エジプトでスフィンクスが建物の入口に対してどのような位置に配置されているかよく見ることをオススメします。

気に入らなければ、オカルト嫌いな自分よりはるかにオカルトや超古代文明に理解がある河江さんに質問することをおすすめします。
スフィンクスについても知識も格段にあるだろうし。

このページの最初に戻る

2017年6月23日(金)
From Takahashi
「古代エジプトを学ぶ: 通史と10のテーマから」を読むべしというメール。
アマゾンで検索したら☆1つ。
覚えはないが自分がレビューしたのかと思ったら別の人だった。
思わず読んだが、チト長い。
言いたいことがたくさんあるようだけど、それでも長い。
自分も普段「一文が長く難解。どの年代が読むものか考えろ」と言われているので、アマゾンでレビューをするときには気をつけているけど改めて。
ただし、このレビュアーが言いたいことには大いに賛同します。
日本のエジプト学者が書く本は、本人が書きたいもの(出版社の意向というものが強く影響するのは知っているが)と、読者が読みたいというか期待するものが地平線のかなたくらい離れている。
自分のような病的な遺跡マニアの場合は、最新の情報を入れた遺跡ガイドのようなものだが、たいていは体験談かエッセイのようなものばかり。
だから、自分が大嫌いな「古代エジプトうんちく図鑑」が浮沈艦か難攻不落の要塞のようにベストセラーであり続け、アマゾンの「古代エジプト史」部門で延々とトップに君臨しているのでしょう。
あの程度の内容でベストセラーになるのだから、資料もあるし知識も豊富なのだからもっといいものが書けるでしょうに。

誰かが「古代エジプトうんちく図鑑」を粉砕するような本を書いてくれたら、喜んで☆5つをつけて賛辞満載のレビューを書きます。
このページの最初に戻る
2017年6月22日(木)
From Takahashi

でも、いつも混んでいる。
このページの最初に戻る

2017年6月22日(木)
From Hirorin
うちのサークル直営(本当は会員がオーナーというだけです)某イタリアンレストランはプトレマイオスセットを出すそうです。
ソ~メン入りボルシチ&フレンチトーストにオシャカルトサブレがつくという。
ただ、イタリアンに無縁なこのメニューを注文するのは うちの会員と防衛隊だけでしょうけど。
このページの最初に戻る
2017年6月22日(木)
From Hirorin

もう1日待つはずだったのですがガマンできないので。
サクラクエスト、Takahashiさんだけでなくうちのサークルがガンガン応援していたご褒美が当然降ってきた~~登場するロックバンド名がエジプト関連。
ありがと~~P.A.WORKS!!
プトレマイオス・・・やや微妙だったのですが、色々探した結果なのでよしとしましょう。
このページの最初に戻る

2017年6月21日(水)
From Hirorin

今日はサクラクエスト見られそう。
うちのサークル専属シェフ(本当はただの会員)は、評判がよかったのに気を良くしたのか会員と防衛隊だけでなく常連さんにも出すそうです。
裏メニュー、ですけど。富山ソ~メン
このページの最初に戻る

2017年6月21日(水)
From Hirorin

ユーチューブで聞きました。
まさに動物園から逃げ出した狂い猿です。
だけど、このおサルさんが国会議員になっているなんて日本人として恥ずかしいです。
これで何匹目かは忘れましたが、自民党動物園にはまだまだ多くの変わったいきものがいそうです。

このページの最初に戻る

2017年6月21日(水)
From Takahashi

ハワスの講演会が行われる和光市って自民公明が推すヒステリーBBA豊田真由子議員の選挙区らしい。
当日こんなのがあいさつしたら嫌だな。
それとも舞台の上で得意の秘書殴打発狂パフォーマンスを見せてくれるのかな。
この議員、園遊会に招待されていないのに宮内庁に自分の母親を無理やり参加許可を強要した非常識な武勇伝もある。
他人には厳しい罰則付きルールを強要するが、自分は正義のためと称してルールを無視するタイプの人間のようだ。
埼玉4区の選挙民はよくこんなのを当選させたと感心する。

そういえば、公明党の品性のかけらもないこの党の体質にふさわしい下品な共産党叩きもあった。
このページの最初に戻る

2017年6月21日(水)
From Takahashi

久々にアニメネタ。
今晩
サクラクエスト。
AT-Xで観ているのですが、難点があります。
CMがないこと。
録画にはいいし、今までは全く不満はなかったのですが、このサクラクエストに限ってはCM込みで番組が出来上がっているもので。
BS11で再度録画し直してCMを楽しみます。
サクラクエストを見始めてから夜食のカロリーが急激に上昇した。
いかんよね。フレンチトースト(知っていましたか?フレンチ=フランスでないことを)&ボルシチは。
せめて、そうめん&コンブおにぎりにしないと。
このページの最初に戻る

2017年6月20日(火)
From Takahashi

昨日から今日にかけてタイトルから同内容のメールが多数届いました。
最近フィルタリングを厳しくして来たメールはほぼ全部自動削除されていたのですが、通常に戻したとたんにコレ。
スフィンクスが建てられた時期が確定されたのか?という内容。
メールを見て新発見のニュースが出たのかと思ったのですがそんな発見がされたなどというものはなかったので、どこぞの自称権威が流した情報でしょう。
ちなみに超古代文明の面白いが現実味が乏しい話を除けば、スフィンクスを造った王として名前が挙がるのは3人。
クフ、ジェドエフラー、カフラーという第4王朝の王。
このうち、変わっていなければシュタデルマンはクフ、ジェドエフラー説をハワス(TV向けのリップサービスの可能性もあるが)、レーナーがカフラーがスフィンクスの建造者の候補者として推している。
当人の話をそれぞれ聞くとフンフンとなるのだが、結局文字資料が出てこないので「これで確定!」となるは難しいようです。
ジェドエフラー友の会筆頭幹事としてはここはジェドエフラーと言いたいところだが、一番可能性が低そうです。
ついでに書けば、某TVでハワスがいつもの調子でクフの舟坑にジェドエフラーが自らの名前を書き残したかのように語っていましたが、リップサービスか演出であろうけれども、あれは間違いで、単に労働者のグラフィートに名前が含まれていただけです。
あれを書かせたというのはあまりにも・・・です。
ちなみに、スフィンクス神殿だけはカフラーの(おそらく)治世後期に造られたことが、河岸神殿の周壁の基礎の上にスフィンクス神殿のブロックが置かれていることから確定しています。
せっかくなので根拠なしの個人的見解を述べれば、ギザには人面岩のようなものがあり、クフの時代には既にそれなりの信仰を集めていた。
ボツボツ彫っていたものの全体が完成したのはカフラーの時代でスフィンクスは自分ということにしたかったカフラーは急遽スフィンクス神殿を造り始めたが時間切れとなった。
いいとこ取りのようないい話ではないかと(笑)
このページの最初に戻る

2017年6月19日(月)
From Takahashi

集めたものの遺跡サイドでは使いようがないものなのでこちらで。
個人的には気に入っていますけど。

このページの最初に戻る

2017年6月18日(日)
From Hirorin

ちなみに、Marinさんは「私がオバさんになっても」を歌うそうです。
もう立派なオバサンなのに(笑)
このページの最初に戻る

2017年6月18日(日)
From Takahashi

某エジプトサークルの夏イベントになんとか参加したいので便宜をはかってくれ懇願メール。
ここで便宜だの忖度だのの類を行ったら、わが敬愛する恥知らずの総理大臣閣下やその取り巻きと同類になってしまうではないですか。
自分はこれでも恥も知っているし最低限のモラルは守るべきだという常識はあるつもりです。

そもそも自分は某エジプトサークルはずいぶん前に辞めています。
このメールが来たのでHirorinに確認したら今日から申し込みで一般枠はあっというまに埋まったとのこと。
ちなみに防衛隊の全席独占はついに破れ、最近結成されたらしい名古屋チームのコスプレ女王MIKOのファンクラブが2割を確保したそうです。
・・・念のためもう一度書きますが、某サークルは古代エジプトファンクラブです(笑)
富山は姫の地元なので、某エジプトサークルはいつものような、酔っぱらって破壊行為→出禁、だけは避けてもらいたいものです。

このページの最初に戻る

2017年6月15日(木)
From Hirorin

そういえば3月に演奏した時にTakahashiさんが使っていたギターピックはどこで売っているのですかと聞かれていました。
なんか楽器屋さんを探したけど扱っていないと言われたとか。
このページの最初に戻る

2017年6月15日(木)
From Takahashi

最近のお気に入り・・・キャロル・キングの「It's Too Late」
もちろん昔から知ってはいたけどこうやって聴きなおすと改めて良さがわかります。
中盤にあるギターソロなどコピーするのは(現在はともかくギターをガリガリ弾いていた頃なら)全然難しくはなかっただろうけど速弾き信者だった自分にはこのフレーズは絶対に思いつかないです。
このページの最初に戻る

2017年6月14日(水)
From Takahashi

最近ペルーの遺跡をやっている人と話をしました。
実はお互いに相手の方はさっぱりだったので両方で頷くだけだったのですが、唯一盛り上がったのが傾斜路。
インカ文明でも巨石を運搬していたのですが、インカ人の場合、車輪もなく(エジプトもピラミッド時代には車輪付き運搬具を使用していなかったようだ)ひたすらパワープレー。
そして積み上げるときに傾斜路を使用したとのこと。
日本でも、たとえば石舞台古墳で使用された石も同じ・・・実は戦国時代~江戸時代の石垣も似たようなものだったらしい。
少しだけ視野を広げるだけで今まで見えなかったものが見えてくる。

ついでに書けば、自分はピラミッド建造に使われた傾斜路は直線派から螺旋派(もちろん外側)に転向しています。
理由、運搬+積み上げなら、たぶん今でも直線状の傾斜路を支持しているでしょうが、外装石の仕上げを考慮に入れ始めたら絶対に螺旋状の傾斜路と。
傾斜路だけでなくピラミッド自体の完成期間についても石の積み上げばかり話題になるのですが、外装石の仕上げが無視されるのかさっぱりわかりません。
石を積み上げただけでは階段状になったままです。
その後に角度を整え石を磨きあげる作業時間は無視していいレベルなのか、いつか河江さんに質問してみたいと思いますが、とりあえず作業する足場を確保するためには傾斜路を外側に巻き付ける必要があるのではないでしょうか。
このページの最初に戻る

2017年6月13日(火)
From Takahashi

そういう話は存在しない!
このページの最初に戻る

2017年6月13日(火)
From Hirorin

Takahashiさんがよくても担当ガイドさんは泣きますよ。
昔よ~~く揉めてました。某エジプト現地会社で。
このページの最初に戻る

2017年6月13日(火)
From Takahashi

エジプト航空(MS)運行再開。
成田/カイロ線を10月29日から週一便。
MS965便 成田   日曜21:20発/カイロ04:30着(到着月曜)
MS964便 カイロ 日曜00:10発/成田19:00着
ありがたいけど、最低週2便飛ばないとパッケージツアーはお決まりの8日間コースばかりになる。
初めての人にはいいが、そうでない人は16日間?個人的にはいいですけど。
たまにはいいかも。パッケージツアー。

このページの最初に戻る

2017年6月13日(火)
From Takahashi

朗報!エジプト航空が秋から復活するそうです。
羽田希望でしょうけど、枠が・・・。
このページの最初に戻る

2017年6月13日(火)
From Takahashi

効率よくアマルナ観光ができるルートを示してくれと。
1日で。だそうだ。
そういえば以前パッケージツアーでは半日だった。
せっかくなので地図で示してここでも公開しようかな。
ビジターセンターからステラ3つ、南北墳墓群、王墓、中心部。
できればKom El Nanaも入れたい。
以前と違って陸路で入れるので時間のロスが少なくなった。
自分には絶対できないアマルナ早回りコース(笑)
このページの最初に戻る

2017年6月12日(月)
From Takahashi
もうひとつ。  
こっちは、ここの住人には有名なあの方からのご紹介これ  
・・・ ドイツ語ですけど。それにしても海外は本当にいいサイトが揃っています。
日本でこういうサイトを探すとなると大変で、ウロウロしているうちに自分のHPにぶつかるという悲劇。  
このページの最初に戻る 
2017年6月12日(月)
From Takahashi

ついでに。
使っておいて言うのもなんなんですが、どうも「落書き」という言葉はイマイチしっくりこないです。
「ピラミッド大全」によればエジプト学ではイタリア語(たぶん)であるグラフィートを使うようですけど。
このページの最初に戻る

2017年6月12日(月)
From Takahashi

書いてみるものですね。
すぐに来た。 ここ  
ゆう子様、いつもありがとうございます。
このページの最初に戻る

2017年6月12日(月)
From Takahashi
クフのボートピットを覆っていたブロックに書かれた労働者の落書き(と言っても、最近どこぞの誰かが寺社でやっているものと違いこれも貴重な資料)の一覧というのはどこかにないものかと探しているのですがないですね。
日本隊がやっている西側のものではなく東側のものなのですけど。
公刊されているのでしょうか。そういうものが。

このページの最初に戻る
2017年6月11日(日)
From Takahashi

・・・連敗の長いトンネルを抜けるとまたトンネルだった。長いか短いか、それが問題だ。
某野球チームファンの嘆き・・・ちなみに自分は「読売」とつくものはすべて嫌い。

頂いた甘楽のいちご大福を食べた。
美味しいです。
このページの最初に戻る

2017年6月10日(土)
From Takahashi

久々にエジプトネタ。

これは、自分が持っている「Illustrated Guide to the Egyptian Museum」の428ページ。
説明によればハトシェプスト女王の名前が入ったアラバスター製の壺です。
カイロ博物館にいけばよく見かけそうなこの壺を自分がここで出してきたのにはそれなりの理由があります。
発見場所がアマルナ。
最初自分は発見場所がアマルナということを疑っていましたが、別の資料でも同じことが書いてあったので本当のようです。
よく見ると、一部分削られているのですが、ハトシェプスト女王の名前自体を削り落とす意図はなかったことは明らかです。
そして削られている部分はおそらく「アメン」。
なるほどアマルナかと言いたいところですが、そこで納得しては面白くないわけで、貴重なものであるだろうけれどハトシェプスト女王の名前が入った壺を誰がどうしてアマルナに持ち込んだのか少々気になります。
自分にとっては(アマルナに)あってはならないオーパーツ的遺物です。
ついでに言えば、ドイツの図録などは発見場所がより具体的でグリットが書かれています。P47とかQ42のように。
これが基準になってくれるとありがたいです。
ちなみにP47は有名なネフェルティティの像が見つかったトトメスの工房、Q42はアマルナ文書が見つかった建物跡の場所を示しています。
このページの最初に戻る

2017年6月10日(土)
From Hirorin

納得いかな~~~~~い。
なんで今日ではなく昨日だったんですかぁ。
これは絶対日曜日に仕込みを入れていたに違いない。
そういえば、二人でなんか密談していたし。
見なさい!Marinさんの公式を!!
防衛隊はともかく事情を知らない他のファンは爆死です。
このページの最初に戻る

2017年6月9日(金)
From Takahashi

ハワス講演会の件。
案内が修正される気配もないので、とりあえず一番確実な和光市にメールしてやった。
当日ハワスを紹介するときにCSAとやってハワスに怒鳴りつけられ場内から失笑を買わないうちにという暖かい気持ちからです。念のため(笑)

このページの最初に戻る

2017年6月9日(金)
From Takahashi

ゴミだけ残し局地的な嵐が去った。
このページの最初に戻る

2017年6月9日(金)
From Takahashi

録画していたものを観た。
風雲!大歴史実験という番組。
有名な車懸りの陣だったが、やはりこういうものはやってみるものだと改めて実感。
興味のある方は再放送を。
今回にかぎらずこの番組は非常に面白い。
発掘!お宝ガレリア。
これも面白い。

書き忘れていたが、現在住んでいるのは東京タワーが見える場所だがMarinの出身地は千葉よりもさらに田舎と万人が認める某県。
結論:Marin=ド田舎娘。

このページの最初に戻る

2017年6月9日(金)
From Takahashi

郷土愛などまったくないが、これだけ住みやすい千葉(と言っても色々あるが、書店が少ないのと県内最低レベルの市立図書館を除けば少なくても自宅のある某市は住みやすい)をバカにするのは許さん。
お前さんが出ているアニメなど知らんし知りたくもない。

少なくてもここでは口にするな。
このページの最初に戻る

2017年6月9日(金)
From Marin

ラジャー。
間野山に負けない超辺鄙な
千葉のド田舎にもあってよかった正義の味方ガスト君。
仕方がないここで我慢しょ~っと。
Marinが出ているアニメよりは面白くないけどサクラクエストは面白いよ。
このページの最初に戻る

2017年6月9日(金)
From Takahashi

無知なお前さんに教えてやる。
それはガストの宅配メニューという。
よく覚えておけ!
このページの最初に戻る

2017年6月9日(金)
From Marin

The ウチワ。
このページの最初に戻る

2017年6月9日(金)
From Takahashi

比べる相手が間違っている。
というか、嘘を書くな。
お前さんが今持っているものはなんだ。
このページの最初に戻る

2017年6月9日(金)
From Takahashiさんの隣にいるMarin
「都会の男子>間野山男子=P.Aスタッフ」でしょう。
今日は「よろこぶそうめん。Marinば~じょん」を作ります。
Hirorinと違って料理が得意なMarinより。

このページの最初に戻る
2017年6月9日(金)
From Takahashi

BS11でも放送したので解禁ということでサクラクエスト。
アリスティアと仲村ゆりが登場したが、そこをなんとかのレベル。
もう少し美人にできなかったのか、というか国王たちの方がはるかにレベル高いではないか。
間野山の男どもは女性を見る目がない!
「都会の女性>地元の女性」は偏見であり、少なくともここでは大きな間違いであると声を大にして言いたい(笑)
黄前久美子は相変わらず態度が悪い!プチ吉!プリン+醤油=ウニなど今回も小ネタ満載。
ところで、サクラクエストを肩入れしすぎだと某所からクレームが入った。

「お前が全力で応援しなければいけないアニメ一覧」なるリストももらったが、観ているものがなかった。
このページの最初に戻る

2017年6月8日(木)
From Takahashi

久々にパソコンメールを開けたら大変なことになっていた。
あまりにも多かったのでなかったことにして全部削除した。
このページの最初に戻る

2017年6月8日(木)
From Takahashi

昨日と今日でアマルナのページを更新しました。
これで誰かさんのアマルナ旅行に間に合った。
アマルナに行ったら冷たいタマルヒンディーだよ~ん。
隣にどぶ川が流れる現地の人の家で飲み食いできる自分は大丈夫だが、デリケートな人はその後どうなるかはわからん。
まぁ今度アマルナに行く誰かさんはどう見ても繊細さとは無縁だから大丈夫でしょう。
カイロの屋台飯を常食にしているようだから(笑)

このページの最初に戻る

2017年6月8日(木)
From Takahashi

サクラクエスト。
今日の話で笑えた人はかなりのつわもの。
最近同じ光景を見たので自分は笑えたけど。
このページの最初に戻る

2017年6月7日(水)
From Takahashi

サクラクエスト。
日曜日に1話~9話を続けて観たのですが、これが低評価というのがさっぱりわからん。
今晩10話。楽しみ。

このページの最初に戻る

2017年6月6日(火)
From Hirorin

昨日と今日、防衛隊が某イタリアンレストランに大挙訪れ全員がボルシチを注文したそうです。
防衛隊がつけあがるのでメニューにない料理を律儀に出さなくていいと思うのですが、いちおう合言葉は「サクラクエストを観た。国王はかわいい」だそうです。
ちなみに料金は1500円税別。

このページの最初に戻る

2017年6月6日(火)
From Takahashi

JEA102が届いた。
なので、それ本1冊追加。ジャーナル。
EESに散々文句を言って、JEA102が届かんうちは会員の更新はしないとまで書いたものだが、イマイチだった。
研究者には面白いのかもしれないが、自分向きのものがなかった。
このページの最初に戻る

2017年6月6日(火)
From Takahashi

そういう人は来なくてヨロシ。

日曜に食べたボルシチの味が忘れられない。

普段ボルシチなど作っているとは思えないが、さすがはプロと言ったところか。
イタリアンなど微塵も感じさせない完璧なボルシチ。
もっとも本物がどういうものかわからず、大昔食べた思い出と脳内イメージのみで語っているのですが、とりあえず自分のイメージ通りはある。
が、看板メニューにはならんだろうな。だって、イタリアンだから。
ボルシチが自慢のイタリアンなんか。
それともボルシチに似た料理があるのかな。イタリア料理にも。
とりあえず自分が望むようなものを作ることができない者が手っ取り早く食べられるにはレトルトを買いあさることしかなさそう。
このページの最初に戻る

2017年6月5日(月)
From Hirorin

ハワスの講演会がなぜに和光で行われる?
埼玉という時点で私には都落ち感満載なのに浦和でもなく大宮でもなく和光とは。
ワコ~ってどうやっていくんですかぁ~~~。
このページの最初に戻る

2017年6月5日(月)
From Takahashi

中東5か国がカタールと断交というニュース。
この5か国にエジプトが含まれている。
カタール航空はエジプトに入れない。
ということはカタール航空利用のエジプトツアーはすべてアウト。
旅行会社は泣いているが、中東系某航空会社は喜んでいることだろう。
MS>BA>TKの順である自分のオーダーにはあまり影響はないけど。

このページの最初に戻る

2017年6月4日(日)
From Takahashi
こちらがザヒ・ハワスの講演会のPR
サイトはこちら


そして、Wik
ハワスのページ


で、もうひとつ。

和光市で行われるハワス講演会の主催者がSupreme Council of Antiquities(SCA)のつもりでCSAと言っているなら早めに訂正したほうがいいでしょう。
ちなみにSCAのサイトはここ
ついでに言えば、エジプト考古相大臣とあるが、相=大臣だったような。そうなるとエジプト考古大臣大臣ということなる。サハラ砂漠やゲジラ島に続くエジプシャンジョーク?
このページの最初に戻る 
2017年6月4日(日)
From Hirorin

鑑賞会終了。
私の美味しいおにぎりに釣られてTakahashiさんも現れてもう大変~~。
それにしても、さすがはプロ、イタリアンそうめん、すべて美味しいかった。
それにこういう時にも手抜きなし!そうめん買いに富山までいきますかぁ~。すぐ近くに富山のアンテナショップがあるのに。
フレンチトーストも最高~~今日うちに帰ってたら作ろう。

Marinさん特製「よろこぶそうめん」が私の創作おにぎりより人気があったのは唯一納得いかないことですけどいい一日でした。
って、なんですか!!
私のスペシャルおにぎりのレシピが公開されているじゃないですか!!

ムか~~。まあは今からお仕置きだ。

Takahashiさんが来ちゃうとエジプトネタが盛り上がりますね~~当然ですけどMarinさんはご機嫌でした。
TakahashiさんにベッタリのMarinさんの写真を防衛隊のサイトに投稿しようかな。これだけで防衛隊は確実に全滅だね。

笑えました。サクラクエストを観ながら傾斜路の話で盛り上がる人々。
このページの最初に戻る

2017年6月4日(日)
From Takahashi

Hirorinのおにぎりの正体が発覚。
「タバスコに浸したバナナとパイナップルが入ったワサビまみれの緑色の物体。誰が食べるのかというより、これは本当に人間の食べ物なのか。たまには自分で試食しろ。」
以上が状況提供者まぁのメール。
きっと罰ゲーム用だろうな。これは。

このページの最初に戻る

2017年6月4日(日)
From Hirorin

旦那のまぁと娘のまりんを連れて、いざ出陣!
豪華ランチ会、ではなくサクラクエスト鑑賞会。
某所を貸し切り。こんなに天気がいいなら屋形船でもよかったかも。
今日は皆さんに私の特製おにぎりを堪能してもらいますよ。
そして、私はフレンチトーストを独り占め!!

とりあえず、妙に平均年齢が高い(子供や孫世代もたくさん来るのでトータルでは普通かもw)アニメ鑑賞会です。
このページの最初に戻る

2017年6月3日(土)
From Takahashi

アニメをやめてエジプトに戻ってきてくれという連名のメール。
エジプト関連でやる気にさせるような出来事がないかぎりこちら側にとどまる予定。
場合によってはそのままフェイドアウト。

本を買っていないせいもあるけど、どこのサイトを見てもちっとも面白い話題がないです。
サクラクエストを押しのけるくらいのネタがエジプトものでありますか??

このページの最初に戻る

2017年6月3日(土)
From Hirorin

私は特製アイディア満載創作おにぎり「高級フルーツたっぷり超豪華ピリ辛ソースおにぎり Ver3」で勝負しますよ!!
昨晩試食したまぁがあまりのおいしさに泣いて喜んでいた自信作です。
ちなみに、担当のユカ先輩が作るのは創造性のかけらもない普通の「とろろ昆布おにぎり」です。

このページの最初に戻る

2017年6月2日(金)
From Takahashi

「とろろこんぶおにぎり」が出るなら行く。
ただし、Hirorin以外が作者であること。

このページの最初に戻る

2017年6月2日(金)
From Hirorin

サークルで急遽!サクラクエスト鑑賞会をすることになりました。
会長が続けて観たいということなので。
某CS放送を録画した1話~9話を観るわけですが、Marinさん手作りの「よろこぶそうめん」だけでなく、会員のフレンチではなくイタリアンシェフ(←この人Marinさんにオシャカルトサブレを作ってあげた人の兄様)特製「フレンチトースト」も。
ということで、当日あのイタリアンレストランは臨時休業・・・というか定休日ですけど。
さっきメールしたら「そうめん入りボルシチ」も作ってくれるとか。
サークルに入っていると時々こういう特典があるんですよね。
日曜日晴れるといいな。

このページの最初に戻る

2017年6月2日(金)
From Takahashi

初期の発掘の「がさつで乱暴な発掘」は今では許されないだろうし、現在のエジプト学者が現場を見たら心臓麻痺を起こすかもしれない。
しかし、当時のやりかたをしていなかったら現在の姿を自分たちが見ていないかもしれないとも思う。
まだスフィンクスが砂から掘り出されておらず、スフィンクス神殿の上に別の建物が載っていた時代の写真を見ながら。
ほぼ砂に埋没したカフラーの河岸神殿近くにあったツタンカーメンのキオスクがあるし・・・あまり見栄えはしなけど。

このページの最初に戻る

2017年6月1日(木)
From Hirorin

週末にMarinさんが「よろこぶそうめん」を再現してくれるそうです。
Takahashiさんも食べに来ますか?
・・・Hirorin>C姉>C>IT大臣>普通>オデン>>>>国王>UMA大臣=黄前久美子=フルフラット。
私が1番なのでもったいないけど、セクハラ案件は全部削除。
このページの最初に戻る

2017年6月1日(木)
From Takahashi

完全に舵を切った(単に戻したという意見もあるが)感もあるけど。
サクラクエストの続き。
フレンチトースト、とろろコンブおにぎり、そうめん等々。
Marinにはもう一度富山に営業に行ってもらおう。
次の土産はそうめんとコンブだ。

それにしてもサクラクエストは面白くないアニメと言っている気持ちがさっぱりわからん。
ところで、某エジプトサークルの掲示板に載っていたもの。
Hirorin>C姉>C>IT大臣>普通>オデン>>>>国王>UMA大臣=黄前久美子=フルフラット。

このページの最初に戻る

2017年6月1日(木)
From Takahashi

黄前久美子さんは、「高校生になったら胸が大きくなる」話を知らんようだ。
それとも、「C特製そうめんを食べると」に変更か(笑)
そうなるとHirorinは食べる必要はまったくない。というか食べてはいけない。
眺めているだけでは素通りしそうで実は小ネタ満載のスルメアニメです。サクラクエスト。
このページの最初に戻る

2017年6月1日(木)
From Hirorin

先週の惨事に懲りて今日はスタンバイしていました。
サークル掲示板に載るセクハラコメントは全部削除します!!
結果。
「国王の水着にはガッカリだ」、「布は少ないが色気も少ない」、「UMA大臣 VS 黄前久美子 滑走路対決」
すべて削除。
これでサークルの品位と名誉は保たれた!偉い私。

このページの最初に戻る

2017年6月1日(木)
From Takahashi

サクラクエスト9話。
面白かった。
あのそうめん美味しそうだったが、食べるのはフレンチトースト。
夜中にこんなものを食べたら・・・こういうのを飯テロというらしいが、世界中で起こっているテロも全部飯テロになればいいのにと思う。

このページの最初に戻る

2017年5月31日(水)
From Takahashi

リクエストがあったので写真を加えたけど、今時アマルナまで行く人がいるとは・・・羨ましい。
このページの最初に戻る

2017年5月31日(水)
From Hirorin

10年前なんですね。コレ。
ちなみにこれは私が録音したものから起こしたなんですよね。
こういうのは私の得意分野ですから。
このページの最初に戻る

2017年5月31日(水)
From Takahashi

「アマルナをマニアックに楽しむ」を更新。
写真追加。
このページの最初に戻る

2017年5月30日(火)
From Hirorin

兵器です。ではなく平気です。
私は不死身ですから。
このページの最初に戻る

2017年5月30日(火)
From Takahashi

Marin防衛隊による何百回目かの公開処刑が決定したな。
このページの最初に戻る

2017年5月30日(火)
From Hirorin

本当にひどい目に遭いました。
誰ですか?あんなものを持ってきたのは?
Marinさんです。
というか、Marinさんは注意書きを読めなくしてたんですよ。
注意書きが読めれば私だって開けませんよ。
しかも、Marinさんは危険を察知して自分だけ直前に逃亡していたし。
Marinさんは本当にひどい人です。

このページの最初に戻る

2017年5月30日(火)
From Takahashi

注意書きを読まずに室内でパンドラの箱を開けた事件。
当然室内にいた全員死亡(笑)
このページの最初に戻る

2017年5月30日(火)
From Hirorin

ノルウェーのアレって世界一臭いというあの毒ガスの缶詰ですね。
私の黒歴史のひとつみたいな。
このページの最初に戻る

2017年5月30日(火)
From Takahashi

NHKを観ていたらエジプト版くさや登場。
現地で試食した日本人記者は瞬殺。
食レポができすただ震えてしまうという破壊力。
フェシーフ(こんな感じの発音だった)とか言うものだったが、この手のものは嫌いなのでエジプトにいる間に出会わなくてよかった、かも。
ノルウェーにオーロラを観に行ったときに勧められたアレの仲間でしょうから。

このページの最初に戻る

2017年5月30日(火)
From Takahashi

最近営業に行ったらしいMarinから富山みやげをもらった。
しかし、せっかく魔の山に行ったのに期待したオシャカルトではなく“普通”のお菓子というのはいただけない。

一生懸命探したが売っていなかったとMarinは地元に責任を押し付けていたが、自分のコスプレ写真を撮るのに忙しくまったく探していないに違いない。
お前さんが買ってきたお菓子は富山駅で売っているのだよ。
このページの最初に戻る

2017年5月27日(土)
From Takahashi

アニメは本業じゃないし。たぶん。
このページの最初に戻る

2017年5月27日(土)
From Hirorin

最近アニメ=本業の話題ばかり。
エジプト離脱は既定路線ですか?
このページの最初に戻る

2017年5月26日(金)
From Hirorin
私が料理下手という誤解を世界中の人に与えるような書き込みはやめましょう。。
あの時はちょっとだけ間違って唐辛子のビンのフタを開けてしまっただけです。
いつも失敗しているわけでなく3回中2回は食べられるものが出来上がっていることを強く主張しておきたいと思います。

このページの最初に戻る
2017年5月26日(金)
From Takahashi

悶絶パフォーマンス=Hirorinの創作料理を口に押し込められた後に夫のまぁがやる奇怪な踊り。
某エジプトサークルのサイトにあげられた動画についている解説を見ると・・・。
「無意識のうちにウツボに齧られた断末魔のタコのような全身を使った実に気持ち悪い動きでHirorinの料理がいかにまずいかを表現している」とある。
よく見るとまぁは号泣している。
毎日そのようなものを口に押し込められていると思うと落涙を禁じ得ない。

サクラクエストに登場させたい自称「Hirorin特製 超豪華自家製生パスタのピリ辛トマトソース添え」、別名「死ぬほどまずい生煮えうどんもどきの激辛唐辛子和え」←被害者まぁ命名
「これを食わす」と脅せばどんなもめ事でもすべて丸く収まるぞ。さすが最怖兵器!

このページの最初に戻る

2017年5月25日(木)
From Hirorin

ちょっと待った~。
なんですか?悶絶パフォーマンスって。
私の料理を食べてもそんなおかしなことは起こりませんから。
私の創作料理をそういうネタにしないでください。
世界中に広がってしまうじゃないですか!デマが。
これはうそです。デマです。事実無根。風評被害。あることないことどころか、ないことばかり。
このページの最初に戻る

2017年5月25日(木)
From Takahashi

書き込みしようとしたらHirorinの仕込みが入っていた。
国王も大臣もHirorinには劣るが、かなりの腕前のようだった。料理の!
Hirorinの料理だったら食べた瞬間に悶絶パフォーマンスするからね。

ところで、そうめんにメンマってアリなのか?
このページの最初に戻る

2017年5月25日(木)
From Hirorin

なんですか~~夜中にサークルの掲示板が大変なことに!!
しかも、中身はセクハラです。
「大きい!」「姉ちゃんも大きい!!」
サクラクエストはそういうアニメなんですか~~。
だいたい、アレはアニメだけのことで現実にはありません。
このページの最初に戻る

2017年5月24日(水)
From Takahashi

ギザのピラミッド群はオリオン星座を模して計画されたのか?という質問。
「ジェドエフラー友の会」筆頭幹事である自分に、この質問をして前向きな回答を得られると思っていたら笑止千万(笑)
では回答。
オリオン星座の位置に合わせてギザのピラミッドを配置したというこの話が本当なら、それを始めたのはクフではなくカフラーでしょう。
理由。クフとカフラーの間にはクフの埋葬を行いピラミッドを最終的に完成させたジェドエフラーが統治しており、彼はギザではなくアブラワシュにピラミッドを造ったから。
ジェドエフラーは異端の王と今でも思っている人もいるようだが、ジェドエフラーが始めた名前にラーをつけるスタイル、ピラミッドに花崗岩を使用して「赤」を加える様式をカフラーが引き継ぐはずがない。
「ジェドエフラー友の会」としては、コースアウトしたのはカフラーの方であり、自分の正当性を主張するために父王のピラミッドの近くにピラミッドを造ったと主張したい。
その異端の王カフラーなら、太陽信仰とは縁もゆかりもないオリオン星座と関連付けてピラミッドをピラミッドを造り、息子のメンカウラーに遺言してもおかしくはない。
・・・なんて。
個人的にはこのオリオン星座の話は話としては面白いのですがまったく信じていません。

6月26日の太陽の船のシンポジウムは行くのかという質問。
たぶん無理。
7月と10月に行われる河合望さんのセミナーも参加するのは厳しい。

特別にやる気にさせるような事態が起こらないかぎり、このままエジプトとお別れっぽいです。
ギザにできる新しい博物館も行きたかったけど、仕方ないです。
真面目に、自分の書架の引受人を探さないといけないことになりそうです。
このページの最初に戻る

2017年5月22日(月)
From Takahashi
「Discovering Tutankhamun: From Howard Carter to DNA」を読み直して気がついたので。
下の写真は、その1ページ。
2つの遺物の写真があるわけですが、それぞれ右側のものは裏側の写真です。
ここの住人にはおなじみなので改めて書く必要もないのですが、上のものは、ここで度々登場するツタンカーメン王墓から見つかったものの、ネフェルネフェルウアテンからツタンカーメンに名前の書き換えが行われたのがよくわかるものです。
書き換えの痕跡は裏側ではどうなっているか興味があったのでありがたいです。
これが日本にくる機会があれば、是非展示は裏側も見えるようにしてもらいたいものです。
カイロ博物館でも裏は見ることができませんし。


このページの最初に戻る
2017年5月22日(月)
From Takahashi

観るものがなくなったので、Marinおすすめの「ゼロから始まるま魔法の書」を観た。
面白かった。
ゼロからなんとか言う人気だったアニメはサッパリだったがこれはいい。
ということで、これは視聴継続リストに加えることにした。

最初にカットしたのは、たぶんOPのせい。
肺活量自慢だけが取り柄の金太郎飴アニソンは大嫌いだから。
EDは好き。
その点、サクラクエストはOPは勿論、CMまで楽しめる美味しいアニメ。
・・・もっとも、いつもAT-Xで観ていたのでMXやBS11の美味しいCMは最近知ったのだけど。

ついでに今日の間野山観光協会

このページの最初に戻る

2017年5月20日(土)
From Takahashi

アマゾンからメール。
予約していたアビドス関連の本(ラムセス2世神殿)到着がさらに延期らしい。
これがどうしても欲しいアマルナ関連のものならとっくに中古本市場に触手を伸ばしているところだが、とりあえず待ち。
海外では中古本が並んでいるのに日本だけが何年も発売延期になっているのでしょうね。
このおかしな現象にも慣れました。

ちなみに3年間延期が続いています。この本。
Vol.1をとんでもない安値で売ってしまったアマゾンが嫌がらせをしているとか(笑)

このページの最初に戻る

2017年5月20日(土)
From Hirorin

私のところにもメールがきました。
このページの最初に戻る

2017年5月20日(土)
From Takahashi

Marinからのメールで「ARIA The AVVENIRE」の円盤が予約開始したと連絡してきた。
ということで、予約。
BDに2種類あるのだが、どうもおかしい。
特典付きの方が安い。
しかも、どういうわけか特典なしで高い方もかなりの予約が入っている。
9月6日が発売日だそうだ。

このページの最初に戻る

2017年5月20日(土)
From Hirorin

遠慮せずに好きなだけ食べてもいいって言われたもん!
だから、私は悪くない!!です。
このページの最初に戻る

2017年5月20日(土)
From Takahashi

お前さんたちだ。
主にお前さんだがな。
このページの最初に戻る

2017年5月20日(土)
From Hirorin

ずいぶん食べましたね。
誰が食べたんですか??
このページの最初に戻る

2017年5月19日(金)
From Takahashi

天一でランチ。
久々に食べた・・・52,000円はチト食べ過ぎともいえるが。
初めてここのハモの天ぷらを食べた。レモン+塩。
このページの最初に戻る

2017年5月18日(木)
From Takahashi

そこはガイドの腕の見せ所。
まあ、黄金のマスクと玉座さえあれば大多数はOKでしょう。たぶん。

アイテー大臣のメガネ王国住人申請の件。
不許可!ケツメガネは、メガネ王国の住人になれません。
Cか国王がメガネ着用したら即名誉住人。
乙女寮のメガネ女子はすでに住人。
我が家から生活支援を受けているリアル乙女寮の住人1号18歳も不許可(笑)

このページの最初に戻る

2017年5月18日(木)
From Hirorin

そういえば、カイロ博物館から続々とツタンカーメン関連のものが運び出されているみたいですけど、なんか今行ったら損をする気がしますね。
リピーターはいいですけど、最初で最後のエジプトという多くの旅行者にとっては空になった博物館2階を見せられるという悲しい結末。
このページの最初に戻る

2017年5月18日(木)
From Hirorin

二次元に追い出される私?
嫌ですよ。やっと入ったんですから。
それからヨシノンが採用試験全滅したのはピンクの髪のせいです。
7話ちょっとほろっとしました。
どこぞのアニガキはゼロ査定を出しているみたいですけど、私の周りではサクラクエスト非常に評判がいいです。
例によって、出演できなかったMarinさんは面白くないと言っていますけど(しかし、なぜか!こちらもいつもどおりBDの予約は済ませています。)
サクラクエストにもメガネ女子が1人いますけど、この方はメガネ王国の住人なのでしょうか?

ユーフォ劇場版は秋公開と決まったみたいですね。
ほぼTV再編集で全国大会の演奏シーンが見どころとか・・・コレ、もう出てましたっけ。

このページの最初に戻る

2017年5月18日(木)
From Takahashi

サクラクエスト7話。
十分有能そう。

これだけできる国王を採用しない会社が30数社・・・。
ポテンシャルではなく、即戦力が欲しかったということか。
それとも、人事がヘボということか。
うちなら取るぞと某会社社長、いや会長が言いそうだ。
⇒そして、トコロテン式にHirorinが押し出される構図(笑)
ちなみに、国王=小春由乃=偽みゃ~もりあおい嬢がこの人。

   
このページの最初に戻る

2017年5月17日(水)
From Takahashi

いつも詳しい情報をいただく方からありがたいメール。
ツタンカーメン王墓からの遺物にはいくつかマンドレイクを描いているものがあるそうです。
栽培する様子など墓には描かれていませんけど。
それにしてもマンドレイクといえば、やはり「ハリーポッター」や「ふらいんぐうぃっち」に登場したアレしか思い浮かばないです。
このページの最初に戻る

2017年5月17日(水)
From Hirorin

リアル小春由乃ことHirorinです。
では、今日の観光協会。

このままではカウンターが再び振り切れるのも時間の問題のような・・・。

ツタンカーメン王墓のどこにマンドレイクの畑があるのでしょうね。
でも、Wikをそのまま信じる人のなんと多いことか・・・。
このページの最初に戻る

2017年5月17日(水)
From Takahashi
サクラクエスト3話のタイトルにも使われたマンドレイクを調べていたら面白いものがありました。

ウィキペディア、マンドレイクのページから。



拡大すると、
歴史上のマンドレイク
伝承では、カルタゴの軍勢が放棄して撤退した街にマンドレイク入りのワインを残してゆき、街に入ってきた敵軍が戦勝祝いにこのワインを飲み、毒の効能によって眠っている敵軍を皆殺しにして勝利を収めたと伝わっている。
その他にも、
ツタンカーメンの墓に栽培する様子が描かれている。またヘブライ語聖書に、受胎効果がある植物として出て来る(『創世記』第30章)。
と、書かれています。

ネット住民が崇拝するウィキによれば、ツタンカーメン王墓にマンドレイクを栽培する様子が描かれているそうだ。
ここの住人のためにわざわざ出す必要はないのだが、とりあえずツタンカーメンの王墓にあるすべての壁画。








当然ですが、そんなもの「ない」です。
ということでウィキの新たな伝説の誕生でした。

このページの最初に戻る
2017年5月16日(火)
From Takahashi
公式がキャラクターの配布コンテンツを用意してくれればガンガン貼り付けるがなぜかない。
もしかして、それほど力を入れていないということなのだろうか。
個人的には今期一番だが。
それ以外は正解するカド、アリスと蔵六(5話は非常によかった)、夏目くらいかな。今期は。
最近アマゾンプライムにSHIROBAKOが乗っかってきたが、ついでにAB!も希望(円盤全部出張したまま帰ってこないもので)

このページの最初に戻る
2017年5月16日(火)
From Hirorin

いよいよ明日です。
サークル初のランチミーティング・・・本当は初じゃないけど。
冬スペに参加した人にのみお知らせを出しましたが、ウィークデーですしほぼゼロのつもりで部屋を確保したのですが・・・軽くフルハウス。
あの方がスペシャルゲストでお話ししてくれますのでお楽しみ。ピラミッドの建造についてらしいです。
ザウィエト・エル・アリヤンは、EESのセミナーで正式な見学できるのはありましたけど、あとはほぼ盗み見ですよね。

今日の間野山観光協会のサイト・・・なんか毎日やりそうな。
アクセスカウンターが桁を増やして回り始めました。
サクラクエスト、ノリと勢いと偶然だけでは解決しない世の中の苦みを知った人は楽しめるとのこと。(うちの会長談)
私は、就職活動の悪夢がよみがえるのでどうも・・・。
でも、私の就職先もうちのサークルも雰囲気が似ているような・・・チュパカブラ王国に。
ノリと勢いだけで後先考えずに物事を進める手法が・・・。


このページの最初に戻る

2017年5月16日(火)
From Takahashi

河合望さんのFBに載っていた「アクエンアテンのミイラに捲かれた包帯を飾るために使用された可能性のある金箔が見つかった」とのニュース。
河合さん自身のコメントはなかったが、個人的にはこの話を疑っている。
文字からアクエンアテンに属するものだろうという部分ではなく、包帯の装飾に~という部分。
そんなものがあれば、たとえ専門家に「装丁天国、内容地獄」と評判のT・デービスの報告書であってもまったく触れていないというのはおかしい。
素人のデービスはともかく本物のエジプト学者であるエドワード・エアトンが関わっているのだから、これだけの遺物を見逃すはずがない(と思う。)
もうひとつ、無傷(略奪からはという意味)のツタンカーメンのミイラでそのような痕跡がなかったのも疑うべき材料となる。
ただ、「ではどこから出たものか?」と問われると答えに窮する。
可能性が一番高いのはKV55なのだから。
あえて言うなら、やはりKV55が出所。
これを発見した研究者は否定してはいるが、やはり棺かティイの厨子に属するものというところに思える。

とりあえず、こんなものがある日突然出てくるところがカイロ博物館の偉大さ(ブラックホールまたは迷宮ともいえるかも。)なのだろうか。
探せばまだまだ出そう。
お宝探しはしたいが、その資金がないエジプト学者は穴掘りをやめてカイロ博物館を探検した方が目的のものが見つかりそう。

ついでに書けば、KV55では石棺は見つかっていません。
見つかったのは、ミステリアスな木棺です。
このページの最初に戻る

2017年5月15日(月)
From Takahashi
久々に河江さんのツイッターを眺めたらザウィエト・エル・アリヤンの記事があった。
以前から興味があるところだし、ついでなので他に扱っているサイトはないかと探したら・・・。
どこのバカかは知らないが、自分が書いたアマゾンのブックレビューをヤフオクの商品説明にほぼそのまま利用したやつを見つけた。
本と限定する必要もないが、売りたいものがあるなら、自分の言葉で宣伝しろ!

ついでに、ザウィエト・エル・アリヤンは自分のところでは、アブラワシュのページでちょこっと書いています。
行ったことがないので、ほんの触り程度ですが。
このページの最初に戻る
2017年5月15日(月)
From Takahashi

しばらく遊んでいたら、すっかりアニメサイトに。
GRANBLUE FANTASYはどうですか?
・・・というのが来てしまった。
ここ限定(というか自分の知り合い限定)かもしれないが以外に多いエジプト&アニメの組み合わせ。
ちなみに、GRANBLUE FANTASYは面白くない。1話切り。
売れている=人気なのは知っているが、ゲームをやっていない人にとっては、使い古された設定で粗製乱造されたちっとも面白くないアニメにしか思えない。
もっとも、これは自分では王道の歩いているつもり(ガンダムが大嫌いという時点でコースアウト感満載ですが)だったものの、実はNHKのアニメ人気ベスト100のうち3割も観ておらずマイナー志向が確定した自分の意見ではありますけど。

NHK認定マイナー志向である自分のイチオシ。チュパカブラ饅頭。


・・・公式、さっさとカウンターの桁増やせ。
このページの最初に戻る

2017年5月14日(日)
From Hirorin

カウンターが振り切ったみたいですね~~。
公式さんが修正しないうち楽しみましょう。
聖地巡礼を予告していた名古屋チーム、早くも乗り込んだみたいですよ~魔の山(くすッ)
サークルのサイトにガンガン写真を送り込んできています。
桜池の隣にP.Aがある~~と。
パーキングエリアがあるのかと思ったら違いましたね~。まぁパーキングエリアもあるのですけど。
Miko先輩、富山に行ってもスーパーコスプレやっています。(証拠写真が送られてきましたので)
富山の皆さん、Miko先輩を見かけたら写真撮影を・・・(笑)
せっかくですので、私も載せちゃいます。

このページの最初に戻る

2017年5月13日(土)
From Takahashi

大当たり!

このページの最初に戻る

2017年5月12日(金)
From Takahashi

やっぱり寝技だろう。
このページの最初に戻る

2017年5月12日(金)
From Hirorin

ナポレオンパイを倒さずに垂直にカットしているはMarin以外知らんな。←きれいに!が足りません。
きれいに!がなければ私だって・・・。
まあ、あれはナイフとフォークがいいんです。
私だってアレを使えばMarinさんみたいにきれいに食べられます。たぶん。
私の必殺技は「水平切り+スプーン攻撃」です。

このページの最初に戻る

2017年5月12日(金)
From Takahashi

ロンドールはもうないです。
九重は玉澤も加えて検索し直すべし。


本来はマリモのように浮き沈みを楽しんでから食すのだが、人それぞれこだわりがある。
Marinはそのまま口に放り込む。
自分は固形状を保っているうちに食す。←ただし、この方法は1回あたりの消費量が増えることは免れない(笑)
そういえば、久々に見たくなった。
Marinが超絶技法を駆使してナポレオンパイを食べる様子。
ナポレオンパイを倒さずに垂直にカットしているはMarin以外知らんな。
このページの最初に戻る

2017年5月12日(金)
From Hirorin

なんですか?ロンドールって。
ネットで調べても出てこないし。
九重って相撲ですか?
ちっともわからない。私。
このページの最初に戻る

2017年5月12日(金)
From Takahashi

朗報。
ARIA The AVVENIREが遂に円盤になります。
言うまでもないことですが劇場仕様で!
BOXではバラバラになっていましたので、映画館での感動が味わえなかったわけで、なんというかやっとです。
まだ予約開始になっていませんが、そのうち発表になるはずです。
ちょうど予約していたエジプト本の発売日が集中する時期に重なりそうですが、購入リストトップになるこれを購入するためにいくつか円盤購入をスキップすることになりそうです。

これでユーフォの円盤購入がさらに延びた。
これはBOX待ちに変更したほうがいい。


ずんだ餅~。では、どこがオススメなのかと。
だだちゃ豆を「すり鉢とすりこぎ」で潰したものを最初に食べたので、これが自分のスタンダード。
機械だと早いけど食感がイマイチ(気分の問題でしょうが。あのツブツブ感が出ない)
これだけでどこを示しているかわかったのなら、かなりの通でしょう。たぶん。

ちなみに「ずんだ茶寮」がなぜダメかといえば、自分の天敵「萩の月」を出している店だから。
・・・九重とかロンドールなんていうのも知っているとなれば、萩の月を敵視しているのも理解できるのではないかと(笑)
このページの最初に戻る

2017年5月11日(木)
From Takahashi
とりあえず「ずんだ茶寮」はいかん。
このページの最初に戻る
2017年5月11日(木)
From Hirorin

Marinさんもそう言っていました。
仙台のお土産と言われて「萩の月」をもらうとガッカリするとか。

それから「ずんだ餅」も、大丸に入っている店のはダメだと言っていました。
どこでしたっけ?変な名前だったのですけど。

このページの最初に戻る

2017年5月11日(木)
From Takahashi

以前、姫に蒲鉾をもらったことがある。
お菓子は・・・月世界しか知らん。
美味しいものと言っておけば、間違いない。
Marinのバカは、他のことはともかく、お菓子の目利きだけは完璧だから。

ちなみに、仙台土産で「萩の月」はありえん。
自分なら絶対「支倉焼」

このページの最初に戻る

2017年5月11日(木)
From Hirorin

Marinさんが、近々イベント(ドサ回り)で近くまで行くので富山を偵察してくるそうです。
お土産は何がいい?
って聞かれてもわかりません。
やっぱり、今話題のチュパカブラ饅頭(本物)ですよね。
このページの最初に戻る

2017年5月11日(木)
From Takahashi

アニメはいいからエジプトをやれと・・・。
何かやる気にさせるネタを提供してくださいませ。
それに、アニメは本業だしやめろと言われてもやめられんのです(笑)
このページの最初に戻る

2017年5月10日(水)
From Takahashi
 

突如現れたスリッパ。
これ、シリアのパルミュラ遺跡に行ったときに泊まったホテルのもの。
病的なエジプト好きではありますが、個人的な「遺跡」というイメージあった場所はエジプト国内でも二度行ったマチュピチュでもイースター島でもなくここ。

右の写真はそのパルミュラ。
元はカラーですが、最近モノクロ写真に目覚めたものでちょっとアレンジ。

もう一度行きたいですね。パルミュラも。
このページの最初に戻る
2017年5月9日(火)
From Hirorin
サクラクエスト。
舞台である間野山のモデルが富山県南砺市らしいのですが、ココってホテルとかあるのでしょうか?
うちのサークルが使えそうなところ・・・どうせ1回で出禁になるけど。
レストラン・・・アンジェリカのモデルになった店もあるのかな??
ところで、南砺市って海の近くなんでしょうか?
山の中みたいですけど・・・富山に行って山の幸・・・海の幸希望。
このページの最初に戻る
2017年5月9日(火)
From Takahashi

久々にダロワイヨのオペラを食べた。
昔は銀座か日本橋まで出かけて買わないといけなかったのに・・・いい時代になった。
自分が通わなくなってからイチオシがキューブに代わっていたのはちょっと悲しい。
このページの最初に戻る

2017年5月8日(月)
From Hirorin

Marinさん、知り合いのパティシエに頼んで作ってもらったそうです。
饅頭じゃなくてチュパカブラサブレだそうですけど。
「オシャカルト~~」ってメールが来ました。
しか~し、現物はなく、送られてきたのは写真と食べている動画のみ!!
限定品なので自分だけで食べるそうです。
そのパティシエさんの紹介で和菓子屋さんと知り合いになったのでチュパカブラ饅頭(Marinさんバージョン)も食べられるそうです。
食べたいな~食べたいな~オシャカルトなチュパカブラ饅頭。
それにしても、ずいぶん暇なんですね。Marinさんのためにそんなものを作るなんて。

それからですね、うちの会長がサクラクエストを気に入ってしまい、サークルの夏スぺは富山開催で準備するようにと。
サークル会員は富山の人がいないので一番近い名古屋チームにお願いしましょうと提案したのですが、行きやすさは東京チームが一番だと即答。
誰が先乗りするんですか~~~私ですよね。貧乏な私がお世話係ですよね~~。
嫌だよ~~せっかくの日本海なのに海の幸を目の前にして食べられない悲劇なんて。
富山って空港あるのかなんて私に聞かれてもわかりません。
ということで、このまま順調にことが進めば、夏のある日限定でエジプト好きが富山に集結します。
たぶん1000人。じゃなく100人くらいですけど。
このページの最初に戻る

2017年5月8日(月)
From Takahashi

美味しいと大評判の「チュパカブラ饅頭」、一度食べてみたい。
取り寄せできんところが難。
どうやら富山までいかないと買えないらしい。
北陸新幹線に乗って饅頭買いに!的な。
Marinが買いに行ったらひとつもらおう。

・・・待てよ。姫の地元は富山だったような。
このページの最初に戻る

2017年5月7日(日)
From Takahashi

どっかで見たシーンだと思っていたが、そうだった。
見ている方は喜劇だが、やる方にとっては悲惨極まりない惨劇。
Marinとミコという某エジプトサークル東西コスプレ女王による伝説のバトルもあったな。
このページの最初に戻る

2017年5月7日(日)
From Hirorin

サクラクエスト5話。
ツインストロー事件。
なんか、我がエジプトサークルのイベントの忌まわしき儀式(罰ゲーム)がアニメでそのまま再現されているとは・・・。
でも、かなり細かいですよね。
知っていますか?アナログとアナクロの違い。

このページの最初に戻る

2017年5月6日(土)
From Takahashi

サクラクエストは地味という評価らしいです。
派手なアクションがなければダメという人ならそうでしょう。

ルクソールだけでなくアマルナでも労働者の村で労働者がそれぞれ信じる神を祈り、神殿とは言わなくても祠のようなものはあった。
それではギザはどうか?
ルクソールやアマルナよりも多くの労働者が集まっていたギザで労働者の宗教施設というものが見つかった話を聞いたことがない。
この時代は神を信じる神殿のようなものがなかったとは思えないが。
なぜ見つからないのだろうか?
なかったのか?それともある種の人がいうような王自体が崇拝の対象だったのか?
ちょいと疑問が浮かんだもので。

このページの最初に戻る

2017年5月5日(金)
From Hirorin

うちの会長、5話を観て全巻購入決めたみたいですよ。
サクラクエスト。
私は・・・30社落ちたのがトラウマで。
でも、5話面白かったですよね。
神回はないかもしれないですけど、“普通”に面白いです。
なんだかんだで毎回観ています。
時々名言が来るし。

今日もMarinさんのイベントに参加です。

このページの最初に戻る

2017年5月5日(金)
From Takahashi

久々にルクソール神殿!の野外博物館で撮影した写真をぼんやり眺めていました。
ここにも詰石に利用されたアクエンアテンが建てた建造物の残骸が展示されていますが、よ~く見るとアテン神の後期名が。
ルクソールではアテン神前期名しかないものと思っていたのでちょっとビックリです。
書き換えが行われたのだから当然だろうと思うかもしれませんが、そうであればあれだけ前期名がゾロゾロ出てくることと矛盾するような。
しかも、書き換えの痕跡なしのオリジナルアテン後期名に見えたりもするわけで。
ルクソールでもアメン神の削り落とし作業ばかりやっていたわけではなく、治世後期でもアクエンアテン(もちろん彼の建築家なり労働者だが)は真面目に建築活動していたということなのでしょうか。
それとも、実はアテン信仰を捨てきれていなかったツタンカーメン作とか。

      
左ががルクソールではおなじみのアテン神前期名、右がアテン神の後期名が刻まれたブロック


左の2つがアテン神前期名
右の2つがアクエンアテン治世9~10年から使用されたアテン神後期名

このページの最初に戻る


2017年5月4日(木)
From Takahashi

サクラクエスト5話。
面白い。
子供にはわからんのだよなどとブツブツ。
5話の中での会話。

「世の中に代わりのきかない仕事はない。でも、結果は人それぞれ。誰がやっても同じように見えて実は少しずつ違う。見る人が見れば」
これはいい言葉。、元気が出そう。


ここでもクラウドファンディングが登場。
個人の名前を売ることが主たる目的である某プロジェクトとは違うな。アニメの中だけど。


OP&EDもいいです。
特にOPは、毎回スキップせずに眺めるというのは自分にとっては非常に珍しい。
画もいいし、音楽もいい。
アニメは好きだが、肺活量自慢か幼稚園学芸会風のばかりの金太郎飴的アニソン嫌いな自分が好きといえるものは久しぶり。
いやに入れ込んでいますが何かありますかという質問がいくつかありましたけど、これには全然関わっていません。単に個人的に好きなだけです。


そうそう、放浪の芸術家、通称サンダルさんは実は原作者だった!!
このページの最初に戻る

2017年5月4日(木)
From Takahashi

NHKのアニメ100。
笑えました。
自分が観たものが・・・ない。
トップ10内はCCサクラのみ。
トップ
20位内も4つ。
トップ100でも30弱・・・マイナー路線だったのかと嬉しくなるのがアニメオタクというところか。
ARIAシリーズが100位以内に入らなかったのは残念だったですけど。
このページの最初に戻る

2017年5月3日(水)
From Takahashi

ヤフーに「エジプト観光日本人客は戻るのか」というニュースがあった。
体調万全で金があれば365日エジプト(というかアマルナ)にいるであろう自分には関係のないニュースですが。
個人的には、インタビューを受けたマダム石原の写真を載せてもらいたかったですね。
マダムは元気にやっていることが確認できてうれしいのですがやはり写真が見たかった(残念)

このページの最初に戻る

2017年5月3日(水)
From Hirorin

1回目終了。
ではな~~~い。
なんと失礼な。
いいですか!!私の料理を食べて死んだ人はいないですからね。
それなのに、私の料理は武器だの兵器だのと生意気なことばかり言っているまぁ~は全然偉くないんですからね。
うちの会長も見に来ていました。
会長曰く「肥料もやらず草取りもしない。種まきもしたかも怪しい。それで豊作を願っているのだよ。あいつらは」
最近畑を始めた会長さんらしいコメントでした。

それにしても多いですね、Marin防衛隊。
見上げた忠誠心です。

このページの最初に戻る

2017年5月3日(水)
From Takahashi

Hirorinのあの手作り料理を毎日食べているだけでもまぁ君は偉いと思うよ。
このページの最初に戻る

2017年5月3日(水)
From Hirorin

今日はMarinさんのイベントを見にいきます。
ミニコンサートと握手会・・・行きたくないです。
でも、その後にごちそうしてもらえるのでいきます。
私はいやいや行くのに、アホ旦那まぁ~と娘のまりんは昨日から楽しみにしている。
納得いかん!!
妻であり母でもあり、毎日お前さんたちの面倒を見ているのはこの私だ。
母の日にカーネーションをくれるまりんはまだいい。
おい!まぁ、私の誕生日にも結婚記念日にも何もくれないというのはどういうことだ。
ホワイトデーに何も返ってこなかったし。
そのくせ、Marinさんにあげるために花束を用意するとはどういうことで・す・か??
まったく朝から面白くない(怒)

このページの最初に戻る

2017年5月2日(火)
From Hirorin

やっと始まる私のGW。
ひとさまの半分。
そして、なぜか給料も半分。
休みが半分で給料も休みに比例して半分とはなんという不条理。
このページの最初に戻る

2017年5月1日(月)
From Takahashi

今日、都美で開催中の「バベルの塔展」に行ってきました。
個人的には「バベルの塔」以外はあまり興味をそそるものがありませんでした。
入場券はいただいたものでしたが、自分で購入したものだったら、少し・・・いや、かなり悔しいと思ったことでしょう。
「バベルの塔」自体、それだけで十分お金を払って見る価値はあるのですが、その他は自分の守備範囲外なもので。
しかも、ショップでクレジットカードで支払いをしようとしたところ、1万円以上お断り・・・ほぼ現金を持っていない自分はどうしろと。
図録を4冊買わないと1万円にならんよ。
しかも、今回は図録を購入する気がなかったので取りやめ。
都美のミュージアムショップで欲しかった絵葉書(こちらではウィーンにある有名な方の絵葉書もありました)が購入できたので良しとしよう。
この後巡回するのだが、東京だけの特典として近くの芸大でバベルの塔の模型が見られる。
この3mほどの模型はかなり精工で見るべきもの(しかも無料。さらに写真撮影OK)です。
芸大の3D復元技術は法隆寺壁面(今回2面が展示されていました)、
バーミヤン天井ですでに証明されていますが、今回も非常によいです。
ちなみに、美術展で上映されている素晴らしい映像も芸大の協力で出来上がっています。
これから「バベルの塔展」に行く人も多いでしょうが、芸大にも立ち寄るべきでしょう。
隣にあった仏像も自分にはレプリカに見えない出来でした。
絵はいいです。
次に都美に来るのは7月でしょうか。
八重洲のいつもの店でお寿司を食べました。
このページの最初に戻る

2017年4月29日(土)
From Takahashi

それ本でも書きましたが、書き足りなかったのでこちらでも。
今回レビューしたEA(Egyptian Archseology)は年2回発刊で1巻1000円ほど。
日本語でこのような雑誌がないことが日本におけるエジプト学の裾野の狭さを感じます。
これまでいくらでもチャンスがあったのにそのような努力をしないで、今頃になってクラウドファンディングとは笑える。
吉村氏ができなかったのなら次世代がと言いたいが、どうやら更にそういう気持ちのない人たちばかりのようで日本のエジプト学の未来は非常に暗い。
何度も言うようだが、熱心だが少数の信者から絞るだけ絞る取ることはクラウドファンディングとは言いません。
人はそれを「焼き畑農業」と呼ぶ。
焼き畑農業(ここの住人にはいないでしょうが、知らない方は「営業用語 焼き畑農業」で検索)は本当に何も残らんよ。
このページの最初に戻る

2017年4月29日(土)
From Takahashi

それ本に1冊追加。
ジャーナル編にEA50のレビューを。
ケンプ先生からメール。
アンナさんが北の墓地(岩窟墓ではなく市民の墓)の調査を始めることやアテン大神殿の調査状況について書かれてしました。
ケンプ先生にがんばれと言われてしまうと、(まったくもって単純だが)やる気が出てこうやって書き込みをしている。
もう少しがんばろう。

このページの最初に戻る

2017年4月28日(金)
From Takahashi

録画したままになっていたものを観ました。
今期のアニメ。

世間の評判はイマイチのようだが、個人的にはサクラクエストが一番。
正解するカドが続き、あと2本とりあえず観る。
残りは趣味に合わないのでアウト。

病院に閉じ込められていた間に来たメールはほぼ全部削除しました。
クロヤギさんかアオヤギさんかは知らんが、必要があればもう一度メールくださいませ。
しばらく現世にとどまるので今度は返信できますので。
このページの最初に戻る

2017年4月28日(金)
From Hirorin

自主的にあっちの世界に行かなくても寿命がくれば強制的にお迎えがやって来ます。
それまではしっかり社会貢献をしましょう!!
このページの最初に戻る

2017年4月27日(木)
From Takahashi

自主的に向こうに行こうと思ったのですが、修行が足りないらしく追い返されてしまいました。
ということで、もう少しこちらにいることになりました。
せっかく助かったので、今度トライするのは「サクラクエスト」を全部観てからにします。
では、とりあえずあと半年くらいよろしくお願いします。

このページの最初に戻る

2017年4月24日(月)
From Hirorin

明後日退院だそうです。
心配料としてどこかでごちそうしてもらわなければいけません。
やっぱりインペリアルバイキングがいいです。

このページの最初に戻る

2017年4月23日(日)
From Hirorin

Takahashiさん、もうすぐ復帰。
いや~~びっくりしましたよ。
15日から入院してしまって!!
いやですよね、病弱な人は。
と、健康だけが取り柄の私は言うのでした。
このページの最初に戻る

2017年4月14日(金)
From Hirorin

Takahashiさんへ。
Marinさんが、プリプリ怒っています。
「そんなものを観ていないで私が出ているヤツを観なさいよね」
だそうですよ。
Marinさんが機嫌が悪いと私の待遇にダイレクトに影響します。
サクラクエストがお気に入りなのはわかりますが、そこをなんとか!お願いします。
ところで、小野屋杏さんとか高坂麗奈さんだけでなく、態度の悪い黄前久美子さんまで登場してるんですね。
Marinさんは・・・普通!に出てないです。

このページの最初に戻る

2017年4月13日(木)
From Takahashi

サクラクエスト。
非常によいです。今期1番確定。
特に気分的に重い内容はムリなので。
このページの最初に戻る

2017年4月10日(月)
From Takahashi

当然ですが、吉村氏のクラウドなんとかについて大量にメールが来ました。
お前さんのアイディアとやらを開陳せよというのもありましたが、さすがはここの住人だけあり大部分はアレに対する批判のもの。
いわく、「太陽の船の復元は素晴らしいが、結局手柄はすべて作爺が持って行く。それが気に食わん。」
これが大勢の言葉を端的に表しているメール。

実はもうひとつ、かなりの数が集まっていたものがあります。
「河江さんにお願いしろ!もっとも河江さんに頭を下げるなどと器の小さい作治やその子分どもにできるはずがないけどな」
一般向けのセミナーを数多く行っている河江さんに声を掛ければ賛同する人(もっとも吉村氏が望む高額な寄付は望めないが)も多いと自分も思うし、それができないところに今まで日本のエジプト学を主導してきた早稲田閥の問題があるのも事実。

飲み会にとんでもない支出しているらしい某エジプトサークルなどその気になれば結構な数の寄付者と金額を叩きだすのでしょうが、今までの経緯から吉村氏の名前が全面に出ているかぎり1円たりとも出すことはないでしょう。
早稲田嫌いが集まっているし。
もっとも、早稲田関連の人たちだけで集まるとは思いますけどねぇ。
集まらないということであれば、それこそかなり深刻な問題だ。
これを書いている時点で寄付者は約60人!少ない!少なすぎる。
これは設定金額が高いだけでなく、他に理由があるのでしょう。

このページの最初に戻る

2017年4月9日(日)
From Hirorin

Takahashiさんおすすめの「サクラクエスト」ですが・・・。
私はちっとも楽しめません。
なんか、私がモデルのようで、なんというか暗い過去というか自分の黒歴史を見ているようでツライ。
だいたい、ニセあおい嬢は髪の毛ピンクに染めているから30社も落ちるのですよ。
ピンクのままならこれからもずっと落ちます。
・・・私はちゃんと黒く染め直したのに落ちましたけど。

このページの最初に戻る

2017年4月8日(土)
From Takahashi

久々に河江さんのツィッターを覗いた。
太陽の船プロジェクトの寄付の記事があった。
まず設定された金額が全体的に高すぎる。
相変わらず100万円集めるのに1口100万円の寄付を呼び掛けるようなやりかたで、日本におけるエジプト学の広がりを考えたら無理がある。

プロが運営しているようだが、ダメですね。あれは。
もっとうまくお金を集める方法もあるというのにそれを考えつかないとはプロもたいしたことがないなと思う。

たぶん、あれは個人向けというより企業向けの宣伝なのだろう。
それと吉村氏を呼ぶのに100万円とは笑止。半値でも高すぎる。
このページの最初に戻る

2017年4月7日(金)
From Takahashi

更に上。「正解するカド」・・・0話で狂喜したものの、1話で早くも途中リタイアの気配。
やはりサクラクエストが
1番ぽい。
現在チェックした中ではあと二つアタリっぽいのがあった。
このページの最初に戻る

2017年4月6日(木)
From Takahashi

サクラクエストは最高じゃ。
主人公が、あおい嬢に似てなくもないが、それを含めて素晴らしい。

今日は、親が天ぷらを食いたいというので天一へ。
本当に食えるのかは疑問だが、自分自身の心身の栄養補給ということでとりあえず行こう。
このページの最初に戻る

2017年4月2日(日)
From Takahashi

恒例のエイプリルフールネタもスルーしてしまいまいました。
色々あってしばらくお休みしましたが、たぶん、しばらくこういう状態が続くのではないかと思います。
質問や意見などは来ているのですが、ちょっとそれに対応する状況ではないです。
すいません。
出かけることも少し困難になってきました。
バベルの塔展には行きたいと思っていますが、それも叶うかどうか怪しいです。

このページの最初に戻る

2017年3月19日(日)
From Takahashi

紹介しながら自分は見ていなかったのですが、律儀に見た住人たちからクレームの嵐。
自分は「真面目に見るとイラっとする」と注意喚起したのですが、そんなレベルではないと最後まで見た某エジプトサークル古参会員からお叱りまで来ました。

告知した時間に始まらない。(時間に厳しい某エジプトサークルではありえない。Marin防衛隊ではMarin本人以外は遅刻厳禁で遅刻した会員は罰金刑)
10分遅れで始まったものの、機材トラブルで更に遅延。
中身はテレビの内容を消化しないまま垂れ流し状態で喋っているだけ。
ここではエジプトマングースで確定しているカワウソの像は新王国時代のものと言っていた。
極め付けは赤ピラミッドの核は花崗岩なので赤く見えるという驚異の新説まで飛び出す始末(ここで書くまでもなく核は石灰岩。赤く見えるのは鉄分を多く含んでいるためというのが一般的)
クフのピラミッド、本来の入口にある切妻式構造を新しい通路の入口と勘違いしている。この先生、ピラミッドの内部構造どころか、基礎も知らない。
カウラー以前には等身大サイズの像さえ作られなかったと偽証した。ジェセルの像、カセケムイの像はどうする!!
時間が余ったからとポテチ(と書いてあったが、どうやらワサビせんべいらしい)を食う画像を見せられた。
などなど。

ちなみに、自分は見ていないので何を話したのか知りません。
まあ、知らなかったことにして関わりを持たないことにするのが、お互いにとって一番いいことでしょう。
このページの最初に戻る

2017年3月18日(土)
From Takahashi

先週笑わせてもらった奥井女史のエジプト講座。
今日の21時から新しいのがあるそうです。ここ
ただし、真面目に観ているとイライラします。
このページの最初に戻る

2017年3月16日(木)
From Takahashi

河江さんの講演会が横浜で4月1日にあるそうなので行きたいものです。
ただ、この4月1日の日付が気になります。
そう、エイプリルフール。
「実は・・・」などというオチはないと思うが(笑)
このページの最初に戻る

2017年3月16日(木)
From Takahashi

「河江氏の二つの通路についての説について疑問がある」というメールがいくつか届きました。
河江氏の説を受け入れるならば、メンカウラーの通路も花崗岩で内張する必要があるはずで、当然当初から計画に入れていなければならず建造最終段階で通路を作り始めたのはおかしいのではないかというものです。
カフラーのピラミッドを基準に話をするなら、上下エジプトを赤白で表現するためにメンカラーの通路も花崗岩で内張されていなければならず、更に外装石に花崗岩を使用していないクフのピラミッドはまだ見つかっていない秘密の通路は花崗岩で内張されていなければならないという意見もありました。
以前フランス隊が調査した時には外側を巻くように空間がある可能性がある証拠は見つかっているが、南北に延びる通路状の空間を思わせるものは見つかっていないという意見もありました。
どれもなるほどと思わせるものなのですが、少なくてもクフのピラミッドについては現在おこなわれている調査結果がほぼすべてを解決するのではないかと思います。
もっとも花崗岩で内張されているかまでわかるのかは知りませんけど。
このページの最初に戻る

2017年3月16日(木)
From Takahashi

エジプトのカワウソの話。
あれは
エジプトマングースではないかという意見が。

姫に「ファラオのシッポ」の話をしたら、ライオンのシッポの写真を大量に送ってきた。
雄牛に決まっているのじゃというコメント付きで。

このページの最初に戻る

2017年3月15日(水)
From Takahashi

野谷美佐緒さんのツィッターを眺めていたら面白そうな本が・・・「La chambre de Snefrou : Analyse architecturale de la pyramide rhomboïdale」。
この本の著者が書いたクフのピラミッド本を河江さんにすすめられて読んだ(間違い。眺めた)がよかった・・・とフランス語がわからないのになぜかそう自慢げに言う自分(笑)
そして、先日TVで河江さんが紹介したメイドゥムのピラミッドにある秘密の部屋を見つけたコンビでもある。
7月までは本は買えないけど欲しい。
このページの最初に戻る

2017年3月15日(水)
From Takahashi

そうかもしれないけれども、赤ピラミッドとクフのピラミッドにあってカフラーのピラミッドにないものを考えてもいいのでは?
たとえば、高い位置にある玄室とか。
あれは、そのための保険のようなものかもしれません。
物理学はサッパリなのでそれによってどのような効果が得られるかは知りませんけど。

このページの最初に戻る

2017年3月15日(水)
From Hirorin

クフのピラミッドにもう一つ通路(儀礼的)があるようなら、次は赤ピラにとなりそうですね。
8面体の話の続きも聞きたいですし。
8面体は赤ピラ&クフだけですよね。
なにかいいことがあると思ってやったけどそうでもなかったからカフラーはやらなかったということなのでしょうか?
このページの最初に戻る

2017年3月14日(火)
From Hirorin

・・・結局Takahashiさんからしかもらえなかった私。
会社の人ももらう時ばかりいい顔して絶対返さないし、ダンナなんか私には絶対寄越さない。
Marinさんにはちゃんとお返ししていることはちゃんと知っているんですからね!!
今晩はお仕置きだ。


エジプトのカワウソ・・・昨年かわいいと話題になっていたような。

2017年3月14日(火)
From Takahashi

Marinからはどう見ても4桁後半のチョコ、Hirorinのは明治ミルクチョコレート。
これで、返しが同じというのはないと思うのだが。
それでも倍率から言えば、Hirorinの方が圧倒的に大きいと思う。
Marin=倍返し、Hirorin=20倍返し。
このページの最初に戻る

2017年3月14日(火)
From Hirorin

届きましたよ~~ホワイトデーのお返し。
Marinさんの方がいい物をもらっているのが納得いかないですけど。

2017年3月14日(火)
From Takahashi

同じ時期に別の工法を用いるとはおかしいと思いとりあえず調べてみました。
ここを調査したG・レイズナーによるメンカウラーの付属ピラミッドの断面図。
微妙に傾斜がついています。
前言撤回。
メンカウラーのピラミッドも核はこういう感じで河江さんが撮影したのはこの図でいけば青で示したような部分でしょう。

ついでに書けば、初期の刷り込みの影響か、それとも自分の勘違いなのか、自分はずっとメンカウラーは次王シャプセスカフにより新しい玄室が作られて再埋葬されたとずっと思っていたのですが、改めて断面図を見ると埋葬室の屋根をピラミッドが完成した状態か運び込むのは不可能に見えます。
ピラミッドのコアがかなり出来上がった状態で可能ならそれもあるかもしれませんが。
最初から現在の埋葬室を作るプランだったと考える方がより納得できそうです。
付属室を掘るくらいなら後からでもできますけど。
このページの最初に戻る
2017年3月14日(火)
From Takahashi

映像を見るかぎり2番目のような気もするが。

それにしてもせっかく撮った貴重な映像をこのまま埋まらせるのはあまりにももったいない。
昨年のネフェルティティでもせっかく撮ったTT139の映像はそのまま御蔵入りだし。
全部出せよ。というかそれだけで特番作れるだろう。とTBSに言いたい。

そうそう大事なことを忘れていた。
エジプト特番の時はかならずホラン千秋を呼んでほしい。
昨年の現地での振る舞いを知れば、人気がどれだけあってもエジプトになどまったく興味のないアホなタレントなどを呼ぶよりはるかに有益だとエジプト好きなら誰でも納得することだろう。

このページの最初に戻る

2017年3月13日(月)
From Hirorin

土曜日のふしぎ発見観ました。
う~ん。カバ狩りはあっという間に終わりましたね。
あれで映像の貴重さは伝わったのでしょうか?

せっかく撮ったのなら番組サイトで残りも見せてもらいたいですよね。

ところでメンカウラーのピラミッドの裂け目の部分ですが、コアが階段状というのはどういう意味なんでしょうか?
階段ピラミッドのように傾斜させた付加構造ということなんでしょうか?
それとも平積みの付加構造ということなんでしょうか?
それとも、メンカウラーの王妃ピラミッドのような階段ピラミッドのようなことなのでしょうか?
誰か教えて~~。

このページの最初に戻る

2017年3月13日(月)
From Takahashi

カフラーの下部通路にも閉鎖装置はありますとメールがありました。
自分もいくつかの資料を見たところ下部通路にも閉鎖装置があると書かれていました。
このページの最初に戻る

2017年3月13日(月)
From Takahashi

ドローンの映像で一番興味深かったのはカフラーのピラミッド頂上部。
上のブロックの受け口になるくぼみがはっきりと映っていました。

ピラミッド8面体についての話も面白かったのですが説明が少し足りなかった。
まず、8面体はクフのオリジナルではなく赤ピラミッドが最初となっており、カフラーとメンカウラーのピラミッドには見られないものとされています。
内部構造上の問題から8面体となったという説もありますが、より深刻な問題を抱えていた屈折ピラミッドが8面体になっていないことから意図的なものを感じます。
解析からどういうことが導き出されるのか楽しみです。

それから多くの人から「笑える」というおすすめ動画を昨日少しだけ観ました。
奥井さんという自称エジプト好き声優(某エジプトサークル&防衛隊関係者以外も多く閲覧しているので、一応つけ加えておくとMarinではありません)が毎週土曜日にライブ配信しているエジプト講座風動画。
エジプト講座でなぜ笑えるかまったく理解できなかったのですが、1日遅れで配信された昨日分を観て納得しました。
あれはここの住人が見てはいけないレベルです。
自分が観たのは丁度ウナスのピラミッドの話をしているところだったのですが、この番組の先生である奥井女史曰く「ウナス王は、新王国時代・・・中王国時代の王だったかな・・・」
第5王朝!と思わずメッセージを送りたくなる衝動に駆られました。
ライブ配信なのでここに隊員を大量に乗り込み番組を粉砕するというMarin防衛隊による邪悪な計画はわざわざエジプト好きを減らす必要はないということで無期延期になっていますが、同じような考えを持つ人もいるだろうから少なくとも話す内容くらいに関連するものくらいは事前に調べて欲しいです。
ウナスが第5王朝の最後の王ということくらいはエジプト好きなら常識ですし、軽く調べてもわかると思うのですけど。
このページの最初に戻る

2017年3月13日(月)
From Takahashi

ピラミッド内の2つの通路について。
さすがはここの住人。
河江さんの提案に即賛成という人は殆どおらずひたすら自説を展開(笑)
だいたい4つに集約されます。

その1=失敗説&放棄説&増築説
本当に河江さんが主張するような概念が存在するならメンカウラーのピラミッドのような事態は起こらんだろうというもの。
更に、この後に造られたピラミッドにそれが見られないのもそれの根拠である。
その2=脱出路説
メンカウラーの未完成通路は空気取り入れ口だろうという意見。
クフのピラミッドにあるようなものを言っていると思われます。
その3=脱出路説。・・・これは結構面白い。個人的にはこれはお気に入りになりそう。
カフラーの下部通路だけでなくメンカウラーの未完成通路も脱出路として計画されたもの。
クフのピラミッドの井戸の役割を担っていたと言いたいのでしょう。
何人かはメンカウアラーのピラミッドで河江さんが通路で乗り越えた岩は上部を塞ぐ時に落ちたものと主張しています。
その4=その他
面白かったのはカフラーの下部通路は「南の墓」の役割を担っていたというもの。上部通路こそ本来のもの(この方によれば閉鎖装置は上部通路にあった)である。
このページの最初に戻る

2017年3月12日(日)
From Takahashi

「ジェドエフラー友の会」から。
外装石に赤色花崗岩を使用したのはジェドエフラーです。
そして、名前にラーを漬けるのもジェドエフラーから。
カフラーはジェドエフラーが始めたものをそのまま取り入れただけです。
ピラミッドは大きいですけど。
というわけで、ジェドエフラーがトレンドを作ったのです。


カフラーの2つの入口のうち、古い方は現在の入口で、現在使われていない上の入口こそ本当の入口だそうです。
といいうことであれば、上の入口からの通路に閉鎖装置があるということなのでしょうか。
この通路を通るチャンスがあったのに躊躇したことを今になって後悔しています(笑)

このページの最初に戻る

2017年3月12日(日)
From Takahashi

色々来ましたので少しずつやります。

メンカウラーの「秘密の通路」についてかなりきました。
載せた断面図は一般に使われているもの。

あの説明に疑問を呈するメールで多かったのは右図と話が違うというもの。
ここで使用したリッケの図が正しければ番組内の説明に疑問が出ます。
二つ目の方はパワープレーで石を下から入れることは可能だがどうも怪しいというもの。

個人的には伝統ということであれば、なぜピラミッドを積み上げてから通路を作り始めたのはチョット・・・。

ピラミッド内の装飾はメンカウラーが最初とありましたが、多くの資料で階段ピラミッド内に装飾があったとなっています。

オリオン座の話はリップサービスでしょう。というか河江さんは言っておらん。
このページの最初に戻る

2017年3月11日(土)
From Takahashi

メールが溜まったのでここで「世界ふしぎ発見」の感想。
せっかく撮った映像をあれで終わりにするのは非常にもったいない。
カフラーとメンカウラーのピラミッド内部は特に。・・・カフラーの頂上部もよかった。
ウナスの玄室はあっさりと終わったがあれももう少し見たかったです。

最初の問題のカワウソにはちょっと驚きました。
見たことないな~~カワウソ。
絶滅したのかな。

で、ここからが本題。
ピラミッドに入口が2つある話をどう思うかというメールがかなり来ました。
自分はピラミッドを大きくする過程の遺物だと思っていましたが、そう考えると屈折ピラミッドの西側の入口の説明もつく。
ただし、屈折ピラミッド(メイドゥムも)、それからギザのピラミッド群に2つ入口があるとなると、当然赤ピラミッドも疑うべきでしょう。
クフのピラミッドにもう一つの入口が見つかるかどうか。これに尽きる。

ついでに言えば、メンカウラーの2つの入口についての説明はイマイチ腑に落ちなかった。
あの説明では、玄室完成後に岩盤を掘ったように聞こえるが、それでは父・祖父・(曾祖父)の伝統を受け継がず、突如思い出したように始めたことになる。
これはどうなのかなと。

外装の赤白については、以前ライナー・シュタデルマンに何か意味があるかと尋ねたことがあるが、返答はデザインだろうというものだった。
たぶん、今夜いっぱい色々来ると思うのでまた明日。

このページの最初に戻る

2017年3月9日(木)
From Takahashi

エジプトツアーレビュー更新。

2017年3月8日(水)
From Takahashi

昨晩、面白いメールが・・・。
例の尻尾の最新情報だが、あまりにも衝撃すぎるのであっちこっちにチェックを入れています。
纏まったら書きます。
前フリは・・・自分にとっては灯台下暗しのようなもの。
このページの最初に戻る

2017年3月8日(水)
From Takahashi

病院の帰りに天一へ。
「あれ~今日はこっちじゃないんですか?」と馴染みの店員さんが指さしたのはカウンター席。
今日は時間がなかったので、天丼。
美味しかった。
このページの最初に戻る

2017年3月6日(月)
From Takahashi

ストラトではなくテレキャスター。
しかも、かなりの年代物。
所有者曰く「あまり手を入れていないほぼオリジナルという」らしい。
個人的にはフィンガーボードはエボニーとは言わんが、ローズウッドの方が好きだけど。
とりあえず壊せんよ。そんなもん。
久々にワウも踏んだし楽しかったけどこの後5年はギターに触らない。
このページの最初に戻る

2017年3月5日(日)
From Hirorin

いや~~スゴかった。
ほぼ何をやっていたか忘れるくらい長い長いソロパートでした。
20年ぶりとか重いとか嘘ッパチですね。完全に。
あれでギターを壊していたら完璧だったけど、どうやら借り物のストラトキャスターだったらしくほぼ無傷(チョップを食らわしていたけど)で所有者に戻っていました。
なかなか歌う場面に戻ってこないMarinさんがプリプリしていたのは少しかわいかったです。
本人は全部アドリブと言っていましたけどどうも怪しい・・・とりあえず今日のパーティーに参加した人はラッキーでした。
サークルのサイトで動画流しますから参加できなかった皆さんはそっちで楽しんでください。(会員限定ですけど)
このページの最初に戻る

2017年3月4日(土)
From Takahashi

ギザのマスタバ群の年代別分布図の概要が完成。
いよいよ本命のWestern cemeteryの作業開始。
これは結構手間です。
なにしろ今だにどの時代に属するか確定していないものが多い。というか多すぎる。
吉村氏の希望どおりの結果が出るかはお楽しみ・・・概要でほぼ明らかにはなっているが。
ちなみに、吉村氏の説が正しければ、少なくても第4王朝時代のマスタバ群の下にクフの墓があることになるはず。
個人的には吉村氏の説は全く信じていませんが、吉村氏がどういう根拠を元にそれを展開するのか非常に興味があるし、どこをメインターゲットにするのかも興味深い。
そういう意味から予習を兼ねてこれを行います。念のため。
このページの最初に戻る

2017年3月4日(土)
From Hirorin

何たる侮辱!事実無根の誹謗中傷とかプリプリ怒っていますよ。
Marinさん。
防衛隊は、いつものように本人のいないところで公開処刑。
このページの最初に戻る

2017年3月4日(土)
From Takahashi

音痴だし。
このページの最初に戻る

2017年3月3日(金)
From Hirorin

MarinさんのバックはAPHがやるんですね。
豪華~~。
こうなると、Marinさんの甘ったるいボーカルだけがマイナス要因っぽいです。
まあ、Marin防衛隊にはそれがいいのかもしれませんけど。

このページの最初に戻る

2017年3月3日(金)
From Takahashi

他人様の誕生日パーティーだよ。
話すネタってお祝いのスピーチ?

このページの最初に戻る

2017年3月3日(金)
From Hirorin

即日ソールドアウト。
瞬殺のほうがより近いです。
Takahashiさん、ギターをチョロっと弾いて終わりというわけにはいかもしれません。
何か話すネタを考えておいてください。

嫌ならもう1曲とか。
このページの最初に戻る

2017年3月3日(金)
From Takahashi
人はそれを黒歴史を言う。
このページの最初に戻る
2017年3月3日(金)
From Hirorin

情けないことを言わないでください。
Takahashiさんが椅子に座って弾いているのも見たらみんな泣きますよ。
アレ見たいです。ギターアンプに突き刺すパフォーマンス。
ギターを火あぶりにするのでもいいですけど。
チェーンソーで切るのも見たいです。
このページの最初に戻る

2017年3月3日(金)
From Takhahshi

ギターといってもスライドギターで軽く弾くだけだから。
久しぶりに人前でギターを弾くような。
昔恥ずかしげもなくこれを振り回していたのかと思うと少し恥ずかしくなるが、とりあえず重い。
10分間これを持ったまま立っているのはつらい(汗)
体に悪いので座って弾こう。
このページの最初に戻る

2017年3月3日(金)
From Hirorin

とか言いながら、今頃せっせとギターの練習をしているTakahashiさんの様子が目に浮かびますよ~。
会長の誕生パーティーのセットリストにしっかり名前が載っているじゃないですか!!
「『piece of youth』 Marin With Mr.Takahashi on Guiter」となっていますよ。
楽しみです。

このページの最初に戻る

2017年3月3日(金)
From Takahashi

最近書き込みのペースが一気に落ちたのですが、別に本業?に復帰したわけではありません。
突如非常に質の高い情報が大量に流れ込むという夢のような状況が起こっています。
しかも、これが日本語!!
内容のレベルが高いのですぐに理解できませんが、自分の宝物です。
ということで、これを読むのに忙しい状況ですが、完全とはいきませんが半分くらい理解したところでここにも反映させたいものです。
このページの最初に戻る

2017年2月28日(火)
From Hirorin

私も神様の方はどうなるのか知りたいですね。
ファラオの尻尾とか言って神様があるのはおかしいと思います。
それから女神には尻尾がないことから性別に関係あるとは思いますけどオシリスとプタハとコンスにないというのはどう説明してくれるのかも気になります。

このページの最初に戻る

2017年2月28日(火)
From Takahashi
予想はしていましたが、早速質問が。
なぜ、男の王だの神だの専用と言っていたものが女性の墓の副葬品になる?
そして、やはり来ました。神様の方はどうする?プタハとコンスとオシリスの件もあるぞ。
だいたいこの2種類ですね。
もっともな疑問といえるかもしれません。

このページの最初に戻る
2017年2月28日(火)
From Takahashi

河江さんのツィッターに画像が出てきてほぼ決着っぽいです。
ここで1月29日の自分の書き込みと結果をちょいと比較してもらうと面白いかも。・・・「直感の達人」の面目躍如みたいな(笑)
あの時はそれほど根拠があって書いていたわけではないのですけどね。

このページの最初に戻る

2017年2月28日(火)
From Takahashi

「ファラオのしっぽ」
ペル・アア騒動時にファラオという呼称をこき下ろしながら使うのはいかがなものかという意見もありますが、これはこれで巷で使用されているとのことなのでここではそれで通します。
このファラオのシッポについて河江さんのツィッターに面白い情報が載っています。

このシッポの呼称ですが、実は自分にとっての「導きの書」の1冊である「消されたファラオ」にこれについて言及している部分があります。
それによれば、「雄牛の尻尾飾り」となっています。
で、一見落着したと思ったのですが、情報を提供した一人から再質問が・・・。
王については了解したが、神についてはどうなる?
男のという部分はともかく、特定の神だけシッポがないのはどういう理由なのか?
・・・これは、河江さんが示した論文を読むしかなさそうです。
ちょっと載っているのかはわかりませんけど。

それにしても、「シッポ飾り」で立派な論文1本書けてしまうとは驚きです。
論文を書く予定がない自分は「興味が湧いた時に興味のあるものを好きなだけやる」という方針は変わらず。です。
そろそろアマルナに戻れというメールも来ているのですが、もう少しピラミッドに留まる予定。
その前にアニメのレビュー(こちらは『おつとめ』)をやらねばならん。
このページの最初に戻る

2017年2月23日(木)
From Hirorin

Takahashiさんへ。
ヤフー知恵袋というところでエジプト関連の質問が来ていますよ。
今でているのはチョットどうなのと思えるものばかりなので書き込みしたらどうですか?
暇そうですし。
このページの最初に戻る

2017年2月23日(木)
From Takahashi

ペル・アア騒動。
楽しめたよ~というメールが来て安堵しました。
結局大山鳴動して鼠一匹だという意見もありますけど、これを調べたおかげで新しい知識もついたので鼠は2匹くらいはいたでしょう。
河江さんに感謝です。
ついでに河江さんには「ファラオのシッポ」についても質問を出してありますので、それもそのうち解決するでしょう。
他人任せですが、できるところまではやったはず・・・ただ、能力がちと足りなかった。


The Sunshade Chapel of Meritaten from the House-of-Waenre of Akhenatenを読んでいて欲しい本が見つかった。
が、夏までは新しい本は買わんと誓いを立てたので我慢しよう。
これ以上増やしたら本当に2階の床が抜ける・・・1階の天井にヒビが入ってたのは読めもしない本の重みだと・・・これは否定できん。
ただし、1年に10冊までとかは絶対ムリだから(涙)
このページの最初に戻る

2017年2月23日(木)
From Takahashi

今朝河江さんのツィッターを眺めたら面白い話が・・・。
ピラミッド内で発見された王のミイラ(の一部だが)がゾロゾロ。
特にジェセルとメンカウラーの写真は初めて見ました。
かなり残っていますね。
自分が知らないのはまったく問題ないのだが、知らなかったのでしょうか?あの方は・・・ほら、ピラミッドはなんとかだ~と言っているあの方。


最近、ピラミッドだのファラオのシッポだの自分の守備範囲外のものばかりやっているけど、こういうのもいずれ何かの役に立つだろうとせっせとやっているわけでアマルナから離脱したわけではありません。悪しからず。
このページの最初に戻る

2017年2月23日(木)
From Takahashi

河江さんからアメンエムハト2世近くにあるマスタバにある碑文は第5~6王朝の貴族のものだと連絡がありました。
河江さんによれば、名前にスネフルの名前が含まれているだけで第4王朝のものではないとのこと。・・・資料をよく見れば第4王朝ではなく古王国時代となっていた。
う~ん残念。
ということで、訂正。
やっぱりヒエログリフをやらないとダメっぽい予感。

このページの最初に戻る

2017年2月22日(水)
From Takahashi

河江さんのメールの中にカルナック神殿に「ペル・アア」を含む第18王朝時代の碑文があると。
ちょうど、それがJEA38にあると。ということで、すかさず見る。
ありがたいことにA・ガーディナーの英訳が載っていた。
アララ・・・「ファラオ」・・・しかし、さすがにガーディナーをかわいそうな人というわけにはいかん。少なくても自分にはできん。
ただ、たとえ権威であってもそのまま信用しないところが自分なわけで。
この碑文を見ると「ペル・アア」ではなく「アア・ペル」となっているような・・・これでも同じ意味になるのかな。
一応誰かに聞いてみるか。
このページの最初に戻る

2017年2月22日(水)
From Takahashi

ペル・アア。
河江さんから非常にわかりやすい資料をいただきました。

それによればペル・アアを王の称号として
用いたのは第21王朝からのようです。
(ただし、いつも使用するというわけでないことは、タニス王墓を自分が調べて確認済み)
ただし、この言葉が王を示す言葉として用いたのはトトメス3世時代。
ペル・アアを王宮という意味で用い始めたのは第4王朝(河江さんの資料ではメンカウラーとなっていますが、自分が見つけた資料を使えばここは少し遡ってスネフルの頃)ということになるようです。
自分が見つけたのはどうやら王宮という意味で使用されたようです。
この辺が終点でしょうか。
やりだすと色々なことがわかりますし、ここでそれを書くのはどうかと思いますが、ネットに書いてあることだけを信じずに自分で調べることは必要だと改めて思いました。

このページの最初に戻る

2017年2月21日(火)
From Takahashi

ペル・アアの話。の続き。
いい話を聞いて納得したつもりだったのですが、思わぬものが・・・。
場所はダハシュール・アメンエムハト2世ピラミッド近くにあるマスタバ。
モルガンの調査報告書を眺めていて見つけました。
しかも、これ第4王朝スネフル時代の貴族のもの。
連呼しています「ペル・アア」。しかも複数のマスタバに。
やっぱり調べてみるべきですね。
ところで、誰だ~~~第18王朝からなどと言ったのは。
ただ、王が自らの称号にしたようには見えないので、それをファラオなどという称号に引き上げたのはずっと後であるというのは間違いないのですが。

このページの最初に戻る

2017年2月20日(月)
From Takahashi
土曜日の答。

無理矢理拡大したので映りが悪いが左から5番目がそれ。
メンカウホル→ジェドカラー→ウナス→テティ、次はメリラー(ペピ1世)ではなく、ウセルカラー。
この王のピラミッドはもちろん記念建造物もない。
それで名前がこうして出てくるというのはいかなる基準と問いたくなります。
ザウィェト・エル・アリアンに未完成とはいえあれだけの工事をした王の名前がないというのはどういうことなのか。
アクエンアテンやハトシェプストなどセティやラムセスにとって都合の悪い人物を消す理由はわかりますが、はるか昔の王をわざわざ消す理由はわからず、やはり忘れられたとかんがえるべきなのか

因みに、第5王朝でいえば、アブシールの未完成ピラミッドの主ネフェルエフラーの名は王名表にありますが、もうひとりの未完成ピラミッドを造りかけたシェプセスカラー(マスタバ・ファラウンの主ではありません)はありません。
このページの最初に戻る
2017年2月20日(月)
From Takahashi
The Sunshade Chapel of Meritaten from the House-of-Waenre of Akhenatenにアマルナ好きには見逃せない情報があった。
ただし、これはこっち向きではないので遺跡サイドで。

このページの最初に戻る
2017年2月19日(日)
From Takahashi

ペルアア。
匿名でということなので誰とは書けませんが十分な説明をいただきました。
やってみるものですね。こういうのも。
自分の理解力が足りないということがなければ、結論的にはファラオと簡単に使っていますが、当時の重要度は今考えられるよりも非常に低いようです。
(特に新王国時代以前の)王や王権を語る時にファラオという言葉を使うと「かわいそうな人」と思われる地雷ワードのようです。
ただし、一般的にファラオという言葉がこれだけ広がっている以上一般向けの本やセミナーではファラオという言葉は使わざるを得ないというところのようです。
そういえば、調査報告書の類にはファラオという言葉は出てこないです。
ということで、アマチュアである自分はこれからも堂々とファラオを使うことにします(笑)

次回以降、セミナーで先生たちがファラオという言葉を使うか気になってしまいますけど、たとえ出てきても自分たちのためにあえて使っていると考えるべきでしょう。きっと。
このページの最初に戻る

2017年2月18日(土)
From Takahashi
ついに来ました。
「ファラオ」の語源の「ペル・アア」とほぼ同じものが、アマルナ文書にあるという情報あり。
相手側から来た文書にあるとのこと。
ということはトトメス1世やトトメス3世時代もアジアの占領地からの文書があればそこに同じものがあるかもしれないということ?
ちなみにアマルナ文書ということは楔形文字ということ?
自分的にはこれは「失格じゃ」
このページの最初に戻る
2017年2月18日(土)
From Takahashi

最近グーグルの検索で遺跡サイドのアマルナやカルナック神殿が上位にランクされているがグーグルに金でも払ったの?と聞かれた。
払うかい!そんなものに払う金があるなら違うものに使うわい。
が、気になったので、ヤフーとグーグルでアマルナとカルナックを検索をかけるとたしかに違う・・・てっきり同じだと思っていたが。
理由は・・・知らん。少なくともグーグルにスポンサーフィーを払ったなどということはない。
グーグル理由者が見ることが多いということでしょう。上位になっても自分はいいこともないし、なにしろその上に大嫌いなウィキがいるし。

このページの最初に戻る

2017年2月18日(土)
From Takahashi

ザウィエト・エル・アリアンのピラミッドについて、もっともらしい意見が来ました。
最初に断っておかなければいけないのは自分はこのピラミッドに行ったことがありません。
警戒を突破して侵入するか公的な見学に参加するしかないので残念ながら・・・。
意見は2種類に大別されます。
ひとつは持ち主。どう見てもよく言われる「バーカ王」「ネブカ王」には読めんがどういうことかというもの。
もう一つは、あれだけの地下構造を掘りあげるには1年や2年では済まんはず。とても短期間統治した無名の王の仕事には見えないというもの。
いいですね。
このピラミッドはもっと注目を浴びて再調査されるべきなのです。
それにしても
写真を見ると本当にでかい。
数年の統治でも王名表に名前が残る王もいれば、このピラミッドの建造者のように消されたファラオの列に加えられる王もいるわけで。
アビドスの王名表が絶対ではないのですが、ネタをひとつ。

アビドスの王名表で第6王朝のテティ王の次王は誰でしょう?
これを即座に答えられる人はかなりのエジプトマニア・・・かも(笑)

このページの最初に戻る

2017年2月18日(土)
From Takahashi

手元に本があったので以前から一部の人からリクエストが繰り返されていたものを・・・。
河江さんのボスであるM・レーナーの若かりし頃の写真。
『「神々の指紋」の謎はすでに解明されていた』などという大仰なタイトルの本の裏表紙です。
面白いかどうかは、読み手の立ち位置によりますが、とりあえず、レーナーはニューエイジ側の人間からは裏切り者扱いをされているようです。
ニューエイジは話だけなら面白いのですが、自分の都合のいい部分を繋ぎ合わせて自分たちこそ科学と主張するところが嫌いです。
このページの最初に戻る

2017年2月17日(金)
From Takahashi

ペル・アアの話。
コトバンクなるものには、22王朝以降は、「ファラオ~」
と記されるようになったと書かれている。
とりあえず、1月に大金を叩いて入手したタニス王墓の本で調査、今回はシェションク2世を調べました。
結果。まったくありません。
誕生名・即位名のオンパレードです。修辞的にも使われていません。
というか、ペル・アアという言葉がみつかりません。

次回はプスセンネスとアメンエムオペト。

いつもならすぐに情報が集まるのに全然というのはこれ如何に。
本当にあるのかをいよいよ疑い出した。
別の意味で使ったものが一人歩きしたとか?
オベリスクやピラミッドの悪しき前例もあるし。

このページの最初に戻る

2017年2月17日(金)
From Takahashi

ポータル神殿とラムセス2世神殿は別か?という質問。
別。北にあるオシリス神殿近くにある「正門神殿」のことです。
個人的にはアマルナからではなくアクミームからの持ってきたブロックような気もするのだが。
ティイがいるし。


ヘリオポリスのガイドブックってないのでしょうかね。
詳しいのだけど。
・・・おっと、これから半年本を買わないことにしたんだっけ・・・小池都知事の断酒よりも難しい自分の断「本購入」。

このページの最初に戻る

2017年2月17日(金)
From Takahashi

それ本に1冊追加。
アマルナ関連本にThe Sunshade Chapel of Meritaten from the House-of-Waenre of Akhenaten。
軽く読んだ時はイマイチだったが、じっくり読み始めると面白い。
前半はともかく、Sunshadeについての説明が始まる後半は特にいい。
Kom El Nanaも含めて、アマルナのSunshadeは知るべきものみたいです。
Nefertiti's Sun Temple: A New Cult Complex at Tell El-amarnaも読み直す必要がありそうです。
星5つは多いが4つ以上。


この本の中でアビドスにあるラムセス2世ポータル神殿でアマルナ時代に属するブロックが26個見つかっていると書かれている。
う~ん、見たい!知りたい!

このページの最初に戻る

2017年2月17日(金)
From Takahashi

当然といえば当然ですが、ここの住人のうちのピラミッドマニアは狂喜乱舞。
見えてはいないのですけど。
残念ながら自分はヒエログリフに関しては完全に無知です。
ただ、知り合いにはヒエログリフを専門にやっている人もいますので、その方にお願いして訳も載せるつもりではいます。
ピラミッド好きにとっては、宇宙線による調査など(もちろん、それによって新たな部屋が見つかれば話は別だが)より、こっちのほうが興味がそそられることでしょう。
お楽しみに。


最終的には、やはりやらないとダメっぽい。ヒエログリフ。
古代エジプトをやっていてヒエログリフを避けるというは虫が良すぎるし、自由な時間ができたのだからやるべきなのだろが。
とりあえずは、できる人がいるうちはやりたくない気持ちはある。


The Sunshade Chapel of Meritaten from the House-of-Waenre of Akhenatenが届きました。
予想していたマルアテンの話ではなく、ヘリモポリス(いつものヘルモポリスではなく)にあったとされるアクエンアテンの施設のもの。
面白いと言えば面白いのだが、建物の話ではなくその一施設に関するもので、そこからの展開もなし。
アクエンアテンの施設をメルエンプタハが再利用してさらに中世にそれを再利用したというところは笑えたけど。
星は4つかな。アマゾンでも。
このページの最初に戻る

2017年2月16日(木)
From Takahashi

アブラワシュのページ更新。
謎の多い第4王朝のピラミッド「ザウィエト・エル・アリヤン」の資料を追加。
アブラワシュの一番下にあります。
右はその一つでバルサンティがこのピラミッドを調査した時に発見したグラフィート。
ちなみにこのピラミッドの持ち主とされるのは「バーカ」王または「ネブカ」王。

2017年2月16日(木)
From Takahashi

「そんなに飛ばして大丈夫ですか?」という心配メール。
全然大丈夫。自分はエジプト学についてはアマチュアだから間違っていればすぐに修正いれられます。
専門家だとプライドが邪魔してできないようですけど。
とりあえずウィキに書かれていることを盲信することだけはしたくないです。

2017年2月16日(木)
From Takahashi

さすがに今回の手配書は難易度が高いと見えてきませんね。
すぐにみつからないということなのか?
自分は貴族の墓のレリーフはアマルナくらいしかないので厳しいかも。
最近手に入れたセンムトの本に大量の碑文があったのでそこも探しますが。
ちなみに、TT100レクミラはないです。
レクミラほどの高位の貴族の墓にもないという時点でペル・アアがそれほど有益なの疑いたくなってきました。

ついでに、ピラミッドタウンも。
エジプト学ではどのように進めるのか知らないのでここは自分の本来の専門分野的手法で。
氾濫期に水に浸かるような場所にピラミッドタウンを造るというのは~という話。
まず、氾濫というイメージが堤防の決壊から起こる日本の氾濫のイメージで古代エジプトの氾濫を捉えてはいけないのではないかと。
さらに、このような場所に町を作ったのはギザのピラミッドタウンだけなのかを調べたほうがいいでしょう。
町が水に浸かるのは確かに不便ではあるかもしれないが、日常生活がリカバーできない程でなく数ヶ月のその時期の不便を考えてもこの場所にいる方が利益であるということでしょう。
いつの時代も便利さを優先させて集落は発展するものでしょう。強制されたものでないかぎり。
残りは次回。

このページの最初に戻る

2017年2月15日(水)
From Takahashi

ファラオ。
これは「ペル・アア」からきているのはご存じのとおり。
先日、上野での話の中でこれがいつ使われ始めたのかボソボソと。
個人的にはヒエログリフの、その歴史など知るはずものなくフンフンと聞き役に徹していたのですが、興味が湧きあっちこっちに質問を出しました。
その中で返ってきた回答にちょっと驚いたのでここでご披露。

自分はその「ペル・アア」という文字が使われた碑文を見たことがなかったのですが、このヒエログリフを専門にやっている方もあまりお目にかかったことがないとのこと。
本気で探してやっと出てくる程度のレアなもののようです。(この方は、デンデラ神殿にものを送ってくれました)
少なくてもプトレマイオス朝以前では超レア(いまだ現物は見つからないとのこと)です。
ウィキなどでファラオと調べると古代エジプト開闢以来使用されているかのように書かれていますが、そのようなことはなく、いつものようにウィキのホラのようです。
ついでに書けば、ウィキに書かれていることが正しいと思っている人が非常に多いようですが違います。というか嘘八百のデタラメも非常に多いです。
「ペル・アア」については、自分はアマルナの碑文で探して見つからず、「アマルナは除く」かと思ったのですがそうではないようです。
王自ら「ペル・アア」と名乗る必要もなく貴族の墓にある碑文に出てくるかもとは思ったのですが、少なくても第18王朝時代では「ペル・アア」が本当に使用されていたかを疑いたくなってきました。
少なくても、古王国時代や中王国時代の王を名乗ったこともないファラオなどという代物にしていいのかはちょっと検討の余地がありそうです。

第18王朝以降に使用され始め、第22王朝以降は王の称号として普通に使用されている。そうだ。
第22王朝は自分の守備範囲外なので、誰かに任せます。
ということで手配書作成。
「第18王朝の碑文でペル・アアが使われているもの」

このページの最初に戻る

2017年2月15日(水)
From Takahashi

朗報。
The Sunshade Chapel of Meritaten from the House-of-Waenre of Akhenatenがまもなく届くそうだ。
予約していたので現値より1割安い・・・お得~~と言いたいところだが、今月もリミットが見えているクレジットカード。
発送が今日か明日か。それが問題だ(笑)


バレンタインデーのチョコありがとうございました。
ホワイトデーの品も早くしないといいのがなくなるようなので素早く予約完了。

このページの最初に戻る

2017年2月14日(火)
From Hirorin

Takahashiさんへ。
余計な煽りをくれないでください。
メールのフィルタリングが追いつきません。
面倒なので全部削除しちゃいますよ。

もうツィッターとかやった方がいいと思いますけど。
メールでどうにかできる数じゃないですよ。コレって。

2017年2月14日(火)
From Takahashi

それ本に購入する際に目安にするから上限金額を加えてくれというメール。
アマゾンでのレビューでは時々目安を入れている(本来はOUTらしいが)のでそちらを参考にしてください。
それから、当然ですが、これはあくまで自分の好みがかなり加わっているのでご注意を。


久々に河江さんのツィッターを眺めたら水に浸かるような土地になぜピラミッドタウンを造ったのかという質問が出されていた。
これについて解答が用意されているようだが、それを読む前に自分なりの答を出してみようかと。


昨日の書き込み後にEAの何号?と問い合わせが数件。
自分で探せ!とは言いません。目の前にあるもので。
EA26.とEA34にアスワン西岸の石切り場の記事を載せています。

別のところで書いた「ホルエムヘブのオベリスク」についての質問へのこたえは右の写真。
オベリスクと聞いてイメージする大きなものではないです。


あまり知られていませんが、カルナック神殿では「アクエンアテンのオベリスク」も見ることができます。
しかも、二流ガイドは場所どころか、存在も知らんでしょうけどパッケージツアーでも通る場所で。
もっとも破片ですけど。


このページの最初に戻る

2017年2月13日(月)
From Takahashi

それ本3冊追加。
洋書ジャーナル2冊、和書1冊。
12月から1月に大量購入した本のレビューはかなり先になりそう。
2冊は最近再び読み始めた「エジプトのオベリスク」関連です。
この「エジプトのオベリスク」は確かにオベリスクに関する本なのですが、平均よりも多少深くカルナックやアスワンに興味を持っている人ならかなりいけるものです。
たぶんこの本を以前読んだという人も多いでしょうが、カルナックやアスワンの知識をいれたうえで読み直すとさらに面白さが増すこと請け合いです。
参考のために自分がこの本をよち楽しく読むために横に置いたのはJEA、EAといういつものセットの他に「Stone and Stone Quarries in Ancient Egypt」

Stone and Stone Quarries in Ancient Egyptを持っている方ならP220の地図とP233~を参照あれ。
JEAは今回1950年のジャーナルVol.36。
一度に6本ものオベリスクを削りだしたなどという驚異の作業を指揮した碑文について調べていたついでに、あのセンムトの石棺の記事まで見つけました。
現在、JEAの最初の15冊はナイルストーリーの管理人さんのところにいっており・・・もうすぐ1年になるが本当に返って来るのか不安になってきた(笑)
センムトについては墓の報告書のレビューも上げていませんが、この本でも取り上げられているセンムトの石棺。
石棺があるというのは珍しいという気もするが、さらにこの棺、四角ではなくトトメス3世のようなカルトゥーシュ型をしています。


ルクソール神殿の話ですが、ラムセスムに着いたとメルヘンプタハの葬祭神殿近くに行ったが半々。
精度の問題ですけど、やはり誤差は最低でも少数点以下でやるべきだと思いますよ。この場合。

このページの最初に戻る

2017年2月13日(月)
From Takahashi

今日から復帰。
やはり予防注射はするものですね。

寝ている間にアマゾンプライムでプリンスが解禁になっていた。
ということで「Take me with U」祭り。
イマイチメジャーではないが、これが一番好き。
このページの最初に戻る

2017年2月11日(土)
From Hirorin

現在Takahashiさんはインフルエンザでダウン中です。

どうやら日曜日に東京でもらってきたようです。

ルクソール神殿の延長線上にラムセウムがあるかどうかの検証ですが、緯度経度などですぐに確認できます。
ただ、視覚的に確認したいということであれば、以前私たちのサークルで試した方法があります。
まず、グーグルアースがいいです。
ルクソール神殿の第1塔門を画面下部に平行する(北の位置を移動)。
わかりやすくするために塔門を画面一番下にします。
そのまま十字キーを使って西(左)へ移動させます。
確か、この話は吉村氏の「王は独自の角度を持っている」と話から始まったものでした。
トトメス3世の葬祭殿を基準にアメンヘテプ2世以降の第18王朝の葬祭殿は造られているようだというのがその時の結論だったと思います。
このページの最初に戻る

2017年2月7日(火)
From Takahashi

ルクソール神殿第一塔門の両翼の延長線上にラムセウムがある。そうである。
TV番組内の笑いのネタだと思っていたが、実際にセミナーで偉い学者様も話しているそうだ。
それが正しいかどうかは自分自身で試してみた方がいいでしょう。
某エジプトサークルでは実際にやったが。
昔はともかく現在ではグーグルマップやグーグルアースというものがあり、誰でも簡単にできる。

因みにこれのやり方だが、ラムセスムの軸線を東側に延ばしてもできるが、できればルクソール神殿の第一塔門両側を結んだ線を西側に延ばした方がよりわかりやすい結果になる。
どこにつくかはお楽しみ。

このページの最初に戻る

2017年2月6日(月)
From Takahashi

町田さわ子の円盤、地味に売れているそうだ。
我が家の円盤は今日も回る。グルグルと。

2017年2月6日(月)
From Takahashi

昨日ラスコー展に行ってきました。
何故と思えるほど混んでいた。
超絶再現とはいえレプリカになぜ人がこれだけ集まるのかと(・・・単に自分がゆっくり観たかっただけだが)
見物なら軽く20分でOKだが、まじめに観たいなら資料を読んだうえで1時間は取らないとムリ。
自分は見物客。図録を買って来たのでよく見よう。
この後は3月のミュシャ展までお休み。
バベルの塔展も行くが、これを見てしまうとウィーンに行きたくなるのではと不安・・・バベルの塔とフェルメールが呼んでいる。美術史美術館。

このページの最初に戻る

2017年2月5日(日)
From Takahashi

今日も朝からグルグル「 町田さわ子」。

2017年2月4日(土)
From Takahashi

六次の隔たり的な。
「遺跡ガイドと名乗っている割には中身がスカスカ」
とりあえず、メールを寄こした人は親切にもこれを聞いて本体(遺跡サイド)を教えてやったそうです。
このHPは二重構造になっていて、裏サイト(遺跡サイド)こそ本物の遺跡ガイドです。
ほぼ全員がそちら側からこっちに遊びに来ているものでわざわざ書きませんでしたが、たぶん「エジプトの遺跡ガイド」で検索すると本体も見つかるはず。
グーグルやヤフーなら。
ちなみに時間があるときにお試しあれ。
某関係者曰く。「半日出られなかった」
迷宮サイトとしも有名なので(笑)

2017年2月4日(土)
From Takahashi

それ本、1冊追加。
日本語の図録。

アマルナからピラミッドへ転向したのか?と某アマルナファンよりメール。
いえいえ、ちょっと調べたいことがあってギザのマスタバの資料を・・・。
吉村氏曰く。「クフの墓はピラミッド西側に広がるマスタバ群の下にある、彼らの墓はクフの墓を隠す目的で作られた」を真面目に検証しようという崇高な行為の一環とお考えください。
吉村氏の説には条件がある。
上物の墓はクフの死後の被葬者がやってくる必要がある。
当然その墓のレリーフにはジェドエフラーなりカフラーなりの痕跡が出てくる必要がある。

彼らの名前や称号のことですけど。
このページの最初に戻る

2017年2月3日(金)
From Takahashi

せっかくなので手元にあったギザのマスタバ本を・・・。
意外にもシェプセスカフの名前が多く出てくる。
彼の墓はギザではなくサッカラ(しかもマスタバ)なのだが、彼の臣下は相変わらずギザを墓所として選んでいたようである。
名前が残るということは思われている以上に治世期間が長いのかもしれないとか妄想したくなる。
いくつかの墓ではクフの名前とともに第5王朝の王たちの名前も出てくる。
ここで注目したいのは、サフラー、ネフェルイルカラーの次にネフェルエフラーとはならずにニウセルラーとなるところ。
ネフェルエフラーの名前が飛ぶのは、単純に治世期間が短かったという意味なのか、即位の順番なのか。
ケントカウエスの名前は・・・ないですね。1世も2世も。
ちょっと齧るだけでも色々出てくるわけで、報告書はやはり見るべきでしょう。
データなどは難しいけど。

2017年2月3日(金)
From Takahashi

モルガンの本。
よ~~~く見るとマスタバの地図がありました。
ただ、どういうわけか南北が逆(通常は北が上なのだが、これは南が上)だったので、アメンエムハト2世ピラミッドの北側にあるマスタバがわかりませんでした。
これで見ると、ピラミッドに付属しているかのような状態です。
・・・いうまでもなくピラミッドが後なのだが。これは面白い。

この勢いで赤ピラ近くにあるマスタバ群の報告書も見つからないかなと。

2017年2月3日(金)
From Takahashi

それ本更新。
日本語の図録5冊追加。
これまで控えていた分を増やす予定です。
このページの最初に戻る

2017年2月2日(木)
From Takahashi

5日の件。
「茶話会には出ますか?」
・・・そんなものがあることも知らなかった。
メインは講演会ですから。
質問があるなら、河合さんにしましょう。

2017年2月2日(木)
From Takahashi

メールチェックをしていたら「P・モンテの本のレビューをあげろ」という催促。
こっちか、それともアマゾンでかわからんが。


福島に住んでいるとは思えぬ人物から「福島で吉村詐欺爺がまたわけのわからぬことを吹聴してニュースになっている」というメール。
もしかして、この方は吉村氏の追っかけではないかと。
そうであれば、Marinと気が合うことだろう。

どこで、そんなニュースを見つけてくるのか不思議だ。

2017年2月2日(木)
From Takahashi

Marinと行く予定などない。
このページの最初に戻る

2017年2月1日(水)
From Hirorin

Marinさんの隣にいる人です!!

2017年2月1日(水)
From Takahashi

5日の上野の講演会について・・・。
「どの辺に座るのですか?」
「服は何色?」
・・・メールのやりとりはしていても会ったことがない人がかなりいるのは確かだが(汗)
このページの最初に戻る

2017年2月1日(水)
From Takahashi
ド・モルガンのダハシュール調査報告書。
1894-1895の方に、スネフル時代の墳墓の調査記録があります。
これを見た時に狂喜しました。
というのは、以前から赤ピラミッドと屈折ピラミッドの中間地点にある墳墓群に興味があり、資料を探していました。
遂に発見と思ったのですが、全体図がなく、更に探していると、どうやらアメンエムハト2世ピラミッド近くにあるもうひとつの墳墓群のようでした。
がっかりです。
でも、この本は面白いです。フランス語なので眺めているだけですけど。
この本も廉価本が出ていますが、どうせ写真やイラストがひどい状態なんでしょうね。
2017年2月1日(水)
From Takahashi

それ本更新。
ピラミッド関連本を独立させ、2冊追加。
このページの最初に戻る

2017年1月31日(火)
From Takahashi

昨年、ELPの二人を失ってもういいだろうと思ったら、今度はJ・ウェットン。
病的なプログレファンにとっては「魂を売った」裏切り者だったがそれでもやはり残念。
個人的にはU.Kも好きだった。

2017年1月31日(火)
From Takahashi
ガヴリールドロップアウト。
ブツブツ言いながら観ているが、4話は笑えた。
特に犬のシーン・・・これはあかん。と(爆笑)
今期のアニメでは上に入る・・・それに対し、このすばは話数が進むごとに評価が下がる。


結局手に入れてしまったラムセス6世の報告書。
モロクロ写真だが装飾の状態は今よりかなり悪い。
これはそのうち。

このページの最初に戻る
2017年1月31日(火)
From Takahashi

ド・モルガンによる19世紀のダハシュール発掘記録を読み始めました。
フランス語なので眺め始めたという方が正しいです。
非常によいです。
「ピラミッド大全」だけでアメンエムハト2世のピラミッドをわかっているつもりになってはいけません。
初期の発掘者の調査記録は完璧に理解できなくても一度は目を通すべきだと実感しました。
この本でもアメンエムハト3世ピラミッド(黒ピラ)の説明の中でアーチ式天井について書かれています。
ダハシュールの中王国時代のピラミッドの知識は結構手に入れたかも・・・。すぐ忘れるけど。

「それ本」もそろそろ「ピラミッド関連本」のページが必要になりそうです。

2017年1月30日(月)
From Takahashi

あなたにぴったりの本が見つかりました。
というメール。
ラムセス6世王墓とラムセス9世王墓の報告書。
微妙に守備範囲を外れているが欲しくないといえばウソになる。
だが、そんなもの本当に存在するのかという疑問も。
インチキ廉価本の匂いがプンプンだ。

このページの最初に戻る

2017年1月30日(月)
From Takahashi

「ハヤイトコ センモカニ カクニンスルガ ヨロシ」
これは
某自称人気声優の防衛隊を名乗る怪しげな集団の幹部からのメール。
これは放置だな。

ところで、1月2日の書き込みで予告したアーチ状の天井についてラムセウムより古い時代(中王国時代)のものを見つけたのでここでお披露目。

     



2017年1月29日(日)
From Takahashi

さすがココの住人。
シッポの話にすぐに食いついた(笑)

ちゃんと調べたようでそのまま載せたいくらいのものまでが来た。

図像が残るファラオはほぼ〇。
男の神もオシリスを除けば〇。(別のソースによればプタハとコンスも×らしい)
ただし、〇の場合も常にあるわけでない。
女神は×。
らしいです。

それから、ホルス名に関係があるのではないかという意見も。
そうなると、古王国時代の王がどうなるのかということになるが・・・これは興味をそそられる。

性別に関係あるものかもしれないが、神様に雄牛のシッポはいらんだろうという意見も。
ワニの頭に雄牛のシッポ!トキの頭に雄牛のシッポ!!ありえん。
なるほど、これも一理ある。ような。

性別が関係あるのなら雄牛なのかもしれませんが、スフィンクスのことを考えればライオンのしっぽも考えられるような。
どっちにしても、古代の名前なり現物なりが出てくればあっという間にケリがつくのだが。


とりあえず、ラムセス1世王墓のレリーフの写真を載せました。
矢印部分が現在揉めている「ファラオの尻尾」

2017年1月29日(日)
From Hirorin

Takahashiさんおすすめの「バーナード嬢曰く。」をMarinさんの家で観ました。
1話3分。でも、面白いですね。
コミックが原作でしかもアマゾンがタダ見サービスあり。
ところで、さわ子さんの声の人ってダージリンさんですよね。
ところどころでダージリンさんが出てくるとMarinさんと二人で笑っていました。
このページの最初に戻る

2017年1月28日(土)
From Takhashi

本を買い過ぎて円盤まで資金が回らなくなってユーフォはスキップ・・・某所からクレーム来そう。
しかし、なぜか町田さわ子だけは確保。
未放送話も面白かった。
原作信者がなんと言おうが、これは面白い。
ということでなんとしてでも2期もやってもらおうか(これはもう脅迫)

買った円盤1日5回は回っている。

それに比べて、今期はハズレばかり。
来季も暗そうだし。


今年になって入手した大量の本のレビューをしようと思ったらアマゾンでは取り扱い中止のものばかりだった。
それ本ではそのうち。・・・そういえば、河江さんの本のレビューもあげていなかった。

2017年1月28日(土)
From Takahashi

29日の新宿でのセミナーは行くのかというメール。
いやいやこちらもお休み。
京都日帰りはさすがにちょっと辛かった。
京都に戻るのは4月の予定だけどもう少し遅れるかも。

2017年1月28日(土)
From Takahashi

予定通りアマゾンから「The Sunshade Chapel of Meritaten from the House-of-waenre of Akhenaten」の到着延期通知。
しかも、1年後とはありがたいことだ。

2017年1月27日(金)
From Takahashi

明日の河江さんのセミナーに行くのかという問い合わせ。
一応本人にはメールで回答したがこちらにも。
明日は休み。
2月5日の上野には行く予定。
3月25日にある研究発表会、こちらは河江さんも出る予定らしいが、コネなしで行けるのなら。
ただし、まだ先なので予定は未定みたいな。
まあ、自分目当てで行く人などほぼいないだろうがお知らせだけ。
このページの最初に戻る

2017年1月26日(木)
From Takahashi

「ファラオのシッポ」は帯の端に見えると某所で書いたら、「ナイルストーリー」の管理人さんから写真付きで反論が来た。
ツタンカーメンの厨司に描かれているものは明らかに動物の毛と思われるものが描かれいるので布ではないと。
ところで、あれが雄牛のシッポであると言い出したのは誰なんでしょうね。
どこかにあれを雄牛のシッポという文字的資料はあるのでしょうか?
興味はつきません。

2017年1月26日(木)
From Takahashi
古代エジプトの埋葬習慣 (ポプラ新書) 和田 浩一郎 著を読めば答えが得られるのではないかというメール。
確かにこの本は読んでいないので読む必要があるかもしれませんが、
実際に王墓からでたリストに完品どころか痕跡もなかったことを考えれば「墓には入れないもの」リストにあったと言った方が正解に近いはず。
理由などいくらでも後付けできそうですけど、その辺が本当に書かれているのなら楽しみ。
2017年1月26日(木)
From Takahashi
東京駅近く(本拠地八重洲の反対である丸の内側ではあるが)で25日に小さなランチ会があった。
そこで話題になったのが、ファラオのシッポ。
雄牛のシッポをモチーフにしたものだろうとのこと。
自分はこれまでこれに興味がなかったのですが、「男のファラオと神(オシリスを除く)は、皆これをつけている」と教えてもらいました。
で、アマルナではどうかというですが、
太陽円盤になったアテン神は当然ついているわけもないのですが、アマルナにおけるアクエンアテンも例外ではなかった(ただし、今のところ確認できたのはアテン神の前期名がある墓)
この話で重要なのは、「男性」のという部分で、まずハトシェプストはどうかということを調べる必要があります。
一部でハトシェプスト女王は「女性であることを隠した」という表現がされていますが、自分はこれを疑っている。
碑文で彼女を男と表しているかということを調べてもらえればわかる。
男装したのではなくファラオの「正装」した姿なのではないかと。
話は逸れたが、女性ファラオはそのシッポがないのであれば、ネフェルネフェルウアテンの性別で揉めていた問題が一挙に解決するということになります。
もっとも、スメンクカラーなりネフェルネフェルウアテンの図像が少ないという問題は立ちはだかっていますけど。
ちょっとこれを探すのは楽しみになりました。
2017年1月26日(木)
From Takahashi

入荷日未定の町田さわ子の円盤をアマゾンで注文したら即日届いた。
これについては文句は言わない、
予約を遥か昔に入れている本も同じように届けてくださいな。
期限は1月28日になっているが発送の兆候はなし。
これはこの半年で2度目の強制キャンセルの気配。
販売する気がないなら予約を取るな。

このページの最初に戻る

2017年1月24日(火)
From Takahashi

作戦終了。
かなりの出費だったが、最後に思いがけない物(というか知識)を手に入れました。
タニス王墓の調査報告書など、このような機会がなければ絶対読まないものですから。
それにしても、王の冠類が王墓から一切出てこないというのはどういうことなのでしょう。
ツタンカーメンだけなら盗掘という線もあったのですが、タニスまで調べてないということは入れていなかったでいいのかもしれません。
葬送用パピルスも出てこないし。
18王朝と21~22王朝の差はありますが、比較できてよかったです。
エジプト学者専用サイトでは当たり前のことなのかもしれませんが、自分のような素人が見られる場所でこういう比較というものは見たことがないもので。

2017年1月23日(月)
From Takahashi

裏口からではあるが、とりあえず読めた。フランス語だけど。
これによれば
タニスの王墓からも冠類は出ていない。
ということは、冠類は副葬品に加えられないということか。
ついでにいえば、葬送用パピルスもない。
今回で一番の収穫。

これを読んだ日本人はあまりいないようだし、せっかくだからしばらく眺めるか

2017年1月23日(月)
From Takahashi

やはり古書市場には流れてこないようです。
狙いをつけていた本は。
とんでもなくレア本だそうで、所有している人は絶対に手放さいとか。
仕方がないので、いつものように大英図書館のお世話になるか。

2017年1月23日(月)
From Takahashi
「The Sunshade Chapel of Meritaten from the House-of-waenre of Akhenaten」
なんと発送時期がまもなくに更新・・・これは届くかも。
今月はいったい何冊入手することになるのだろうか?
神のみぞ知る。ことにしておこう。
この勢いでついに見つけたピエール・モンテの本も・・・そして、支払い地獄に堕ちていく。
読子・リードマンを地で行く所業・・・まあ「それ本」オーナーとしては名誉ではあるけれど。

そのうち本拠地を八重洲から神保町に移したらと言われそう。

カレンダー・プロジェクトはどうなったという問い合わせがチラホラ。
できれば忘れて欲しい・・・(汗)

FBかツィッターをやってくれ~というメール。
これは、何度も書いていますがチョットムリです。
やり始めたら放置するわけにはいかない。
ここもあるし・・・ここで多数の住人を抱え、さらにギャラリーを増やすのは厳しい。
2017年1月23日(月)
From Takahashi

このすば2話。
だめです。とりあえず観るがイマイチ。
これは今期全滅の気配。
櫻子さんと町田さわ子とARIAで飢えを凌ぐしかなさそう。
そうなるとユーフォはやはりすごかった・・・実際は京アニがすごかったのだが。と、ちょっとゴマすり。


とりあえず3日休んだが本の物色を再開予定。
今日は当初のリストにはなかったがタニスの調査報告書・・・1939年~46年くらい。
?この時期って第二次世界大戦なんですよね。
モンテの調査報告書を入手できたら自分の宝になるでしょうけど、噂によればかなりの難関らしい。
古書市場にはほぼ出ないらしく、さらに出た場合でも6桁で収まれば成功の部類らしい。
とりあえずリクエストだけはして、あとは金額を見て。

2017年1月23日(月)
From Takahashi

再び難問が舞い降りた・・・。
ツタンカーメンの墓から冠類が見つからないのはなぜか?
これについては自分でも理由付けはいくらでもできますが、なにしろ根拠がない。
この時代の墓で比較できるものがないので。
時期はずれるがタニスに比較対象があるものの、自分はこの資料を持っていない。
どうやら自分の周辺にもいない。
これは、手配書をだすしかなさそう。
懸賞金はないですけど。
だれかプスセンネス1世の墓の埋葬品リスト持っていませんか?
・・・いやだな。こういうのを出すと絶対に来そうなメール。本当は喜んで見るけど。


当然のように地域限定祭り状態
昨日の続き。
数的に多いのは「先祖の霊的パワーを戴くためにやった」説。
ウナスの出自が怪しいということなのかもしれませんし、第12王朝開祖が同じようなことをやったのも納得できるのだが。
ところでアラバスターの1枚板なのかブロックなのか?
これで随分話が変わってくるのだが、なにしろ自分はあれを見ていない。

ここはやはり見てきた本人に聞くしかないか。
このページの最初に戻る

2017年1月22日(日)
From Takahashi

ウナスのピラミッド玄室の話。
出所は河江さんのツィッターなのだが、なぜかここの住人限定で盛り上がっている。

河江さんの情報ではクフの建造物の流用となっているのだが、さすがはここの住人、それをきっぱりと無視をして自説を展開。
好きですけど。
一応出てきたもので良さそうなものをいくつか。

資金不足なので近くにあったクフの神殿からブロックを失敬してきた。

先祖の霊的パワーを戴くためにやった。(これはアメンエムハト1世がリシュトで調達した理由とも言われている)

ここまでは河江さんの情報に基づいていますが、ここからはお構いなしのパターン。

玄室という最も重要な部分のブロックを盗品で賄うなどありえん。
これは元々ウナスのもので、彼の墓職人の装飾変更の結果である。

元々一貴族であったウナスが王に就いたため、貴族時代の自分の墓を改造した結果である。

だいたいほぼこの4種類に大別されます。
もっとすごいのもありますが、とりあえず。

これだけ書ける人たちを住人として多数抱えているのは本当に幸福なんでしょうね。他のブログやツイッターを眺めると。

ちなみに自分がどう思っているかということですが、どれも一長一短なんですよね。本当に。
ただ、王の玄室を流用品で造るというのはどうも・・・ということで自分は3番目推し・・・ピラミッドテキストも最初はここだし試行錯誤の痕跡と思いたいです。

2017年1月22日(日)
From Takahashi

録画していたものを観ました。
ひとつは「ブラタモリ」。
この番組を観ていると時々登場するのが「花崗岩は硬くない」
多少なりとも古代エジプトの石について知っていれば、これは絶対出てこないフレーズ。
同じ石種なのに見る人によってそうなるのかと。

もうひとつがふしぎ発見。
結局エジプトはほんの少しだけでしたが、懐かしい場所が登場しました。
まだ、エジプトにのめり込む前に元カノ(当然嫁ではない)の影響でオーロラに夢中になっていた頃に訪れたトロムソ。
自分が行った時には雪が積もっていました。
まだ、あの頃は乗客をコックピツトに入れることもあって、きれいな窓から高度10000メートルからのオーロラ鑑賞をしたのもノルウエーからの帰りのことです。

2017年1月22日(日)
From Takahashi

朝起きてメールチェックをしたらいつもに増して大量メール。
しかも同じ内容。
・・・なるほど。
ここで書いた疑問に律儀に答える河江さんに感謝。
本来ならこちらから質問メールをすべきところなのですけど。
ヴェルナー本、買ってみようか。・・・資料名が書いてあるのもありがたい。

で、そのウナスの玄室。
いくら貧乏になってもさすがに王の玄室で再利用ブロックを使うというのは通常ではありえない。
そのブロックを再利用するにはそれなりの理由があるはず
色々考えてはいたのだが、元がクフのものとはさすがに予想外。
リシュトのピラミッドで起こったことにも先人がいたとは(笑)
更に想像・・・妄想とも言う・・・が広がる。

これで河江信者がここを見る可能性が高くなったので一言。
ここで何度も書いていますが、過去があって現在があるのです。
河江さんが語る最新情報というのは、過去の調査を知ってこそ楽しめます。
河江さんもセミナーでは最新情報だけを語っていますが、それは過去の研究を踏まえたものです。
自分から言わせれば、河江さんのセミナーだけを聞いて満足しているというのは、「仁和寺にある法師」の現代版と言えるものです。
・・・自分の知り合いの言葉によれば、「イチゴショートのイチゴだけを食べてケーキの美味しさを語るようなもの」だそうです。
せっかく興味を持ったのなら、ピラミッドについてだけでも掘り下げて知識を増やしてもらうことを望みます。

2017年1月21日(土)
From Takahashi
「The Sunshade Chapel of Meritaten from the House-of-waenre of Akhenaten」が、アマゾンで入荷時期未定に格上げされた。
パッケージの写真もついた。
が、状況は変わらず。
1/17発売で事前予約も取って、それでいまだ届かないとはこれ如何に。
これで、中古本市場をオープンさせたら暴れる。

レーナーのピラミッド本(正確にはらしきもの)は3度目の延期だし、今年‘も’厄年ということか??
2017年1月20日(金)
From Takahashi

骨の病気の方は今日で完治。ということになった。
長かったけどとりあえず歩けることに感謝しなければならない。
そうなっていない人もたくさんいるのだから。
・・・まあ、明日も病院にいくのだが。しかも、こっちは保険がきかん。

ウナスの玄室のレリーフ。
アレの重要性がわからんとは嘆かわしい。
もちろん、ここの住人たちの話ではないです。
エジプト好きと名乗るなら、少なくてもアレの異常性に気がついてもらいたいものです。

2017年1月20日(金)
From Takahashi

河江さんは、どうやらエジプトにいたみたいですね。
あのピラミッドで有名なのはもちろんピラミッドテキストですが、個人的にはやはりあれ。
どうやったら見えるのか、というかなぜ今まで見えなかったのか知りたいです。
12月にエジプトに行った知り合いにアレを教えてみるように勧めたのですがどうだったのか?
25日に報告会があるのでそこで判明します。
このページの最初に戻る

2017年1月19日(木)
From Takahashi

3日目終了。
5冊追加オーダー。
作戦終了まであと3日。
アマルナに関しては目ぼしいものは見つからないまま終了しそう。
もしかして欲しいものは全部手に入れたということ?

2017年1月19日(木)
From Takahashi

3日目開始。
明日、明後日は病院なので今日中になにか戦果を・・・。
自分の場合は、アマルナ以外余程のものがないかぎりなかなかといいところもがあるのだが。
ツタンカーメン関連本でおかしなタイトルがあり、ちょっと興味をそそるものはあるがハズレの予感(笑)

問い合わせが、いくつかあったウナスの玄室にあるレリーフ。
あれですが、かなり前から・・・2013年頃・・・知っていました。
と言っても実際あれがどういう理由で使用されたのかは確たる証拠がないので推測の域はでないのですが。
あれを見つけた時河江さんにすぐにメールで質問をしたのですが知らんという返事でした。
河江さんも今回初めて現物を見たと思います。
自分の元ネタの本(Abusir and Saqqara in the Year 2010)には河合望さんの投稿もありましたので河合さんも知っている話だと思います。
自分はアマゾンで買ったのですが、まだ売っているかもしれません。
たぶんアマゾンでレビューもしたと思うし。

2017年1月18日(水)
From Takahashi

2日目終了。
現在16冊オーダー。

2017年1月18日(水)
From Takahashi
アマゾンでR.O.Dが観られるようになっていた。
TV版だから結構話数があるし楽しめそう。
2017年1月18日(水)
From Takahashi

泥沼に嵌った気配。
すでに2万円投入していまだ戦果不明。
しかもアブラワシュの初期の発掘報告書などというレア本まで出てきた。
通販は状態がわからず、中身もほぼわからないから、ギャンブルのようなもの。

2017年1月18日(水)
From Takahashi

いいね。「吉村詐欺爺」
吉村氏の話は5割引きで聞いていればいいでしょう。
自分は笑いのネタの提供者として吉村作治氏を貴重な人材と重宝できるが、同業者は大変だろうなと思う。
もっとも困るのはエジプトの現地ガイド。
理由は言ううまでもなく、「吉村氏の戯言を信じてやってくる多くの日本人を納得させなければいけない」から(笑)

このページの最初に戻る

2017年1月17日(火)
From Hirorin

「新世界七不思議大百科」という番組ですが、面白ければそれでよしという姿勢なのでしょうか?
そういうことであれば、完全にニューエイジに振ってもらいたいです。
吉村作治という人自体はすでにニューエイジの側に人間と私などは思っていますが、彼を登場させてそれが世界のエジプト学の共通認識だと思われては大部分のエジプト学者にとっては大迷惑なことでしょう。
アイがミタンニの人間である根拠など貧困というよりゼロ
という状況で断定するなどムー以外ではお目にかかれない荒業です。
こんなインチキかペテンのような行為を学者と名乗るものがやっていいのかと思ってしまいます。
あのインチキへっぽこ学者「吉村詐欺爺」を公的な場所で叩きたい・・・まあ私には無理なのでその時はTakahashiさんにお願いしますが。

2017年1月17日(火)
From Takahashi
「The Temple of Deir El Bahari」攻略戦開始。
入手できないと不満が残るので「The Inscriptions of Sinai」と「The Tomb of Rekh-Mi-Re at Thebes」の注文も出した。
たぶんどれかは買えるだろう。
問題は全部OKになった場合。
「The Temple of Deir El Bahari」を7巻セット5万円はあまりにも虫が良すぎる気もするが。

そういえば、アマゾンで予約を入れていた「The Sunshade Chapel of Meritaten from the House-of-waenre of Akhenaten」が販売開始日である今日、いきなり取り扱い停止になった。
「Nefertiti's Sun Temple: A New Cult Complex at Tell El-amarna 」の悪夢再びの気配。
予約を取ってこれはないだろうという気もするが、今回は安く手に入るアテもないし届く予定の25日まで待つことにしよう。
2017年1月17日(火)
From Takahashi

年末から続いていたエジプトの柱の話ですが、ケンプ先生から超長文のメールが戻ってきました。
しかも膨大な資料付き!!
これは読むのが大変だ。
本探しなどやっていられない。
実のところ、前回の質問に対しての物凄いメールも半分も理解できていないような。
こんな貴重なものを放置などできないので
やらないといかんけど。
全国の中・高・大学生の皆さん、英語をしっかり勉強しておかないと自分のようなダメな大人になります。
・・・がんばろう。

このページの最初に戻る

2017年1月16日(月)
From Takahashi

今期のアニメを一通り観た感想。
ハズレ。
画はともかく内容が面白くないものばかり。
「このすば」のみ。
AT-XでARIAが再放送されていなかったら暴れるところだった。
パンチラだけを楽しみにアニメを観ているヤツばかりだと思うな。
どこかで氷菓の再放送してくれないかな。

本格的にエジプトに戻るしかない状況になってきたような。

2017年1月16日(月)
From Takahashi

録画していた「世界ふしぎ発見」を観ました。
芸大のバーミヤンの復元、あれは本当によかった。
個人的には2016年に行った展覧会でよかったもののひとつ。
寄付をしてもらった図録も非常に良かったし。
今年も月1回のペースで美術展に行く予定だが
あれくらいのものに出会えると嬉しいです。
メソポタミアのところもちょうどタイムリーだった。
元旦にまとめて購入した本の中に「未来への遺産」関連本が多数含まれており、そこにはまだ保存状態のよかったときのイラクの遺跡の写真が多数載せられていた。
もちろんバーミヤンの大仏も破壊される前。
河江さん関連で新しい技術と情報ばかりもてはやされてはいるけど、それもそれまでの情報と知識があってこそなのだが、どうもそれを軽く扱われすぎているような。
河江さん自体は過去の知識を知ったうえで活動しているのだろうが、彼のフォロワーさんが彼と同じとは限らない。
彼の話す最新の情報だけをありがたるから深みがでない。
温故知新という言葉は考古学では間違いなく正しい。

2017年1月16日(月)
From Takahashi

いよいよ攻略戦スタート。
1週間でケリはつけたい。
よく見れば、「The XIth Dynasty Temple at Deir el-Bahari 」もあるので10巻。
結構厳しいかも。
とりあえずハトシェプスト女王葬祭殿の方だけはクリアしたいと思います。
バラで買うよりセットで買った方が最終的には安いけど・・・。

2017年1月15日(日)
From Takahashi

督促まで来ていた番組を観ました。
なるほど元々アンチ吉村氏である某エジプトサークル会員(一人を除く)だけでなく普通のエジプト好きも怒り狂うのも理解できる。
「誰がツタンカーメンを殺したか」の愛読者以外は喜んで信じそうなことを話していました。
全力で否定する気にもならない内容ですが、確かに指摘どおり天草四郎の方は自分もそうなのかと半ば信じたりするわけで、自分の天草四郎や豊臣秀頼に関する知識程度しかない人があの番組を観たら吉村氏の妄言をそのまま信じるかもしれないです。
ただ、少なくてもこの住人のほぼすべては自分以上にエジプトに詳しいはずだから自分がキャンペーンを行うまでもないでしょう。
それを行うべきは、早稲田関係者を含むエジプト学者でしょう。
自分のようなアマチュアやニューエイジの連中の発言を黙殺するのもよしとは思わないが、少なくても吉村氏はエジプト学者という肩書を持つ人物である。
間違った方向に誘導されないようにここは肩書きを持った人が(FBでもツィッターでも構わないので)できちんと吉村氏の発言について修正すべきというのは正しいでしょう。
特に河合望さんはあの時代の専門家でありどこかで見解を出してくれることを望みます。

ただ丸投げでは申し訳ないので自分もコメントを。
KV62ではなくKV57がツタンカーメンのオリジナルの墓であるという話について。
KV62がツタンカーメンのオリジナルの墓ではないというのは今出てきた出てきた話ではないのは承知のとおり。
KV57がツタンカーメンの墓であったというのも吉村氏オリジナルの説ではないです。残念ながら。
治世年数がほぼ同じトトメス4世の墓を引き合いに出すまではよかったが、アクエンアテンの墓と同じ直線状のスタイルがKV57がツタンカーメンの墓だったという根拠とは情けない。
おそらく多くのエジプト好きが「KV23(言うまでもなくアイの墓)はどうする!」と叫んでいたはず。
アテン信仰と父親への傾倒を根拠にするのならアマルナのTA27やTA29をツタンカーメンのオリジナルの墓とやってもらいたかった。
そうすれば、熱烈に応援したものを。
KV62はツタンカーメンのオリジナルの墓ではないという部分は賛成するが、自分はあれはネフェルネフェルウアテンの墓という意見に傾いている。
KV57がホルエムヘブのオリジナルの墓ではないというのもあまり賛成しないが、少なくてもアイが自分の埋葬場所として利用しようとしたというのは決定的な根拠がないかぎり賛成しかねる。
アイがKV57を利用しようとして造営を続けている最中に殺されたということになれば、KV23はわずか70日で完成したということなのだろうか?
とりあえず吉村氏の話は何も知らない人にだけ通用する話である。

2017年1月15日(日)
From Takahashi

2月5日の~というのは某エジプトサークルのイベントか?という問い合わせが。
いえいえ日本西アジア考古学会主催のセミナーです。
高校生・大学生対象ですが、元大学生もOKらしいので行くつもりです。
場所は上野。
申込みさえすればいいようです。
無料ですので時間と興味があれば参加してみればいいではないでしょうか。
詳細はここ
ちなみに自分はこれの前に国立科学博物館に行く予定。

このページの最初に戻る

2017年1月14日(土)
From Takahashi
どうでもいいアニメの話などより昨日のTVの感想を書けという督促メール。
まだ届かないもので・・・。


Marin以外に自称エジプト好き声優がいると教えられそのツィッターを眺めました。
・・・奥井ゆうこさん。悪いが知らん。
ついでに言えば、声優としての実力は知らないが、エジプト好きとして比べようがないな。
エジプト好きというのなら、もう少し勉強した方がいいでしょうね。
Marinレベルになるにはかなりの努力が必要そう。
エジプトにも行ってなさそうだし。

エジプト好き声優として気に掛ける必要性を微塵も感じなかったです。
2017年1月14日(土)
From Takahashi

ARIA5話。
アテナが出てきた瞬間に涙腺崩壊で終了。
この調子で11話を最後まで観られるのか自分でも不安になる。
エンディング前のピアノの音が聞こえるまでは辿りつきたいものだ(笑)
やはり画や動きがすべてではない。

2017年1月14日(土)
From Takahashi

ユーフォのサントラ。
これは欲しいので購入リストに加えました。
アニメは観るだけサントラどころかOP&EDも買うことはないのですがこれは特別。
サントラを買うのはARIAとラストエグザイル以来。
同じ円盤購入でもCDのみは今回が初めて。
ダッタン人の踊りを聴くためだけではなく、響け!ユーフォニアム(最終話のEDは素晴らしかった)も聴きたいです。
ユーフォのアニメも出来がよかったのですが、できれば続けてみたいのでBOXまで待ちです。
何度も言うようだが、これだけ音楽に拘っていながらあの間の抜けたEDはどうも納得できない。
OPもいいというわけではないが、EDは最終回のEDのための
引き立て役以外のなにものものでもなかった。
今日の病院代3万4千円・・・ここでこの金額は痛い。しかもクレジッドお断り。最悪じゃ。

2017年1月14日(土)
From Takahashi

昨日の番組はまだ観ていませんが気になるメールがあったので紹介します。

私もあなたも一般よりもエジプトについて知っているので吉村氏の話を馬鹿にできる。
しかし、島原の乱の話は私は全く知識がないのでそのまま信じてしまう。
これはエジプトについても同じ事態になっているのではないかと私は危惧をする。
特に世間一般では日本におけるエジプト学のトップと認識されている吉村作治氏の発言である。
たとえ目的が調査資金集めのためであり、本人はバラエティー番組のネタとしてリップサービス
程度に考えても影響は甚大である。
これでは本人が心の底からそれを信じている方が救われる。
あなたは軽く流すつもりであるようだが、私はそれは間違いだと確信している。
あなたが番組を観てそれが間違いであると思うなら全力で否定すべきである。
それが古代エジプトに対する解釈の違い程度ではない誤解や誤認を解く唯一の方法である。
あなたはその影響力からその手段を有しその義務もあるものと私は考える。
あなたの善処を求む。

これがほぼ原文。
自分がここに書かれているほど影響力があるとは思っていないが少しだけ考えるものはあります。
早めに番組を観てコメントすることにします。

このページの最初に戻る

2017年1月13日(金)
From Takahashi

そろそろ店じまいというところで大量のメールが入り始めた。
どれもほぼ同じ内容。
観ていないのでなんとも言えないがオカルトやニューエイジの妄想と変わらぬ内容のようなので
いちいち中身についてコメントをする必要もなさそうではある。
ここは「吉村氏も資金集めとはいえご苦労なことだ」と高齢者を労わる気持ちで接することが重要であろう。

こうなってくると、再現ドラマはイマイチだったとはいえ、昨年夏のTBSのエジプト特番は極めて真面目にやっていたことになる。
そのうち再編集(再現ドラマをカット)して再放送するだろうから楽しみに待つことにしよう。
・・・次回アマルナに関する番組をやるときは監修は河合望さんに頼んでもらいたいものです。


Hirorinに録画したものをデータ便で送るように頼んだのでそれを観てから改めてコメントはしますが、たぶん内容は変わらないと思います。

2017年1月12日(木)
From Takahashi

さっそく公開処刑の通知が来た。
防衛隊の忠誠心には頭が下がらない(笑)

資金不足のため、行くつもりでいた1/21&1/28のエジプトセミナーは欠席。
2/5の上野は予定通り。

2017年1月11日(水)
From Takahashi

某自称有名声優のファンクラブらしき実に怪しい団体よりメール。
「貴様の声優ベスト10を理由付で挙げよ。ただし、1位はすでに確定しているので2位以下でヨロシ」
何がヨロシだ。なぜ1位が確定してるかは知らないが、だいたい声の主(または中の人)を気にしてアニメを観ていないので声優を10名リストアップするだけで一仕事だ。
更に順位をつけるなど無理である。
最下位だけは確定しているが。
有名声優がクリスマスイブに似合いもしないサンタコスプレでケーキ売りのアルバイト(本人はボランティアと称しているが)などするはずがないだろうが。
しかも、今年は某神社で子分と一緒に巫女のアルバイトもしていたそうでないか。
こんなのが巫女ならご利益も半減だな。
ところで巫女のアルバイトというのは年齢制限はないのだろうか?
確かに見た目は二十歳ちょいオーバー、頭の中身なら小学生並だが実年齢は賞味期限をとっくに超えているぞ。

2017年1月10日(火)
From Takahashi

昨晩の声優なんとかの続き。
ゲストで出ていたアイドルとやらがウザいと不評で本人が謝罪したというニュース。
自分は気にもならなかったが、あれでアウトならエジプト特番のでおかしなコメントを吐いている連中は切腹ものだ。
そして、昨年7月の特番でアクエンアテンを演じた芸人は磔!
その後アマルナで晒し首。

2017年1月10日(火)
From Takahashi

1/16から始まる「The Temple of Deir El Bahari」攻略戦。
なぜ16日からか。
理由:クレジットカードのリミッターを既に振り切っていくので、喪が明けるまで使用できないため。

2017年1月10日(火)
From Takahashi

昨晩の声優なんとか。
ランキングはとりあえずいい。
圧倒的に男性声優が多いのには笑えたが・・・女性声優は票が割れたのか、それとも別の理由か←こっちだろうが。
問題はアレが会場にいたことだ。
意味わからん。

2017年1月10日(火)
From Takahashi

エジプトツアーレビュー更新。
このページの最初に戻る

2017年1月9日(月)
From Takahashi

昨年末から数件エジプトツアーの選び方について問い合わせが来ました。
お金を出すのは自分ではありませんし、好みもありますので参考程度といことで。
航空会社ですが、直行便がない(正確にはチャーター便はあるが、それを利用したものはどれも同じでしかもつまらん)以上どれでもいいのですが、個人的には深夜到着一晩ベッドで寝てすっきりして翌朝から観光というものがあればいいです。
カイロとルクソールのどちらに到着するのがいいのかは、一長一短があります。
ルクソールに到着した場合は、エジプト旅行の難所と言われるカイロから南下(多少緩和されたコースもあるようですがこれが体調を崩す要因のひとつとされています)を避けられます。
カイロ到着は最初の観光でピラミッドを見ることができます。
順番などどうでもよさそうですが経験上やはり最初はピラミッドです。
複数のコースを検討しているのであれば考慮すべき点としてアスワン~アブシンベル陸路は避けるべきです。
空路であれば片道30分で済むところを3時間!しかも何もない砂漠。これを時間のムダと言わずに何を言う。
ここを陸路にしているコースは個人的はダメです。
ついでに言えば、空路の場合アブシンベル到着直前にアブシンベル神殿を空から見ることができます。
クルーズは?ということですが、移動の手間は省けますしいいと思います。
自分は陸のホテルの方が好みですが。
ギザの「スフィンクスの足元エリア」、ルクソール・王妃の谷の「ネフェルタリの墓」、王家の谷の「セティ1世王墓」観光は特別なものです。
ここの中の二つ含まれているコースであれば多少高くても元は取れますし、3つともあれば個人的には行くべきコースです。
なお、クフ王のピラミッド観光でも「女王の間」と「地下の間」は通常は観光できませんのでここにいくものはスペシャルなものです。
最終的にはサイフと相談になるわけですが、宣伝文句に騙されず多くのパンフレットを取り寄せて検討すべきだと思います。
自分がすすめる旅行会社を挙げるなら、フレンドツアー、グルーバルユースビューロー、中身は普通ですがJTB(LOOK)。

逆に一見安そうに見えるH.I.Sとクラブツーリズムは内容を考えれば高いと思っています。
関空発の単発ツアーですが、朝日旅行の「古代エジプト遺跡徹底探訪とナイルの船旅」も内容が非常にいいです。

2017年1月9日(月)
From Takahashi

長年探していたElizabeth Thomas著「The Royal Necropolis Thebes」を入手しました。
が、これはだめです。
なにしろ読みにくい。タイプ文字。瞬殺しました。
ということで、図表のみ眺めて元を取ることにした。
H・カーターの珍しい地図などなど。
いよいよ「The Temple of Deir El Bahari」7巻セット攻略作戦。勿論、NOT廉価本。
これの入手に成功したら「The Inscriptions of Sinai」予定。

うまくいったら、最近自分の周辺で話題になっているレクミラへ。
さて、どこまで軍資金が持つか。
最低シナイまでは攻略したい。

2017年1月9日(月)
From Takahashi

年賀状の売上枚数が減少。
らしいが、まったく時代に逆行しているかのように急上昇している。自分。
今年はついに3桁を軽く超えた・・・しかも、写真用。
表彰もんでしょう(笑)
しかも、今後も減る様子もないので、来年は200も夢ではない・・・これって喜ばしいことなのか?
さすがにここまで来るとさすがに厳しく、今年分から宛名も手書きではなくなり少々味気がなくなったけど。
それにしても、さすがは役人(厳密には違うが体質は同じ)。
減少の歯止めが嵐のCMだけとは芸がない。
せっかく嵐を使うなら、100枚購入で嵐のコンサートもれなく招待などとAKB商法でもやれば、軽く復活するものを。

2017年1月9日(月)
From Takahashi

Marinの馬鹿からメールが来た。
今日の午後7時からテレビ朝日を観てよね・・・。
声優なんとか・・・でも、出ないだろう。お前さんは。
もしかして観客として出るとかか。
しかし、それは出演とは言わずにまちがって写ったと言うのだ。

教えてやってもいいが面倒なので心の中で叫んでおこう。

このページの最初に戻る

2017年1月8日(日)
From Takahashi

町田さわ子の円盤に未放送の話が入っているとのこと。
それは買わねばならん。
ユーフォ2はキャンセル。ボックス待ちに変更。
ユーフォ3期希望と書いたら、自称関係者の某人物より「それはない」と瞬殺された。
少なくても2年はないと・・・納得できなかったので劇場版はありだろうと光速返信してやると、「えへっ」と。
なんだ、それは!!そういうのもなんとかの生殺しというのだよ。

ここはこちらの都合だけであるということにしておこう。

2017年1月8日(日)
From Takahashi

EA49にはアマルナの記事が二つ載っていた。
そのひとつに古代の道路が記された地図があった。
見たことがあるなと思いながら眺めていたのだが、下(南)にあるものに釘付けに。
古王国時代のものと思われる道の跡が示されている。
しかもハトヌブからのルートというコメント付き。
確定した証拠はないのだろうが、これは自分が長い間探していたもの。
ハトヌブは古王国時代から採掘されていたアラバスターの採石場。
しかも、アマルナはナイルへの持ち出すのに最短ルートにあたる。
しかし、アマルナはアクエンアテンが都を置くまで未開の地だったというのが定説。
自分はこれを疑っていたのだが、その痕跡は今まで発見されたことがない。


もうひとつは、アマルナの初期の調査をしたフランス人の本で、以前から知ってはいたのだが、資料として使われることがなかったのでリストにいれていなかったのだが、
EA49を見て、即探し回った。
とりあえず見つかり次第買いとしておいた。
ついでに王家の谷についての本も1冊買いをいれておいた。
売りに出ていないのですぐに入手するのは厳しいかも。

この後ハトシェプスト女王葬祭殿の調査報告書7巻セットとシナイ調査報告書2巻セットが控えているのでムダな金は使えないが・・・欲しいです。

2017年1月7日(土)
From Takahashi

EA49がやっと届きました。
表紙も変わったが紙質もかなり変わりました。
EESの財政状況は悪いようなので経費削減で紙質を落としたのだろうが、個人的にはこっちの方が好き。
いい情報が載っていた。
そのうち「それ本」にレビューを載せます。

今日は久しぶりに美術展へ。
一番のお気に入り美術館である三菱一号館美術館。
梅原氏の絵は好みではないが、ルノワールを絵は非常によかった。
あまり宣伝していないようであるが、これはよかった。
ただ、一番のお気に入りの絵が絵葉書になっていなかった(というか殆どない)のは残念だった。
ルノワールの青は自分のお気に入り。
次はミュシャ、その後にブリューゲルが控えている。
絵は好き嫌いだけなので単純に楽しめます。

2017年1月6日(金)
From Takahashi

確かにアニメは好きだが、だからといって劇場版をすべて観ているわけではないです。
「君の名は。」も観ていないし。
・・・S.A.Oもそれほど好きというわけでもないし行かないだろうな。

2017年1月5日(木)
From Takahashi

アマゾンでエジプト本を物色していた驚いた。
期待もせずついでに買った本が1時間後に10万円近くになっていた。
慌てて自分の履歴を確認してしまった。
あんな本になど10万円どころか千円だってと惜しい・・・。
結果。
1円+送料。
安心した。
とりあえずこの本だけは届いたら即レビューをあげよう。

このページの最初に戻る

2017年1月4日(水)
From Takahashi

人間、パソコンに続いてテレビが壊れた。
そういえば、その前にガス管も壊れたな。
次の候補エアコン。嫌だな全室一斉とか。

2017年1月4日(水)
From Takahashi

「アマルナは別ですが」は止まず。

コノフレーズガハイッタメールハスベテサクジョスル

2017年1月3日(火)
From Hirorin

Takahashiさんへ。
Marinさんが、そんなどうでもいいアニメの円盤買わないで自分が出ているのを2枚ずつ買えってプリプリ怒っているんですけど。
ちなみに2日間滞在中です。我が家に。
早く引き取りにきてください。
アマルナは別にして!

2017年1月3日(火)