トップページ  
 
2018年1月 2018年2月 2018年3月  2018年4月  2018年5月  2018年6月  
 
伝言板


ページの更新情報などは、ここに掲示します。
HPの主旨には無縁のエジプトに関係のないことも書き込まれます。
                            

2018年5月23日(水)
From Hirorin

第8回鑑賞会は遂に定員割れで入口付近でたむろっていた会員外の人も入れて60人で行われました。
いや~~本当にもう完全に盛り下がっています。
昨日は私が大好きな赤毛君の活躍回なのですが、ハッキリ言って作戦がわかりにくいというか完全に不合格です。
敵の目の前に単艦で出ていくなどあれでは間違って1発撃たれれば終わりなわけで、本来の赤毛君はあのような作戦は採りません。
なんであんなお子様向けの設定になったのやら。
よいアイディアがないならオリジナルではなく原作通りでいくか旧作を転用すればいいものをよりによってあんなものをとついつい愚痴りたくなりました。
うちのサークル会員は銀英伝に関しては超が付くほどの筋金入りばかりですけどキャラデの変更については巷で溢れているほどは批判していません。
声優さんについても今回初出のロイエンタール氏もミッターマイヤー氏も十分合格点を出していますし、ヤン氏とオーベルシュタイン氏に関しては涙ぐましい努力が伺えると高評価です。
低評価なのはやはり世界観と設定ですけどアマゾンのレビューを見るかぎりそこはどうでもいいようです。
「ウチらとアマゾンでゴチャゴチャ書き込んでいるガギどもとは元々戦っている土俵が違うのだよ」と冷めた意見が大多数です。
ということで、わざわざ新銀英伝を観るために集まったのに、盛り上がったのはアニメではなく先週急遽おこなわれたサークルイベントだったのでした。
銀英伝より盛り上がったそのイベントについてはそのうちに。
このページの最初に戻る

2018年5月23日(水)
From Hirorin
ここの内容には直接関係ないですけど日大アメフト部の件、なんかアニメ「メジャー」3期に似たようなエピソードがあったことを思い出しました。
このページの最初に戻る
2018年5月17日(木)
From Hirorin
それにしても堂々たる宣言というか、完全に制作サイドにケンカを売っていますよね。
久々の毒舌レビュー。
アマゾンにレビューを載せたということはこの後他でも同様のレビューを出すということなんでしょうね。
でも、あれを見てスッキリしたと思う銀英伝ファンも多いはず。
本当はキャラデとか声優とかの問題じゃないんですし、もちろん絵がきれいであったりよく動けばいいというものでもないです。
これまでの銀英伝世界観を壊しておいて昔からのファンも円盤買ってくださいと言うのはあまりにも虫が
良すぎるでしょうと私も思っていました。
このページの最初に戻る
2018年5月17日(木)
From Hirorin

う~ん~~~なんだかな~~。
現世から消えて何をしているのかと思ったらアマゾンでアニメのレビューを書いていたTakahashiさんなのでした。
原作を読み込んでいる人には非常に評判が悪いのは確実ですけど、アマゾンのレビューを見るとなんか声優さんとキャラデの話ばかりで我慢ならなくなったんでしょうね。
会長命令でうちのサークル会員は参戦しないことになっています。本当は書きたいけど。
だけどあれだけ雄弁に語るのであれば鑑賞会に参加してくださいませ。
第7回鑑賞会はもう鑑賞会の体をなしておらず、ほぼ夕食会になっています。
「あ~~やっているね」程度にまで格下げされた感が漂っています。

まあ美味しいですし何より無料ですからいいですけど。

このページの最初に戻る

2018年5月9日(水)
From Hirorin

第6回鑑賞会終了。
今までの中では一番評判がよかったように思います。
帝国側は全滅して久しいですけど。
それで、当初からボソボソ出ていたのですが、今回終了後かなり真実味を帯びてきた噂があります。
このままではリップシュタット戦役まで辿りつけない!
当然同盟側も同じでグエン・バン・ヒューの活躍が見られない=例の名言もお預け、ということになります。
私個人として悲しい悲しい赤毛君の死亡現場に立ち会わなくていいわけなので結構なのですけど。
昨日のある参加者の言葉「今のTVシリーズは劇場版の予告であり、一番美味しい場面は劇場版にして最近はやりの一粒で二度美味しい作戦(劇場公開でタップリ儲けたうえにTV放映がないため“やむを得ず”購入する人が続出し円盤売り上げも爆上げ)を狙っているのだろう」がアタリのようにも思えます。
それにしてはTV版の円盤価格も高止まりのままですけど。
このままではアムリッツァ星域会戦も劇場版の可能性も十分に考えられます。
制作側としては美味しい場面なのでしょうがあまりにも露骨な誘導にゲンナリします。

ちなみにアニメ制作会社はProduction I.G。
美味しい戦闘シーンだけを劇場版にして「その他は自分で本を読んで勉強して」となりそう。

現世にいないどっかの誰かさんが早々と戦線離脱したのは正解だったと言えそうな雰囲気になってきました。
このページの最初に戻る

2018年5月2日(水)
From Hirorin

第5回鑑賞会終了。
なんですか~~アクションスター並みのドライビングテクを誇るヤン・ウェンリーなど絶対にありえません。
あんなものに巻き込まれたらそのまま事故死するのがキャゼルヌ曰く「首から下は役に立たない」ヤンなのですが、そうなると話が終わってしまう・・・。

そうそう、「最強の美少女」に面会してまいりました。
かわいい!あれで8歳とかありえないでしょう。
この後福岡と名古屋に行くようですので、お近くの方は是非面会を。

このページの最初に戻る