伝言板

伝言板
2018年8月

2018年8月29日(水)
From Hirorin

先日の夏スペで盛り上がっていたのが「スペースフュージョン」と「ミュージック&モア」というFM東京でやっていた番組。
何人かが録音したカセットテープ(笑)を貸してくれるそうなのでその時に感想を。
今、どこもこういう上品な番組がないとのことなのでちょっと楽しみです。
ある人の言によれば前者はとんでもない時間帯に放送されていたそうですが、それをうっかり聞き逃した日には後悔と苦悩で一週間のたうち回ったそうな。
復活希望としておきましょう。

そういえば、この番組の話は、誰かさんからも聞いたことがあるようなないような。
このページの最初に戻る

2018年8月26日(日)
From Hirorin

某所の写真を載せたいです。
機材の山です。
昔々某種のバンドは高出力ギターアンプを積み上げて壁と称していましたが、こういう光景を現在なんと呼んでいるのでしょう。
もはやエジプトサークルの暑気払い、ではなくスペシャルイベントとは思えません。

さらに、ここでも写真と動画を出したいMarinさんのドラゴンコスプレ。
予想通りちょろゴンという種類のドラゴンでした。。
この暑い中、あんな着ぐるみで歌うものだとちょっと感心していたら、さすがに3曲目は赤いメイド服でした。
MarinさんとMikoさんといううちのサークルのコスプレ担当?による東西対決は今年もハイレベルでした。
Mikoさんは2日間かけて銀英伝の登場人物15名分のコスプレを披露するという荒業に対しMarinさんはドラゴンコスプレOnly。
ということで、今年もMikoさんの圧勝でした。メデタシメデタシ。
ちなみに、一番ウケたのはスクール水着姿のフレデリカ・・・中の人の実年齢を考えればこれはすごい。
幹部連だけでなく、日ごろはMikoさんに厳しいMarin防衛隊もあまりの破壊力に悶絶していました。
もっとも、どこかがフレデリカだったかといえば、水着に書かれた「ふれでりか・ぐりーんひる」しかなかったような気もするのですが(笑)
このページの最初に戻る

2018年8月25日(土)
From Hirorin

いよいよスタートです。
昨日の前夜祭ぽいのから始まっていますけど。
このページの最初に戻る

2018年8月20日(月)
From Hirorin
1日目 予告通り3時間新銀英こき下ろし大会。一般枠ソールドアウト。
2日目 こちらも、Marinさんのミニコンサート目当ての防衛隊の不当な買い占めにより一般枠ソールドアウト。
恨むなら悪の組織Marin防衛隊を恨みましょう。
ついでに書けば、防衛隊以外の人にはトイレタイムとなるMarinさんのドラゴンコスプレでのショーは30分。ちょっと長いですよね。

このページの最初に戻る
2018年8月17日(金)
From Hirorin

案の定、サークルの幹部連からはこき下ろしコメントばかり。
プログレを舐めている。いや侮辱だ等々。

ということで、
うちのサークル会員=エジプト好き+銀英伝が病的に好き。
うちのサークルの幹部=エジプト好き+銀英伝が病的に好き+プログレ好き―メイド服が好き

ついでに裏情報。
Marinさんは、夏スペにはドラゴンスタイルで登場すると防衛隊のサイトで発表しています。
まあMarinさんのドラゴンとはほぼ100%トールでしょうけど・・・さすがにカンナは無理でしょうから。
トールが歌う「Run Like Hell」は見ものです(笑)

このページの最初に戻る

2018年8月16日(木)
From Hirorin
まもなく、うちのサークルの夏スペになります。
なにをやるかを発表しないうちにソールドアウトとはこれいかに(笑)

このページの最初に戻る
2018年8月16日(木)
From Hirorin
サークルのサイトでこの前の日曜日に撮ったMarinさんがAAFを率いて歌った「I'm in You」を流していています。
女性である
Marinさんがこの曲を歌うのは実に微妙ではありますけど。
もう一曲「Run Like Hell」はピンクフロイドらしいです。
最後はAAFのメンバーが大好きな「Keep The Dark」。これはジェネシス。
バンドをやっている人にとっては70~80年代の曲はやっていて高揚するものが多いそうです。
ところでメイドコスプレでプログレを歌ってしまうMarinさんってどうなの。

このページの最初に戻る
2018年8月13日(月)
From Hirorin
前回から少し間が開きました。
10月に上野でフェルメール展があるわけですけど、西洋美術館ではなく、上野の森美術館なんですよね。
使い勝手の悪さは有名なのになぜあそこでやるのでしょうね。
さらに期日指定チケット。
以前から導入の是非について議論されていたものですけど、これを2か月前に購入するのは勇気が入りますよね。
なにしろ台風だろうが地震だろうが購入者は期日変更は原則不可。これは厳しい。
2500円という通常の美術展に比べて1000円高いうえに、変更したい場合は枠があるかどうかという条件があるうえに200円だか300円の手数料が取られる。
さすがはもはや新聞とは呼べない内容のゴミチラシを高値で売っている文化にも教養にも縁がない産経新聞が主催だけのことはあります。

私は産経新聞を読んでいる人を見たことがないのですが、いったいどのような人がこの新聞を読むのでしょうね。
一部では大部分は官房機密費で購入されているので実際に読んでいる人はほぼいないという噂もありますけど。

文化にも教養にも縁がないと入れておけということなので入れます。
このページの最初に戻る